また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403724 全員に公開 ハイキング中国山地西部

一ノ松光山(ひとのまつこうやま)

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
0分
合計
3時間28分
Sスタート地点09:0612:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:06 自動車道脇の登山口 → 9:24 祠 → 9:49 尾根道 → 9:51 第3ピーク → 10:12 第5ピーク → 10:22 第7ピーク → 10:30 山頂 → 11:20 下山方向で迷い山頂付近に戻る → 11:47 伊勢社 → 11:55 車道 → 12:34 スタート地に戻る
コース状況/
危険箇所等
尾根道はテープもあり道は危険な個所も無くしっかりしているが、荒れている部分も多い

写真

尾根の東端にある通信施設横の本来の登山口
2018年03月17日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の東端にある通信施設横の本来の登山口
帰り考慮し自動車道横から登る
2018年03月17日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り考慮し自動車道横から登る
自動車道沿いに鉄塔の点検道があると期待したが見つからず、西に移動し、石燈籠の並ぶ参道を登る
2018年03月17日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自動車道沿いに鉄塔の点検道があると期待したが見つからず、西に移動し、石燈籠の並ぶ参道を登る
途中にある佛石。説明も無く、詳細は不明
2018年03月17日 09:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある佛石。説明も無く、詳細は不明
参道終点の空地。本堂の跡地か?小さな祠があるのみ。
2018年03月17日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道終点の空地。本堂の跡地か?小さな祠があるのみ。
1
この空地からは、コンパスで確かめつつヤブ漕ぎしながら登れそうなルートを探し歩くが、かなりキツイ。
2018年03月17日 09:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この空地からは、コンパスで確かめつつヤブ漕ぎしながら登れそうなルートを探し歩くが、かなりキツイ。
1
何とか第3ピークの少し手前でヤブから強引に尾根道に。
2018年03月17日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか第3ピークの少し手前でヤブから強引に尾根道に。
ピーク毎に標識が、第8ピークまである。尾根筋は眺望もある。
2018年03月17日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク毎に標識が、第8ピークまである。尾根筋は眺望もある。
一ノ松光山の山頂。ここからの下山で、40分も迷いに迷う。西の方向にも道らしきものが延びており、これに迷い込んだため戻るまでに右往左往。縦走ルートはシッカリした道なのに、山頂からは今一つ良く解らなかった。
2018年03月17日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ松光山の山頂。ここからの下山で、40分も迷いに迷う。西の方向にも道らしきものが延びており、これに迷い込んだため戻るまでに右往左往。縦走ルートはシッカリした道なのに、山頂からは今一つ良く解らなかった。
何とか伊勢社の祠にたどり着く。ここからは、参道を下るのみ。
2018年03月17日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか伊勢社の祠にたどり着く。ここからは、参道を下るのみ。
1
伊勢社の階段を下りて、車道へ。あとは車道を自動車道横の登り口まで戻るのみ。
2018年03月17日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢社の階段を下りて、車道へ。あとは車道を自動車道横の登り口まで戻るのみ。
車道沿いに、一ノ松光山を顧みる。
2018年03月17日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道沿いに、一ノ松光山を顧みる。

感想/記録
by kota_G

先週の江ノ藤山・土山に引き続き、灰ケ峰の北東に位置する一ノ松光山を歩く。「ひとのまつこうやま」、珍しい名前の山である。登る人も少ないのか情報も数少ない。東端の通信施設横が正しい登山口らしいが、東広島・呉自動車道脇から取り付くが、鉄塔の点検道が見つからず、石燈籠が連立する荒れた参道を登る。地図には神社仏閣は無く、20分も歩くと小さな祠のある空地で参道は終わる。ここからはヤブ漕ぎで、何とか第3ピークの手前で尾根に。尾根筋はテープもあり道もしっかりしている。眺望のある気持ちよい尾根である。いくつかの小ピークを越えて山頂へ。しかし、ここから下山で大迷い。テープに沿って西に向かったものの、かなり道が荒れている。注意深く尾根筋に沿って歩いたつもりだが北に外れる。補正をかけようと戻るが、また違う尾根に入る始末。結果的に山頂近くまで引き返すが、どこで間違えたか不明。あとは尾根に沿って伊勢社へ。眺望のきく尾根だったので迷うとは思っていなかったが、やはり歩く人の少ない山は注意が必要。現在地が確かめられるスマホとコンパスが無いと、とても歩けない。
訪問者数:57人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コンパス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ