また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439072 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

根本山〜熊鷹山(不死熊橋から周回)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
不死熊橋駐車場(20台程度・無料)
トイレなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
1時間5分
合計
5時間49分
S不死熊橋08:5911:00根本山11:3012:09十二山12:41熊鷹山13:1613:33熊鷹山への林道登山口14:48不死熊橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口近くの駐車場に車を停める。標高600m。
20台程度は停められるため、めったに満車になることはなさそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの駐車場に車を停める。標高600m。
20台程度は停められるため、めったに満車になることはなさそうだ。
しばらく歩くとコース案内が記載された案内板がある。
ガイドブックにはここまで車で入れるように記載があるが、今は入れないようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くとコース案内が記載された案内板がある。
ガイドブックにはここまで車で入れるように記載があるが、今は入れないようだ。
ここからしばらく車道を歩く。新緑が目に眩しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく車道を歩く。新緑が目に眩しい。
登山口に到着。ここから登山道が始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。ここから登山道が始まる。
いきなり桧の植林地帯が始まる。少々気分を削がれる登山道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり桧の植林地帯が始まる。少々気分を削がれる登山道だ。
15分ほど登ると植林地帯が終わり、ここから自然林になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど登ると植林地帯が終わり、ここから自然林になる。
歩きやすい登山道。道はよく整備されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道。道はよく整備されている。
ところどころに祠がある。この山は古来から山岳信仰の対象だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに祠がある。この山は古来から山岳信仰の対象だった。
お供え物に松ぼっくりとツツジの花が供えられている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お供え物に松ぼっくりとツツジの花が供えられている。
シロヤシオだろうか?シロヤシオが咲くには少々時期が早い気がするが、
白くて小振りの花が咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオだろうか?シロヤシオが咲くには少々時期が早い気がするが、
白くて小振りの花が咲いている。
地面には松ぼっくりが大量に落ちている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面には松ぼっくりが大量に落ちている。
遠くに山桜が咲いているのが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに山桜が咲いているのが見える。
ちょっとした岩場。そんなに難しい場所ではないのだが、
ロープがあると息子はロープに頼ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場。そんなに難しい場所ではないのだが、
ロープがあると息子はロープに頼ってしまう。
明るい新緑の尾根道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい新緑の尾根道。
ところどころにミツバツツジが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにミツバツツジが咲いている。
腐った木がボロボロになっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐った木がボロボロになっている。
腐った木の欠片で茶色の線が描けることを発見し、石や木に絵を描いて遊んでいる。
ここまで快調に歩いてきたが、暑いからかこの辺りで急にペースが落ちてしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐った木の欠片で茶色の線が描けることを発見し、石や木に絵を描いて遊んでいる。
ここまで快調に歩いてきたが、暑いからかこの辺りで急にペースが落ちてしまう。
再び尾根の半分は植林地帯になってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び尾根の半分は植林地帯になってしまう。
標高を上げて行くとアカヤシオの花がチラホラと咲いているのだが、
尾根の反対側の斜面に咲いているため良く見えないのが残念だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げて行くとアカヤシオの花がチラホラと咲いているのだが、
尾根の反対側の斜面に咲いているため良く見えないのが残念だ。
しばらく歩くと植林地帯が終わり再び明るくなる。
アカヤシオの数が増えてきて、花を愛でながら歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと植林地帯が終わり再び明るくなる。
アカヤシオの数が増えてきて、花を愛でながら歩いていく。
山頂直下の標識。息子は「天狗どこにいたの?」と聞いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の標識。息子は「天狗どこにいたの?」と聞いている。
山頂まであとわずか。傾斜は少し急になったが励ましながら歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであとわずか。傾斜は少し急になったが励ましながら歩いていく。
娘が何かの実を拾う。大量に落ちていたが何の実だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘が何かの実を拾う。大量に落ちていたが何の実だろうか?
小さな祠。壁がなくなって屋根だけになっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな祠。壁がなくなって屋根だけになっている。
満開のアカヤシオ。
中腹は落ちている花が多かったが、山頂付近は今が満開のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のアカヤシオ。
中腹は落ちている花が多かったが、山頂付近は今が満開のようだ。
根本山山頂に到着。標高1199m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根本山山頂に到着。標高1199m。
山頂からは満開のアカヤシオが眺められる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは満開のアカヤシオが眺められる。
アカヤシオの木の間から見えるのは足尾山塊の袈裟丸山。
袈裟丸山もツツジが咲く山で、いつか行ってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオの木の間から見えるのは足尾山塊の袈裟丸山。
袈裟丸山もツツジが咲く山で、いつか行ってみたい。
こちらもアカヤシオの間から見える足尾の主峰・皇海山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもアカヤシオの間から見える足尾の主峰・皇海山。
展望はそれほど優れた山ではないが、この時期はアカヤシオの花に包まれる。
花をゆっくり眺めながら軽い昼食休憩をとったら山頂を出発する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はそれほど優れた山ではないが、この時期はアカヤシオの花に包まれる。
花をゆっくり眺めながら軽い昼食休憩をとったら山頂を出発する。
ここから十二山、熊鷹山と縦走する予定。
と言っても三山ともほとんど標高差が無いため、比較的楽なコースだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから十二山、熊鷹山と縦走する予定。
と言っても三山ともほとんど標高差が無いため、比較的楽なコースだ。
十二山神社。石祠と斧がある。斧はものすごく重い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二山神社。石祠と斧がある。斧はものすごく重い。
粗末な鳥居。今にも倒れそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粗末な鳥居。今にも倒れそうだ。
他にも建物があった形跡があるが、壊れてしまっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他にも建物があった形跡があるが、壊れてしまっている。
大きな木の空洞を発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな木の空洞を発見。
中に入ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に入ってみる。
木の内部は真っ黒に焼け焦げているが、雷でも落ちたのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の内部は真っ黒に焼け焦げているが、雷でも落ちたのだろうか?
十二山に到着。標高1143m。
展望も何もない山頂。巻道があるため訪れる人は少なそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二山に到着。標高1143m。
展望も何もない山頂。巻道があるため訪れる人は少なそうだ。
倒れた木に乗って遊びだす。これなら木登りも楽々だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れた木に乗って遊びだす。これなら木登りも楽々だ。
大きな瘤を持った木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな瘤を持った木。
広くて平らな尾根になる。歩いていて気持ちの良い場所だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くて平らな尾根になる。歩いていて気持ちの良い場所だ。
山頂らしき場所が見えると、さっきまで疲れてゆっくりだった息子のペースが
急に速くなり、あっという間に山頂の方に行ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂らしき場所が見えると、さっきまで疲れてゆっくりだった息子のペースが
急に速くなり、あっという間に山頂の方に行ってしまう。
熊鷹山の山頂に到着する。標高1169m。
本日三山目の登頂だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊鷹山の山頂に到着する。標高1169m。
本日三山目の登頂だ。
1
狭い山頂には展望櫓がある。
梯子も手摺も少々怖い櫓だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い山頂には展望櫓がある。
梯子も手摺も少々怖い櫓だ。
展望櫓からは360度の大展望が広がる。
右の山は男体山、左の白い山は日光白根山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望櫓からは360度の大展望が広がる。
右の山は男体山、左の白い山は日光白根山だ。
こちらは赤城山。春霞でくっきり見えないのが残念だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤城山。春霞でくっきり見えないのが残念だ。
先ほど登った根本山もすぐ近くに見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど登った根本山もすぐ近くに見えている。
山頂で2度目の昼食をとったら下山開始。
山頂直下に見事なアカヤシオが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で2度目の昼食をとったら下山開始。
山頂直下に見事なアカヤシオが咲いている。
足元にはミツバツチグリの花が咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはミツバツチグリの花が咲いている。
ここにも粗末な鳥居が立っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも粗末な鳥居が立っている。
ここから急斜面の下りが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急斜面の下りが続く。
急斜面は長くは続かず、あっという間に林道に降り立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面は長くは続かず、あっという間に林道に降り立つ。
ここから1時間程度の長い林道歩きが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから1時間程度の長い林道歩きが始まる。
途中、水が流れているところで大きなカエルを発見。
雄と雌だが、息子がすごい勢いで近づいていくと2匹とも隠れてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、水が流れているところで大きなカエルを発見。
雄と雌だが、息子がすごい勢いで近づいていくと2匹とも隠れてしまった。
周囲を見渡すとカエルはあちらこちらにいる。カエルの卵も発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲を見渡すとカエルはあちらこちらにいる。カエルの卵も発見。
なかにオタマジャクシの元がたくさん入っている。
水はほとんど流れていないので、このままだと干上がってしまいそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかにオタマジャクシの元がたくさん入っている。
水はほとんど流れていないので、このままだと干上がってしまいそうだ。
対岸の岩場の新緑が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の岩場の新緑が美しい。
林道の周囲の新緑も美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の周囲の新緑も美しい。
子連れで1時間の林道歩きはつらいが、新緑がせめてもの慰めだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子連れで1時間の林道歩きはつらいが、新緑がせめてもの慰めだ。
一回転した木。ここまできれいに回転している木は珍しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一回転した木。ここまできれいに回転している木は珍しい。
駐車場に到着したら、下の川に下りて少し川遊びする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着したら、下の川に下りて少し川遊びする。

感想/記録

今年は気温が高いためアカヤシオが例年より早く咲いているらしい。
そのあたりの情報を踏まえて根本山に行ってみることにする。
アカヤシオをはじめ様々なツツジが咲く山で、
前々から一度登ってみたいと思っていた。
少々コースタイムが長いためこれまで敬遠していたが、
息子が4時間半程度歩けるようになってきたため、今歩くのにちょうど良い山だ。

登山道に入っても最初はなかなかアカヤシオが現れず、中腹は落ちている花が多い。
ちょっと時期が遅かったかと思ったが、山頂に到着するとそこには満開のアカヤシオ。
情報通り今年は開花が早いようで、ちょうど良いタイミングだった。
その後は十二山、熊鷹山と縦走。

初めての三山縦走で息子は疲れたようだが、最後まで元気に歩き切ってくれた。
アカヤシオや新緑を満喫できた登山だった。
訪問者数:326人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 ミツバツツジ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ