また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1412316 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2018年03月24日(土) 〜 2018年03月25日(日)
メンバー
天候1日目:晴れ・山の近くは曇り 2日目:晴れ・高所は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘の駐車場に停める。11時前に到着したが、駐車スペースに余裕あり。この時期が一番空いているとのこと。
コース状況/
危険箇所等
美濃戸口〜美濃戸山荘:アイゼン等必要なし。轍の部分はアスファルトがみえる
美濃戸山荘〜堰堤広場:ところによりアイスたまに地面。なれた人なら靴で大丈夫だが、チェーンスパイクが最適。私は12本アイゼンだったが、煩わしかった。
堰堤広場〜赤岳鉱泉:チェーンスパイクが最適か。12本アイゼンでもいいが木製の橋を傷つけてしまい良くない。
赤岳鉱泉・行者小屋から上:12本アイゼン・ピッケル。稜線を出るまでは21日の雪が締っておらずズルズルとすべる。稜線はアイスところにより吹き溜まりのパウダー。
業者小屋〜美濃戸山荘:美濃戸山荘より半分は地面が見える場所あり。でも美濃戸山荘すぐ近くもアイスの場所あり注意。チェーンスパイクが最適か。
その他周辺情報スパティオ小淵沢
http://spatio.jp/hotspring/index.html
綺麗な施設ですが循環です。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口出発!暖かい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口出発!暖かい
美濃戸山荘をすぎると、雪が少し多くなってくる。アイスな場所も。でも歩きにくくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘をすぎると、雪が少し多くなってくる。アイスな場所も。でも歩きにくくない。
水が流れて春だなーという感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が流れて春だなーという感じ
どんどん雪は多くなる。ふかふか。でも湿って重め。結構足にくる。ペースがイマイチ 上がらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん雪は多くなる。ふかふか。でも湿って重め。結構足にくる。ペースがイマイチ 上がらない。
雪山って感じになってきた。もうすぐ小屋だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山って感じになってきた。もうすぐ小屋だ。
赤岳鉱泉到着。アイスキャンディ健在。青々しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着。アイスキャンディ健在。青々しかった。
夕飯はステーキ!!みんな大喜び
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯はステーキ!!みんな大喜び
2
翌日、朝食後に歩き出します。天気は最高!でも稜線は雪煙が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、朝食後に歩き出します。天気は最高!でも稜線は雪煙が
行者小屋で支度を整えて、文三郎尾根を登る。雪はたっぷり。ふわふわ。何日この雪が保つだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋で支度を整えて、文三郎尾根を登る。雪はたっぷり。ふわふわ。何日この雪が保つだろう。
1
文三郎尾根から望む大同心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から望む大同心
1
稜線に近づくと、雪はサラサラ。場所によってはアイゼンが効きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に近づくと、雪はサラサラ。場所によってはアイゼンが効きにくい。
1
写真の見た目ほど雪に足は埋もれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の見た目ほど雪に足は埋もれません。
稜線に出ると強風。アイスところにより吹き溜まり。なかなか進まない。この直後、石だか氷だかがカメラを直撃しカメラが逝ってしまう(下山して色々いじったら治りました)。自分に当たらなくてよかった。頂上の写真は別の方に撮ってもらったので、それを貰うのを待ってます(待ってるよー)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると強風。アイスところにより吹き溜まり。なかなか進まない。この直後、石だか氷だかがカメラを直撃しカメラが逝ってしまう(下山して色々いじったら治りました)。自分に当たらなくてよかった。頂上の写真は別の方に撮ってもらったので、それを貰うのを待ってます(待ってるよー)
2
行者小屋に無事下山し、別カメラをザックから取り出して登山口へ向かう。なんて綺麗な青空なんだ。雪の散歩道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に無事下山し、別カメラをザックから取り出して登山口へ向かう。なんて綺麗な青空なんだ。雪の散歩道。
3
後半は泥々。でも雪慣れしてない私にはツボ足では難しい。チェーンスパイク欲しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半は泥々。でも雪慣れしてない私にはツボ足では難しい。チェーンスパイク欲しかった。
美濃戸山荘まできました。阿弥陀の遭難のため、ヘリがどんどん飛んでます。ここで携帯のネットワークを繋いだら、友人達からの安否確認メッセージがたくさんやってきた。心配してくれるなんてありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘まできました。阿弥陀の遭難のため、ヘリがどんどん飛んでます。ここで携帯のネットワークを繋いだら、友人達からの安否確認メッセージがたくさんやってきた。心配してくれるなんてありがたい。
お昼と夕飯の中間食?ほうとう「松木坂」ぺろっといただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼と夕飯の中間食?ほうとう「松木坂」ぺろっといただきました。
2

感想/記録

期末の仕事もひと段落し、久しぶりに雪山へ。ステーキ食べたいと思い、赤岳に決めました。祝日の21日にたっぷり雪が降ったようで、重めではあるもののふわふわ雪で、雪を堪能できました。24日は赤岳鉱泉に泊まり思惑通りステーキを食べ、ゆっくり眠り、翌日赤岳頂上へ。文三郎尾根の往復にしました。中腹までは風もほとんどなく、雪は重めでもアイゼンのききも悪くなく淡々と登れましたが、上へ行くほど強風に。雪はところによりサラサラで足が滑ります。稜線へ出るとさらに強風!!立てなくなる場面もありました。サラサラの雪が雪煙になって容赦無く当たります。その時持っていたカメラに石だか氷だか硬いものが直撃。カメラはお陀仏と相成りました。その後同行者のヘルプをもらいながらなんとか頂上へ。寒いのでさっさとおりました。行者小屋まで降りると穏やかで、綺麗な青空。そこからの下りはゆっくり散歩を楽しみました。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ