また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1488475 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

女峰山、十一面観音

日程 2018年06月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴、ほぼ無風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
4時間20分
合計
12時間0分
S日光キスゲ平05:3007:20赤薙山07:4008:50奥社跡09:2010:15一里ヶ曽根 10:4511:25十一面観音12:4013:00一里ヶ曽根14:3015:10奥社跡15:2016:05赤薙山16:1017:30日光キスゲ平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
モアイ岩(親指岩)・十一面観音の西側から壁を直登する際、及び十一面観音の手前までの反発力の強い枝など。
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

1445段の階段を進み、真正面に聳える赤薙山を目指します。
2018年06月03日 04:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1445段の階段を進み、真正面に聳える赤薙山を目指します。
鹿防御柵を潜り赤薙山へ。
2018年06月03日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿防御柵を潜り赤薙山へ。
赤薙山山頂、調不良の為、休息を大幅にとります。
2018年06月03日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山山頂、調不良の為、休息を大幅にとります。
1
奥社跡でも休憩を多くとりました。
2018年06月03日 09:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社跡でも休憩を多くとりました。
一里ヶ曽根では、快晴の心地よい風景を楽しみながら少し栄養補給しました。
2018年06月03日 14:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里ヶ曽根では、快晴の心地よい風景を楽しみながら少し栄養補給しました。
1
右手に見えるアモイ岩、赤矢印付近の裏側から直登し観音様に会えますよう頑張りま〜す。
2018年06月03日 13:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に見えるアモイ岩、赤矢印付近の裏側から直登し観音様に会えますよう頑張りま〜す。
1
赤丸に在る十一面観音様、待っていてくださいね。
2018年06月03日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤丸に在る十一面観音様、待っていてくださいね。
1
一般登山道からオフ・ロード・ルートに侵入します。
2018年06月03日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道からオフ・ロード・ルートに侵入します。
東側から西側へ進むとモアイ岩が見えます。
2018年06月03日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側から西側へ進むとモアイ岩が見えます。
ちょっと不気味な感じ。 岩壁に沿って北方向に注意して進みます。
2017年10月01日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと不気味な感じ。 岩壁に沿って北方向に注意して進みます。
1
岩壁を観ながら登れそうな個所を探しました。
2018年06月03日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁を観ながら登れそうな個所を探しました。
こうして進めば、どこかで登れる場所がみつかるでしょう。
2018年06月03日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして進めば、どこかで登れる場所がみつかるでしょう。
1
急坂のザレ場の手前に登れそうな個所があり、生きている木、枝などを確かめながら手で登ります。 60度近い急坂、その下は100m以上はある、急坂ザレ場、落ちたら大変です。
2018年06月03日 11:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂のザレ場の手前に登れそうな個所があり、生きている木、枝などを確かめながら手で登ります。 60度近い急坂、その下は100m以上はある、急坂ザレ場、落ちたら大変です。
1
峰に辿り着くと道らしいものが見えます。
2018年06月03日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰に辿り着くと道らしいものが見えます。
しかし、油断は出来ません。 東側の断崖絶壁を進みますが行く手を反発力の強い木、枝が遮ります。
2018年06月03日 11:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、油断は出来ません。 東側の断崖絶壁を進みますが行く手を反発力の強い木、枝が遮ります。
1
そして、遂に十一面観音で〜す♪ その奥にモアイ岩、右奥に女峰山です。
2018年06月03日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、遂に十一面観音で〜す♪ その奥にモアイ岩、右奥に女峰山です。
1
待ちに待った瞬間です! 十一面観音様。
2018年06月03日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ちに待った瞬間です! 十一面観音様。
4
十一面観音様の居る岩壁上はとても狭く、写真を撮るには注意が必要です。
2018年06月03日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一面観音様の居る岩壁上はとても狭く、写真を撮るには注意が必要です。
3
座石には、こんな刻みがありました。
2018年06月03日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座石には、こんな刻みがありました。
3
十一面観音様は、しっかりと女峰山山頂に向いて鎮座しています。
2018年06月03日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一面観音様は、しっかりと女峰山山頂に向いて鎮座しています。
3
ここからは一里ヶ曽根とヤハズも一挙に見えますし、一里ヶ曽根の登山者、崖下からは水飲み場の人の声も聞こえますよ。
2018年06月03日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一里ヶ曽根とヤハズも一挙に見えますし、一里ヶ曽根の登山者、崖下からは水飲み場の人の声も聞こえますよ。
2
十一面観音岩の西側が少しだけ階段状になっています。 しかし、それは途中までで、その下はとても危険です。 ご覧の通り、角度はほぼ直角です。
2018年06月03日 12:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一面観音岩の西側が少しだけ階段状になっています。 しかし、それは途中までで、その下はとても危険です。 ご覧の通り、角度はほぼ直角です。
なので、私は、元来た道を戻り、この山の手前から真っすぐ下に降ります。 幸いロープを持っていたので、しっかりした木にロープを巻き、下でそのロープと引き取れるようにして、ゆっくり慎重に降ります。
2018年06月03日 12:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、私は、元来た道を戻り、この山の手前から真っすぐ下に降ります。 幸いロープを持っていたので、しっかりした木にロープを巻き、下でそのロープと引き取れるようにして、ゆっくり慎重に降ります。
1
出合った花達です。
2018年06月03日 14:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合った花達です。
1
そして、無事に帰還しました。 昨年10月の撤退以来、毎日、地図・投稿写真を眺め、トレーニングを重ね、この日に挑みました。 そして嬉しい結果を得ました。 とても嬉しい・幸せを感じる山行でした。
2018年06月03日 17:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、無事に帰還しました。 昨年10月の撤退以来、毎日、地図・投稿写真を眺め、トレーニングを重ね、この日に挑みました。 そして嬉しい結果を得ました。 とても嬉しい・幸せを感じる山行でした。
1
撮影機材:

感想/記録

毎年登っている筈なのに、山頂までのルートに十一面観音の表示が気になり、探してみた。 昨年10月は不覚にも撤退。 その後0041様から貴重な情報、TeamJA20s様、DIY様、Shige-Pon様からも情報を得て、3日の実行となり、何とか辿り着き、観音様に出会えました。 と〜っても嬉しいです。 ご協力を戴きました皆様、本当にありがとうございました。
訪問者数:350人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザレ 直登 撤退 山行 出合 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ