また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435680 全員に公開 フリークライミング伊豆・愛鷹

灼熱の湯河原幕岩

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
 masa--t(CL)
 Fuh
天候快晴!!!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
0分
合計
8時間10分
S幕山公園バス停・第1駐車場07:2007:30幕山登山口15:30幕山公園バス停・第1駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
桃源郷から悟空スラブまでは1時間くらい、バリエーションのような粗い道をいきます。ルートがはっきりしていなかったり、獣道や誤って進んでしまった道に行ってしまうことがあるので、十分に注意しながら進むともっと早くたどり着けると思います。
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報味の大西 湯河原店
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

みんな久しぶりの岩。桃源郷で足慣らし、といいたいところですが、本気でのぼらないと登れない状況でした。
2018年04月22日 09:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな久しぶりの岩。桃源郷で足慣らし、といいたいところですが、本気でのぼらないと登れない状況でした。
悟空スラブへ向かう森の中。気持ちよすぎた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悟空スラブへ向かう森の中。気持ちよすぎた。
2ピッチめで海をバックに記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2ピッチめで海をバックに記念撮影
懸垂にて、下山中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂にて、下山中。
下山して、取り急ぎ、炭酸で乾杯
2018年04月22日 15:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山して、取り急ぎ、炭酸で乾杯
ワンタンメン。量的に例えると、ラーメンと餃子セットを頼んで食べる量です。美味しくて余裕で完食。ビールは自宅までお預け。
2018年04月22日 16:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワンタンメン。量的に例えると、ラーメンと餃子セットを頼んで食べる量です。美味しくて余裕で完食。ビールは自宅までお預け。
1
撮影機材:

感想/記録
by Fuh

登ったところ。
桃源郷 5.7 トップロープ 2回
悟空スラブ 最後の一歩手前まで
以上

雪山シーズンも終わり、そろそろ岩に戻ろうかというときに、春を通り越して夏日和。

湯河原は秋と冬しか行ったことがなく、リーダーから幕岩は夏は行かないよっていわれたことの意味が分からなかったのですが今日実感しました。暑い。岩も暑くなる。。

桃源郷へ一番乗りして左側の5.7を登っていたところ、周りが登山教室で混雑してきたため、2回トップロープで登り、悟空スラブへ。トップロープなのにかなり遅いと後でリーダに言われた。。自分の中では、前より向上したと思っていたが、まったくだめらしい。どこに手をつけるか、足を乗せるか、すごく考えすぎている。。もっと早く登れるように、オブザベーションをしないとな。もっと片足でのスクワットをして、脚力をつけないとな。今日からスクワットがんばります。

悟空スラブ間での道のりと情報は、概略図しかなく、リーダが調べた情報で道を探した。20分くらい登った位、なかなかつかないねとノリーダが言い出し、概略図を確認。携帯で再確認すると1時間もかかるとわかって、テキトー。。とおもいきや、自分自身はリーダに任せきりだったことを反省。

サイレントバレーをこえ、ウイングスロックの入り口をすすんでしまっていた。沢をたよりに軌道修正したらテーピングで白い矢印があるのをみつけ、そこにいったらあっさりついた。
悟空スラブは誰もいない。
岩のかたちが波のようななだらかで、5.3、5.4、5.7での3ピッチで登る。クライミングシューズをどのタイミングで履くかが鍵だった。はじめから履いていたノリーダと私は、3ピッチ目で足が痛くなりすぎた。灼熱の太陽の下でノ岩登り。リーダが熱中症になりかけていたので、最後のピッチは半分のところで、今日はここまでとして、懸垂で降りてきた。
持って行ったポカリは加熱されお湯に近かったがのどが渇きすぎたので飲んだ。Shogoさんの荷物が重たいねって、登る前に話していたのですが、なんと900CCのテルモスに氷水をいれてきて、最後にみんなにおすそ分けをしてくれおいしかった。ありがとう。

先日購入したアシマのモデルのクライミングシューズの左側の甲の部分のゴムがはがれてきた。灼熱の太陽のせいで接着が溶けたのだろうか。もとに戻したら、くっついたので、そのままにした。カモシカに確認しようとしたが、スキーブーツも修理をだしており、クレーマーと思われるのもいやだなと思ったからである。

岩登りよりも悟空スラブへの行く道のりがバリエーションルートみたいで楽しかった。これは岩登りからの逃げだろうか。。いや、人気がないところがすきなのだろうな、きっと。
訪問者数:207人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カモシカ 熱中症 テーピング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ