また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392023 全員に公開 雪山ハイキング道南

穴澗山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間34分
休憩
10分
合計
2時間44分
Sスタート地点08:2809:38避難小屋10:10穴澗山10:2010:41避難小屋11:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

海岸線に沿って走る国道229号線から横澗川沿いに山に向かう道から歩き始めます。入口は車2台くらい除雪されていました。
2018年03月03日 08:28撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸線に沿って走る国道229号線から横澗川沿いに山に向かう道から歩き始めます。入口は車2台くらい除雪されていました。
1
この日はプラス気温でウロコ板スキーの食い付きもよく、斜度も緩いので雪面海を眺めながら気持ちよく登れます。
2018年03月03日 08:37撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日はプラス気温でウロコ板スキーの食い付きもよく、斜度も緩いので雪面海を眺めながら気持ちよく登れます。
出だしからキツネの足跡を見つけましたが、完全に溝状のシングルトラックになっており、日常的にそのキツネが通っているようです。この踏み跡は頂上まで続きました。
2018年03月03日 08:38撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしからキツネの足跡を見つけましたが、完全に溝状のシングルトラックになっており、日常的にそのキツネが通っているようです。この踏み跡は頂上まで続きました。
頂上には奥尻大成中継局施設があるので目安になります。
2018年03月03日 08:55撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上には奥尻大成中継局施設があるので目安になります。
1
331m標高点には小屋があり、その左奥に頂上が見えます。
2018年03月03日 09:38撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
331m標高点には小屋があり、その左奥に頂上が見えます。
その小屋は奥尻・体制テレビ中継所の緊急時の避難小屋とのことです。
2018年03月03日 09:40撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その小屋は奥尻・体制テレビ中継所の緊急時の避難小屋とのことです。
登り始めは柔らかめだった雪面も登るにつれ凍結気味となりウロコの食い付きが悪くキツクなりましたが、頂上手前となり急に冬景色となるころにはウロコも効くようになりました。
2018年03月03日 10:00撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは柔らかめだった雪面も登るにつれ凍結気味となりウロコの食い付きが悪くキツクなりましたが、頂上手前となり急に冬景色となるころにはウロコも効くようになりました。
頂上手前には毎回恒例のウサギ跡が伸びていました。
2018年03月03日 10:08撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前には毎回恒例のウサギ跡が伸びていました。
2
頂上から熊石市街地方面(写真右)〜ヤンカ山(中央)〜白水岳方面(左)が見えましたが、夏期であれば木々の葉で景色はあまり期待できなさそうです。
2018年03月03日 10:10撮影 by Moto G (4), Motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から熊石市街地方面(写真右)〜ヤンカ山(中央)〜白水岳方面(左)が見えましたが、夏期であれば木々の葉で景色はあまり期待できなさそうです。
1

感想/記録

前日まで道内は大荒れの天候だったため、八雲町から幹線道路から登れそうな山として太櫓岳をへ向かいましたが、スコップを持ち忘れたため安全な駐車場所の確保ができずにあきらめました。次に代替案の太櫓越峠から峠円山付近まで車を走らせましたが峠駐車帯からの取り付きが凍結気味でテンションが下がり、そのまま帰路につきましたが、よくある「やはりこのまま帰るのも・・・」となり、帰路沿いで頂上まで車道のある穴澗山に行ってみることにしました。
幸い、国道からの入口は除雪してあり駐車可能で、頂上への作業車等の跡もなく、これなら気楽に登れそうだとハイキング気分で登りました。緩い斜度の登りは革靴にウロコ板テレマークスキーという自分のスタイルにとって直登できて大好物ですが、緩いとはいえ凍ってくると話は変わってきて、登るにつれて雪面が凍り始めスキー板を逆ハの字にするシーンも増えてくると下山が心配になります。さらに登り頂上付近では風下のため柔らかめの雪となり、おかげで頂上付近ではほんの少しだけ滑りを楽しみました。登りに心配していたとおり、その後の下山は斜度が緩いとはいえスキー板をずらせない道路幅の雪面で、標高が下がるまではゆっくり安全に下りました。そろそろこの山域でのスキーは終わりかなと感じた1日でした。
訪問者数:60人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 テン 直登 キツネ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ