また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1531770 全員に公開 沢登り札幌近郊

上手稲 836m  はっさむ大滝

日程 2018年07月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 気温30度位
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
S平和の滝駐車場08:0013:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:00 平和の滝駐車場出発→8:30入渓→10:20大滝着→11:00大滝出発→12:40林道→13:30
帰り道、久しぶりに小林峠を通ってみた。トンネルが出来てから通る車は少なくなったが、猛スピードで走る車2台とすれ違った。何?カーレース?危ない。

写真

発寒川への入渓地点。
今日の目的は手稲山西南の836m東側の枝沢。
疲れないように登山道を使い、発寒川は「横切るだけ」の気持ちで400mから入渓。

2018年07月21日 08:54撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発寒川への入渓地点。
今日の目的は手稲山西南の836m東側の枝沢。
疲れないように登山道を使い、発寒川は「横切るだけ」の気持ちで400mから入渓。

今日の発寒川。

2018年07月21日 08:55撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の発寒川。

1
入渓地点でまず休憩。
緑豊かな岩の上の庭園。
2018年07月21日 09:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓地点でまず休憩。
緑豊かな岩の上の庭園。
枝沢に入ってすぐのF1
F2は写真撮り忘れ
2018年07月21日 09:04撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝沢に入ってすぐのF1
F2は写真撮り忘れ
F3
ハングで足場なく右側を小さく高巻く。
2018年07月21日 09:24撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3
ハングで足場なく右側を小さく高巻く。
F4
小さい滝でも私達女性陣には真剣勝負。
2018年07月21日 09:37撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4
小さい滝でも私達女性陣には真剣勝負。
630mに現れた大滝。
高巻しようにも右からも左からも進むことが出来ず、ここで行動停止とした。(私達女性陣を引き連れては行けないと言う意味。多分SさんとHさんの男性二人なら行くだろうな)
2018年07月21日 10:21撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
630mに現れた大滝。
高巻しようにも右からも左からも進むことが出来ず、ここで行動停止とした。(私達女性陣を引き連れては行けないと言う意味。多分SさんとHさんの男性二人なら行くだろうな)
1
F3で懸垂下降。高さも大したことなく、着地点も浅いのだがここで私は溺れそうになった。
Mさんが確保器を水中に落とし、それを探すHさん。
2018年07月21日 12:04撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3で懸垂下降。高さも大したことなく、着地点も浅いのだがここで私は溺れそうになった。
Mさんが確保器を水中に落とし、それを探すHさん。
1
Mさん懸垂下降
さすがベテラン、数年ぶりとはいえ落ち着いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mさん懸垂下降
さすがベテラン、数年ぶりとはいえ落ち着いている。
1
私。
この後溺れかかってHさんに助けを求める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私。
この後溺れかかってHさんに助けを求める
1
撮影機材:

感想/記録
by boriko

手稲836m峰(上手稲)を目指して400m位の枝沢から入渓。この沢は記録もなく、人の入った様子もない。皆さん、興味がないのね。順調に進んでいたが、(ゆっくりと)突然に垂直の岩盤を流れる15m位の綺麗な滝が現れる。遠くからも目に入り感動的だった。高巻きを試みて様子を見に行ってくれたSさん、Hさんは微妙という。女性陣は即撤退を決意。
帰りの懸垂では降りてホットしたらATCが手元から離れた。根気よく探して(探してもらって)奇跡的に見つかった。10年位、沢からご無沙汰だったので、最後まで感じがつかめなかったなあ。同行者に感謝です。

感想/記録

今回のルートでは発寒大滝を越えられず撤退したが、次回はもっと上流の枝沢を使い北側より登ってみたいと思う。836mがそれ程のピーク?だとは思えないが…・。小さな枝沢でも、記録がないルートは何が出てくるかが楽しい。
訪問者数:1779人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

高巻き 懸垂下降 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ