また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1422126 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲の樹木を見ました ぁ淵灰丱離潺張丱張張検▲淵バモミジイチゴ・・)

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇、晴、小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
土日祝運行の六甲登山バス(六甲線)を利用しました。土曜の摩耶山方面への直行便は阪急六甲 9:20発でした(丁字ヶ辻経由)。

阪急バス(六甲線)の路線図は
       ↓
https://www.hankyubus.co.jp/rosen/route/2125_rokko.html

阪急バス(六甲線)の時刻表は
       ↓ 
https://www.hankyubus.co.jp/rosen/pole/1386.html

神戸市立森林植物園のアクセスは・・(みなと観光バスを含む)
       ↓
https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/traffic/train-bus/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
2時間29分
合計
5時間49分
S市立自然の家前09:5009:58穂高湖下り口10:01穂高湖10:17徳川道の案内板と道標11:22桜谷出合11:44黄連谷分岐12:10ヌケ谷分岐(山田道入口)12:28支尾根の上13:0413:08西六甲ドライブウェイ13:30神戸市立森林植物園15:2315:25山田道に入る15:31桜森町住宅街の外れ15:39桜森町バスセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標完備。
その他周辺情報植物園入園料は 300円(大人)でした。

神戸市立森林植物園の開園時間、休園日、駐車場、開花情報、マップなどは
        ↓
https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

このバス停からスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このバス停からスタートです。
それでは猫やおまへんかー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは猫やおまへんかー
5
「春六甲」はすでに到来しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「春六甲」はすでに到来しています。
4
池畔に来ました。今日は左の方へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池畔に来ました。今日は左の方へ行きます。
1
キブシです。【キブシ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キブシです。【キブシ科】
7
今日は徳川道をたどるつもりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は徳川道をたどるつもりです。
1
ミヤコザサの稈です。節がまるく膨らんでいてまるで人の腕の関節のような形です。ミヤコザサは上部ではほとんど枝分かれしません。【木本性 イネ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤコザサの稈です。節がまるく膨らんでいてまるで人の腕の関節のような形です。ミヤコザサは上部ではほとんど枝分かれしません。【木本性 イネ科】
1
姫様、ごきげんうるわしう存じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫様、ごきげんうるわしう存じます。
2
イヌガヤ。
葉の先は尖っていますが触れても痛くありません。【イヌガヤ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌガヤ。
葉の先は尖っていますが触れても痛くありません。【イヌガヤ科】
1
茱萸の葉はおおむねメタリック。これはナワシログミの葉の下面です。【グミ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茱萸の葉はおおむねメタリック。これはナワシログミの葉の下面です。【グミ科】
1
クロモジ。【クスノキ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモジ。【クスノキ科】
5
コゴメウツギ。
バラ科のウツギです。「ウツギ」が付いてもユキノシタ科、スイカズラ科に限られるものではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゴメウツギ。
バラ科のウツギです。「ウツギ」が付いてもユキノシタ科、スイカズラ科に限られるものではありません。
2
イヌガヤ。
雄花と葉です。葉の下面に白っぽい気孔帯が見えています。【イヌガヤ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌガヤ。
雄花と葉です。葉の下面に白っぽい気孔帯が見えています。【イヌガヤ科】
2
心なしかせせらぎも春めいて軽快に見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心なしかせせらぎも春めいて軽快に見えました。
6
クロモジの花。花被はふつう6裂します。これは雄花のようです。【クスノキ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモジの花。花被はふつう6裂します。これは雄花のようです。【クスノキ科】
2
コバノミツバツツジ。【ツツジ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノミツバツツジ。【ツツジ科】
8
渡渉点です。大雨でない限り飛び石で渡れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点です。大雨でない限り飛び石で渡れます。
1
ヤマザクラ。
開葉もやや進み落花も多いですがそれなりに風情があります。【バラ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラ。
開葉もやや進み落花も多いですがそれなりに風情があります。【バラ科】
2
ウリカエデ。
花はそれぞれ10個ほど付いています。淡黄色です。【カエデ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウリカエデ。
花はそれぞれ10個ほど付いています。淡黄色です。【カエデ科】
3
ヤマウグイスカグラ。
枝や葉柄に毛があり、腺毛も少し認められたのでヤマウグイスカグラとしました。【スイカズラ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマウグイスカグラ。
枝や葉柄に毛があり、腺毛も少し認められたのでヤマウグイスカグラとしました。【スイカズラ科】
10
ミツバアケビ。
大きく2個見えているのが雌花、下が雄花です。【アケビ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバアケビ。
大きく2個見えているのが雌花、下が雄花です。【アケビ科】
5
トゥエンティクロス方面と分れ、左の方に登ってゆき森林植物園(正門)を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トゥエンティクロス方面と分れ、左の方に登ってゆき森林植物園(正門)を目指します。
コバノミツバツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノミツバツツジ。
7
樹皮に表れている裂け目の模様がユニークです。そろばん玉のようです。この木はヤマナラシだと思います。【ヤナギ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹皮に表れている裂け目の模様がユニークです。そろばん玉のようです。この木はヤマナラシだと思います。【ヤナギ科】
2
コバノミツバツツジ。
六甲のツツジの中で個体数が一番多いのはこのコバノミツバではないでしょうか。やがて花はヤマツツジ、ミヤコツツジにバトンタッチです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノミツバツツジ。
六甲のツツジの中で個体数が一番多いのはこのコバノミツバではないでしょうか。やがて花はヤマツツジ、ミヤコツツジにバトンタッチです。
7
明るい尾根を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい尾根を行きます。
車道に出ますが、車道と並行して山道がありましたから、それを使って森林植物園(正門)へ向かいました。
写真はカンサイスノキです。【ツツジ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ますが、車道と並行して山道がありましたから、それを使って森林植物園(正門)へ向かいました。
写真はカンサイスノキです。【ツツジ科】
1
ウリハダカエデ。
白く見えているのはやがて落ちてしまう鱗片葉だと思いますが・・。【カエデ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウリハダカエデ。
白く見えているのはやがて落ちてしまう鱗片葉だと思いますが・・。【カエデ科】
1
ナガバモミジイチゴ。【バラ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガバモミジイチゴ。【バラ科】
3
森林植物園に着きました。

〖 以下は園内での撮影です 〗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林植物園に着きました。

〖 以下は園内での撮影です 〗
(草本) オオバナノエンレイソウ。【ユリ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(草本) オオバナノエンレイソウ。【ユリ科】
6
(草本) ユキモチソウ。【サトイモ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(草本) ユキモチソウ。【サトイモ科】
3
居眠り堅香子ちゃん?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居眠り堅香子ちゃん?
3
ユキグニミツバツツジ。
写真で見る限りコバノミツバツツジと区別がつきません。花冠の裂片はコバノミツバよりふっくらしているようです。開葉してくるとすこし分かりやすくなると思います。六甲に自生しているミツバツツジはコバノミツバツツジと考えてOKです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキグニミツバツツジ。
写真で見る限りコバノミツバツツジと区別がつきません。花冠の裂片はコバノミツバよりふっくらしているようです。開葉してくるとすこし分かりやすくなると思います。六甲に自生しているミツバツツジはコバノミツバツツジと考えてOKです。
4
シロバナコバノミツバツツジ。
カタクリにも白花がありますがそれと同じことです。分類上で大きな問題ではありません。しかし自生のシロバナコバノミツバツツジ、見てみたいものですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナコバノミツバツツジ。
カタクリにも白花がありますがそれと同じことです。分類上で大きな問題ではありません。しかし自生のシロバナコバノミツバツツジ、見てみたいものですね。
5
ツツジの王国からの使者。
これはハヤトミツバツツジです。(花期は過ぎていました、残念、でも会えてよかった〜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの王国からの使者。
これはハヤトミツバツツジです。(花期は過ぎていました、残念、でも会えてよかった〜)
2
アズマシャクナゲ。見事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ。見事でした。
3
アズマシャクナゲ。
管理事務所の職員の方によると、アズマシャクナゲの7弁咲き(花冠が7裂)のものであるとの説明でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ。
管理事務所の職員の方によると、アズマシャクナゲの7弁咲き(花冠が7裂)のものであるとの説明でした。
4
こんなに美しいのに同定できなくて残念です(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに美しいのに同定できなくて残念です(笑)
4
ヒカゲツツジ。
葉は常緑です。葉の下面は独特ですから花がなくても同定できそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒカゲツツジ。
葉は常緑です。葉の下面は独特ですから花がなくても同定できそうです。
6
寒いので館内で休憩しました。展示ホールのストーブに火が入っていました。今日は来園者もまばらです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いので館内で休憩しました。展示ホールのストーブに火が入っていました。今日は来園者もまばらです。
オオカメノキ。
ブナ林の山の中で枝が横に伸びるおなじみのスタイルですね。【スイカズラ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ。
ブナ林の山の中で枝が横に伸びるおなじみのスタイルですね。【スイカズラ科】
3
ヤブデマリ。
オオカメノキに似ていますが、オオカメノキは花が(花序が)短枝の上に付く形となっています。【スイカズラ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブデマリ。
オオカメノキに似ていますが、オオカメノキは花が(花序が)短枝の上に付く形となっています。【スイカズラ科】
4
ハクウンボク。
成葉になると直径20センチにもなる葉。でもまだかわいい感じですね。【エゴノキ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクウンボク。
成葉になると直径20センチにもなる葉。でもまだかわいい感じですね。【エゴノキ科】
2
花をつけた若葉もみじ。
(イロハモミジ)【カエデ科】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花をつけた若葉もみじ。
(イロハモミジ)【カエデ科】
2
名残りの桜を眺め、これで樹木山行の締めくくりができました。

〖 以上、森林植物園々内での撮影でした 〗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残りの桜を眺め、これで樹木山行の締めくくりができました。

〖 以上、森林植物園々内での撮影でした 〗
3
植物園から徒歩15分のところにあるバス停。「三宮山手ゆき」に乗車しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植物園から徒歩15分のところにあるバス停。「三宮山手ゆき」に乗車しました。
1
三宮
JR線と阪急線の高架の間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宮
JR線と阪急線の高架の間。
1
三宮
JR線と阪急線の高架の間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宮
JR線と阪急線の高架の間。
2
三宮
駅西口(阪急電車)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宮
駅西口(阪急電車)
2
三宮
駅西口(阪急電車)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宮
駅西口(阪急電車)
2

感想/記録

森林植物園のシャクナゲが今年はずいぶん早く満開を迎えたそうです。平年より2週間ほど早いらしいです。シャクナゲに限らず多くの植物において開花時期・見ごろが前倒しになっているのではないでしょうか。六甲山地における自生植物ではどうなんでしょうね。この日の徳川道の様子だけでは判然としません。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ