また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374666 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

美しき氷の世界・雲竜渓谷

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
2時間55分
合計
7時間2分
S雲竜渓谷入口07:1708:28洞門岩08:57燕岩09:2409:51雲竜瀑12:0212:28燕岩12:4513:27洞門岩14:19雲竜渓谷入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ゲート駐車場(7~10台程度)
土日祝日ともなると早々に車で埋め尽くされてしまう可能性が高いため、深夜1時に到着。
既に先客6台埋まっていました。
2018年02月03日 07:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート駐車場(7~10台程度)
土日祝日ともなると早々に車で埋め尽くされてしまう可能性が高いため、深夜1時に到着。
既に先客6台埋まっていました。
雲竜渓谷へ向けて出発!
2018年02月03日 07:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷へ向けて出発!
テクテクと歩いていきます。
2018年02月03日 07:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テクテクと歩いていきます。
展望台
左が女峰山、右が赤薙山 。
2018年02月03日 08:02撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台
左が女峰山、右が赤薙山 。
長い林道歩きが終わると洞門岩という場所に到着する。
2018年02月03日 08:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩きが終わると洞門岩という場所に到着する。
降り立った渓谷からの景色
2018年02月03日 08:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降り立った渓谷からの景色
何度か渡渉や高巻きをしながら進む 。
2018年02月03日 08:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渡渉や高巻きをしながら進む 。
雪山ブーツなので、堂々と川を渡ります。
2018年02月03日 08:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山ブーツなので、堂々と川を渡ります。
1
雲竜渓谷へ入渓!
すぐに右側の「友知らず」がお出迎え。
2018年02月03日 09:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷へ入渓!
すぐに右側の「友知らず」がお出迎え。
1
冬が作り出す神秘的な空間。
2018年02月03日 09:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬が作り出す神秘的な空間。
1
洞門岩から沢沿いを歩いたり、アップダウンのある巻き道を歩いたりとバリエーションに富んだルートを歩き終えると、いよいよ雲竜渓谷の中心部に差し掛かる。
2018年02月03日 08:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩から沢沿いを歩いたり、アップダウンのある巻き道を歩いたりとバリエーションに富んだルートを歩き終えると、いよいよ雲竜渓谷の中心部に差し掛かる。
1
おお!氷柱の登場!
2018年02月03日 09:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!氷柱の登場!
撮影スポットの氷柱
2018年02月03日 09:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影スポットの氷柱
2
でも、まだまだ序の口。
2018年02月03日 09:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、まだまだ序の口。
1
燕岩。
左手に半円状に大きな氷柱が立ち並ぶ。
2018年02月03日 09:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岩。
左手に半円状に大きな氷柱が立ち並ぶ。
2
氷が派手に崩落するところを何回も見てしまい、頭に突き刺さると想像するだけでもゾーッとする!
氷柱というより針だね(^^;
2018年02月03日 09:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷が派手に崩落するところを何回も見てしまい、頭に突き刺さると想像するだけでもゾーッとする!
氷柱というより針だね(^^;
1
ヘルメット着用し、氷柱の内側に入る。
つららの下に入るのは自殺行為です。(自己責任で)
2018年02月03日 09:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘルメット着用し、氷柱の内側に入る。
つららの下に入るのは自殺行為です。(自己責任で)
1
それにしても何がどのようにしてこんな氷の世界が形成されていくのだろう?
2018年02月03日 09:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても何がどのようにしてこんな氷の世界が形成されていくのだろう?
2
とにかく雲竜渓谷の中心部に入ってからは驚きと興奮の連続でした。
2018年02月03日 09:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく雲竜渓谷の中心部に入ってからは驚きと興奮の連続でした。
最奥地の雲竜瀑に辿り着く。
2018年02月03日 09:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥地の雲竜瀑に辿り着く。
1
雲竜渓谷の核心部「雲竜瀑」
こんな巨大な氷塊はこれまで見たことがない。
迫力ありますなー!
2018年02月03日 09:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷の核心部「雲竜瀑」
こんな巨大な氷塊はこれまで見たことがない。
迫力ありますなー!
3
近寄りすぎると全景が視界に収まらないほどの巨大な存在。
ん、クライマーが登っているのではありませんか?
2018年02月03日 09:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近寄りすぎると全景が視界に収まらないほどの巨大な存在。
ん、クライマーが登っているのではありませんか?
1
カーテン状に氷柱がびっしり
一部の氷柱の崩壊寸前?
今にも倒れそうな雰囲気。
2018年02月03日 10:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーテン状に氷柱がびっしり
一部の氷柱の崩壊寸前?
今にも倒れそうな雰囲気。
2
雲竜瀑の前でお揃いTシャツ披露♪
2018年02月03日 11:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜瀑の前でお揃いTシャツ披露♪
3
今度は後ろ姿♪
2018年02月03日 11:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は後ろ姿♪
2
登りきった者のみが見られる雲竜瀑!
思わず、裸に(^^;
2018年02月03日 11:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきった者のみが見られる雲竜瀑!
思わず、裸に(^^;
1
ついさっき見たばかりの風景だというのに、写真を撮るために何度も足を止めてしまう。
2018年02月03日 12:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついさっき見たばかりの風景だというのに、写真を撮るために何度も足を止めてしまう。
2
ものすごく尖っています。
2018年02月03日 12:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものすごく尖っています。
氷の崩落はすでにだいぶ進行していた。
雲竜渓谷の見頃は1月下旬から2月上旬と非常に期間が短い。
今回訪れたのはギリギリのタイミングだったのかもしれない。
2018年02月03日 12:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の崩落はすでにだいぶ進行していた。
雲竜渓谷の見頃は1月下旬から2月上旬と非常に期間が短い。
今回訪れたのはギリギリのタイミングだったのかもしれない。
大スケールに圧倒される。
2018年02月03日 12:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大スケールに圧倒される。
先ほどまでいた氷柱群を見下ろす。
とは言っても、自然が作り上げた氷の世界は圧巻だった!
2018年02月03日 12:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた氷柱群を見下ろす。
とは言っても、自然が作り上げた氷の世界は圧巻だった!
1
また、クライマーがおりました。
しばらく眺めます。
2018年02月03日 12:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、クライマーがおりました。
しばらく眺めます。
1
すげー!!
2018年02月03日 12:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すげー!!
1
こうやって登るんだぁー!
2018年02月03日 12:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって登るんだぁー!
朝はいなかったのに、すっかりアイスクライマーのたまり場になっております。
2018年02月03日 12:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はいなかったのに、すっかりアイスクライマーのたまり場になっております。
帰りは川沿いのルートを通ります。
2018年02月03日 13:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは川沿いのルートを通ります。
ダム下に到着。
2018年02月03日 13:56撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム下に到着。
稲荷川を越えたらゴール!
2018年02月03日 14:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷川を越えたらゴール!

感想/記録

蔵王バックカントリーに行く予定でしたが、噴火レベルが1から2に引き上げられたことを受けて急遽、雲竜渓谷に変更。
一年で最も寒い1月下旬から2月初旬までの限られた期間しか見ることができない“圧巻の氷爆”をゆっくり堪能しました。
大自然の力ってホントにホントに凄いなぁと改めて感じる程、神秘的な空間でした。
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ