また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403931 全員に公開 ハイキング近畿

赤穂 尾崎尾根 丸山209.6m・向山197m 早春の播磨灘を展望

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
 tamarindo(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR姫路駅9:00、坂越駅9:39集合
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
46分
合計
4時間45分
Sスタート地点09:4810:56八祖山11:0411:18西山11:1911:41亀甲山12:0212:19南宮山12:31丸山12:3713:07向山13:1714:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
坂越駅9:48→10:10船岡公園展望台(体操)→10:28大避神社→10:49坂越尾崎遊歩道登山口→11:00八祖山→11:28西山→(東屋)→11:39亀甲山12:05→南宮山→12:20丸山(東屋)→12:46遊歩道登山口→12:57向山分岐→13:07向山頂上13:16→13:37レストハウス13:46→14:08赤穂御崎公園→14:26伊和都比売神社
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

歴史の町巡り、早春の山と海を一度に楽しめる魅力あるコースでした。
JR坂越駅から坂越の街並へ。白壁と焼板の町家が並ぶ石畳の大道(だいどう)を歩いて船岡公園へ向かう。展望広場から生島(いきしま)と坂越湾を望む。生島は秦河勝(はた の かわかつ)の墓といわれており、国の天然記念物でもある原始林が生い茂っている。神域のパワーを感じながらここで体操。
この後、古刹、大避(おおさけ)神社へ。644年、蘇我入鹿から逃れた秦河勝が祭神とされている。海の守り神が祭られているが、旅の安全を願う気持ちでお参り。石段を下り、湾を眺めながら大道を引き返す。木戸門跡広場の横を抜けて、大きな「坂越尾崎遊歩道案内図」看板のある登り口へ。
さあ、ここから播磨灘展望ハイキングの始まりです。最初は八祖山(90m)、草はらを進み平らな頂上へ。眺望なし且つ山っぽくない。ピストンして次へと進む。西山(151m)、東屋のある190m峰と高度を上げてきた。楽しい尾根歩きです。うぐいすの下手な笹鳴きも、ほほえましい。
柔らかな春の日差しも歩くと、うっすら汗を呼ぶ。途中衣服調整休憩しようと思ったが、5分程で昼食場所の亀甲山(きっこうさん・206m)に着く。東屋もあり広々とした場所で、播磨灘を望む抜群のロケーション。東屋に置いてあるノートに一言記録を残す。(地元の小学生なども遠足にきているようです。)
次の小ピークを越え、南宮山(なんぐうさん)へ。この付近はその昔の境界争いの痕跡「坂越・尾崎の山境石」が長く続いている。遺構に気をとられているうちに頂上がどこかはっきりしないうちに過ぎる。次は丸山(209.6m)、狭いが東屋もある。薄暗い森を抜けてパッと明るい場所に出ると、そこに播磨灘が目に飛び込んでくるといったちょっとした感動を呼ぶ瞬間がある。海をバックに記念撮影。
そこから25分程進む。だんだん下りとなり、登り始めに見たのと同じ大きな「坂越尾崎遊歩道案内図」の看板のある反対側の登山口に着く。アスファルト道となって、しばらく進むが次の向山への分岐がわかりにくい。枯れ草木の茂みに付けてある手書きの地味なネームプレートを見つけて、もそもそとその中を登る。10分程で開けた頂上(197m)だ。もちろん播磨灘も望める。
小休憩の後、笹の藪漕ぎをしばらく続け下山となる。車道を通り御崎レストハウスへ向かう。そして潮騒を聞きながら梅ほころぶ赤穂御崎公園、大石名残の松、最後に伊和都比売神社へと海辺を巡る。
解散の後、寒河(そうご)へ全員で牡蠣オコツアー、最後は海の幸でシメでした。(NAK)
訪問者数:100人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ 東屋 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ