また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399364 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

砂蘭部岳〜横山

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
5分
合計
5時間4分
Sスタート地点06:5009:49砂蘭部岳09:5210:36横山10:3811:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

なだらかな横山と砂蘭部岳への尾根を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな横山と砂蘭部岳への尾根を望む
林道から左岸尾根に取り付くと横山が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から左岸尾根に取り付くと横山が見えてきた
稜線に乗ると展望が開けて良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に乗ると展望が開けて良い
1
ふと砂蘭部岳を見ると一旦下って登り返さねば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと砂蘭部岳を見ると一旦下って登り返さねば
4
山頂への最後の登りツルツルテカテカ
スキーをデポしてツボで行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への最後の登りツルツルテカテカ
スキーをデポしてツボで行く。
砂蘭部岳山頂ようやく踏んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂蘭部岳山頂ようやく踏んだ。
3
乙部岳、小鉾岳方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙部岳、小鉾岳方向
遠く室蘭方向に真っ白い山が見えた。
樽前山かと思ったが羊蹄山のようだ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く室蘭方向に真っ白い山が見えた。
樽前山かと思ったが羊蹄山のようだ?
1
横山からの下りは何処を降りるか迷ったが予定していた北東尾根を結局降りた。
上部は木が鬱陶しそうで沢方向へ途中からトラバースして尾根に戻る。Co631の辺りからは疎林で広い尾根が続き下部はメローなオープン斜面が有る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横山からの下りは何処を降りるか迷ったが予定していた北東尾根を結局降りた。
上部は木が鬱陶しそうで沢方向へ途中からトラバースして尾根に戻る。Co631の辺りからは疎林で広い尾根が続き下部はメローなオープン斜面が有る。
適当なスノーブリッジを渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当なスノーブリッジを渡る

感想/記録
by kutalo

林道より尾根に取り付き進む全体的に緩い斜面だが予想通り固い。
稜線に抜けると展望良い。過去のスキー場計画も納得行く展望かも
砂蘭部岳への最後の登りはカリカリのアイスバーンでスキーをデポしてツボで行く。
ギリギリ キックステップができる固さで良かった。
横山からの下りのルート取りがずっと迷っていた。
戻るのが一番なのだが どうせ登り返すならと沢を降りて左岸に登り返そうと思ったが沢底を見ると思ったより立っているので止めて尾根に戻る。
横山北東尾根は上部は木がうるさそうだが北側斜面をトラバースして降りればさうでもなさそうだ。
Co630から下は疎林の良い尾根が続く。
最後の渡渉は適当なスノーブリッジで左岸に戻れる。が、ベストルートとは言えずおススメはしません
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ