また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376177 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

水無谷〜水無滝〜深戸谷

日程 2018年02月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間46分
休憩
1時間8分
合計
3時間54分
Sスタート地点10:3410:49深戸谷分岐11:00水無川堰堤11:10水無川第三堰堤11:1711:37水無滝12:3813:34深戸滝14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

有馬口駅から住宅地を抜け、阪神高速高架を潜り舗装路から林道に入る
2018年02月06日 11:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬口駅から住宅地を抜け、阪神高速高架を潜り舗装路から林道に入る
1
堰堤手前で砂防工事中。斜面の木も伐採され、道幅が以前の倍くらい広くなり様変わりしていた。谷筋には、ザラメのような雪
2018年02月06日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤手前で砂防工事中。斜面の木も伐採され、道幅が以前の倍くらい広くなり様変わりしていた。谷筋には、ザラメのような雪
1
下流はそんなに凍ってなく、水面に映り込む青空が綺麗
2018年02月06日 11:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流はそんなに凍ってなく、水面に映り込む青空が綺麗
1
ふわふわのボタンヅルが冬のオブジェ(#^^#)
2018年02月06日 11:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふわふわのボタンヅルが冬のオブジェ(#^^#)
2
倒木などで荒れている谷を詰めていくと・・・谷奥に白い滝が見えてきましたよ。
左側の崩れた斜面から滝手前に降り立つと・・
2018年02月06日 11:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木などで荒れている谷を詰めていくと・・・谷奥に白い滝が見えてきましたよ。
左側の崩れた斜面から滝手前に降り立つと・・
2
ワォ!屏風のような岩壁に2本の見事な氷瀑が。このような氷瀑の双滝になった水無滝は、なかなか見れないのでヽ(^o^)丿。
2018年02月06日 12:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワォ!屏風のような岩壁に2本の見事な氷瀑が。このような氷瀑の双滝になった水無滝は、なかなか見れないのでヽ(^o^)丿。
4
滝下には、カキ氷ができそうな天然氷が、ゴロゴロと落ちていて氷室のようになっていた。
2018年02月06日 11:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝下には、カキ氷ができそうな天然氷が、ゴロゴロと落ちていて氷室のようになっていた。
2
左側の氷瀑
2018年02月06日 12:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の氷瀑
2
見あげて撮っている間にも氷片がバラバラと落ちてくる。
2018年02月06日 11:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見あげて撮っている間にも氷片がバラバラと落ちてくる。
2
右側の氷瀑
2018年02月06日 11:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の氷瀑
2
天然氷室の場所で昼食を済ませた後は水無峠へ。さてと何処から戻ろうか。。。一応悩むが足が勝手に降りていく(^^ゞ
2018年02月06日 13:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然氷室の場所で昼食を済ませた後は水無峠へ。さてと何処から戻ろうか。。。一応悩むが足が勝手に降りていく(^^ゞ
仏谷峠と深戸谷との分岐地点。
2018年02月06日 13:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷峠と深戸谷との分岐地点。
深戸谷には野兎の足跡だけ。と、いうことで深戸谷を降りよう
2018年02月06日 13:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深戸谷には野兎の足跡だけ。と、いうことで深戸谷を降りよう
1
何を撮ったのかなぁ?
2018年02月06日 13:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何を撮ったのかなぁ?
これでした。可愛らしい野兎の足跡と、そうでもないオバちゃんの足跡
2018年02月06日 13:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでした。可愛らしい野兎の足跡と、そうでもないオバちゃんの足跡
ザックザクと締まった雪を踏む音だけが聞こえる静かな谷
2018年02月06日 13:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックザクと締まった雪を踏む音だけが聞こえる静かな谷
雪があると、いつもの谷より明るく感じる
2018年02月06日 13:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪があると、いつもの谷より明るく感じる
堰堤越えの階段がレールみたい
2018年02月06日 13:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越えの階段がレールみたい
灌木越しに高丸山
2018年02月06日 13:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木越しに高丸山
2
深戸谷を降りて帰るときは、此処を抜けていく。本日、最後の倒木潜りヨッコラショっと!
2018年02月06日 13:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深戸谷を降りて帰るときは、此処を抜けていく。本日、最後の倒木潜りヨッコラショっと!
所々、視界が開ける気持ちよい里山ろ〜ど
2018年02月06日 13:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々、視界が開ける気持ちよい里山ろ〜ど
正面にキスラシ山が覗く
2018年02月06日 13:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にキスラシ山が覗く
1
本日のコースで唯一の眺望。
五社周辺の山が一望・・左がキスラシ山、右端が高丸山
2018年02月06日 13:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のコースで唯一の眺望。
五社周辺の山が一望・・左がキスラシ山、右端が高丸山
2
里山ろ〜どを過ぎると、風呂谷の北側の谷筋に出る。
2018年02月06日 13:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山ろ〜どを過ぎると、風呂谷の北側の谷筋に出る。
1
ここに出ます。左方向は風呂谷への道なので右方向に・・しばらく進んで、また抜け道に入る。
2018年02月06日 14:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出ます。左方向は風呂谷への道なので右方向に・・しばらく進んで、また抜け道に入る。
うす暗い植林と竹林の間を抜けると、専念寺の裏手に出る。
2018年02月06日 14:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うす暗い植林と竹林の間を抜けると、専念寺の裏手に出る。
1
帰り道・・・山からの水が流れる用水路の氷を撮りながら畦道をてくてく
2018年02月06日 14:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道・・・山からの水が流れる用水路の氷を撮りながら畦道をてくてく
こんな綺麗な氷柱が畦道歩きを楽しませてくれる
2018年02月06日 14:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな綺麗な氷柱が畦道歩きを楽しませてくれる
2
ちょこっと逢山峡に寄り道。沢縁が氷で縁取りされて好いなぁ
2018年02月06日 14:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっと逢山峡に寄り道。沢縁が氷で縁取りされて好いなぁ
2
薄氷が張った溜池で、カラスがチョンチョンと歩いていた。時々、ツルッ!
2018年02月06日 15:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄氷が張った溜池で、カラスがチョンチョンと歩いていた。時々、ツルッ!
2

感想/記録

連日の氷点下で、水無滝も凍っているだろうと今冬お初の水無谷詣で。
いつもながら遅いスタートだったので、水無谷最深部に着いたのがお昼前・・・凄い!としか云いようのない見事な水無滝の荘厳な姿に立ちすくむ。
ここは何処?裏六甲の秘境です(^_-)-☆
しばしカメラ片手にウロウロ(ログが真っ赤だ)
この圧巻な光景はカメラでは切り撮れない。。。
岩に腰かけ氷瀑を眺めながら昼食タイム・・・落下した天然氷をみると芋焼酎を持ってくるべきだったかなと、ちょっと後悔、でも独りぽっちじゃ淋しいかもネ
植林帯を登り水無峠に。何処から戻ろうか・・人間の足跡の無い深戸谷へ入る。ザラメ雪をザックザクと踏みながら歩く静かな谷。
有馬口駅に戻るなら来た道を戻るのだが、家まで歩こうと横道に入り風呂谷への道に出る。しばらく谷沿いの平坦な道を歩いて、また横道へ。
夏場に通ると、藪蚊攻撃にあう薄暗い場所も冬場は気にならない。
専念寺の裏手に出た後は、長閑な畦道歩き。
逢山峡の東山橋から見る奥山川が少し凍っていたので、ひと休みがてらに沢に降りてみたら・・・縁取り氷結が綺麗だった(^-^)
寒さでガチガチになった体をほぐしがてらの水無滝の氷瀑詣・・・冬季限定ならではの醍醐味を味わえました。




訪問者数:274人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック 林道 倒木 氷瀑 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ