ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1536632
全員に公開
ハイキング
道南

酒谷山

2018年07月22日(日) [日帰り]
 - 拍手
GPS
--:--
距離
3.7km
登り
337m
下り
665m

コースタイム

日帰り
山行
3:45
休憩
0:00
合計
3:45
7:39
36
スタート地点
8:15
8:15
27
分岐
8:42
8:42
23
二股
9:05
9:05
36
酒屋川渡渉
9:41
9:41
27
10:08
10:08
27
酒屋川渡渉
10:35
10:35
25
二股
11:00
11:00
24
分岐
11:24
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
2週間前にヒグマに追い返された酒谷山の南側からの送電線管理道のルートに再度チャレンジしました。
2018年07月22日 07:39撮影 by  NP501SH, SHARP
1
7/22 7:39
2週間前にヒグマに追い返された酒谷山の南側からの送電線管理道のルートに再度チャレンジしました。
道は2週間前より少し下草が伸び始めましたが快適です。
2018年07月22日 07:51撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 7:51
道は2週間前より少し下草が伸び始めましたが快適です。
道脇のクルマユリがキレイです。
2018年07月22日 08:03撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 8:03
道脇のクルマユリがキレイです。
やがて分岐。この少し先で前回はヒグマと対峙しましたから、少し緊張しながら進みました。
2018年07月22日 08:15撮影 by  NP501SH, SHARP
1
7/22 8:15
やがて分岐。この少し先で前回はヒグマと対峙しましたから、少し緊張しながら進みました。
ヒグマと対峙した現場。現場検証してみるとヒグマがいた場所は笹がなぎ倒されているものの、特に何もありませんでした。それとヒグマが最初に逃げた場所は道上なのがわかり、前回は引き返して正解でした(当たり前か)。
2018年07月22日 08:18撮影 by  NP501SH, SHARP
1
7/22 8:18
ヒグマと対峙した現場。現場検証してみるとヒグマがいた場所は笹がなぎ倒されているものの、特に何もありませんでした。それとヒグマが最初に逃げた場所は道上なのがわかり、前回は引き返して正解でした(当たり前か)。
ヒグマがいた場所に咲くエゾアジサイ。
2018年07月22日 08:20撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 8:20
ヒグマがいた場所に咲くエゾアジサイ。
やがて目指す酒谷山が見えてきました。まずは下らないといけないです。
2018年07月22日 08:27撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 8:27
やがて目指す酒谷山が見えてきました。まずは下らないといけないです。
下って行くと小沢の二股で、再び登りです。
2018年07月22日 08:42撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 8:42
下って行くと小沢の二股で、再び登りです。
登りきると再び酒谷山が見えてきましたが、再び下ってからの登りになります。
2018年07月22日 08:57撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 8:57
登りきると再び酒谷山が見えてきましたが、再び下ってからの登りになります。
酒屋川を渡渉してから最後の登りになります。
2018年07月22日 09:05撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 9:05
酒屋川を渡渉してから最後の登りになります。
頂上手前の鉄塔まで来ると八雲の街と噴火湾が見えます。
2018年07月22日 09:38撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 9:38
頂上手前の鉄塔まで来ると八雲の街と噴火湾が見えます。
4ルートで計7回目の頂上になりました。
2018年07月22日 09:41撮影 by  NP501SH, SHARP
7/22 9:41
4ルートで計7回目の頂上になりました。

感想

2週間前にヒグマがいたために引き返した酒谷山へのルートに再チャレンジしてきました。ヒグマもヒマじゃないから同じところにいるはずないと思いながらも少し緊張しましたが、やはりヒグマには出会いませんでした。それにしてもこの酒谷山に登ろうと8回山に入ったわけですが、これまで人に出会ったことがないのに、ヒグマに
は2頭出会ったわけで、それ以外でも生々しい糞を見たこともありますし、きっと気づかずにすれ違ったようなこともあるのでしょう。さすが道南だなぁと思います。肝心の道ですが、前半はとても歩きやすく、後半は管理道らしく急登も多く慎重さが必要な感じです。アップダウンもあり当然登り返しもあるので、いい運動になりました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:301人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら