また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1584018 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

三ツ森北峰 大寺山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年09月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 猿橋駅8:28発上和田行杉平入口バス停下車
復路 阿寺沢入口バス停14:45発上野原駅行
   上野原駅15:41発快速東京行に接続(直通なので便利)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
35分
合計
5時間0分
S杉平入口08:5510:32カワツバタ窪ノ頭11:08三ッ森北峰(郡内鋸岳)11:3811:56大ダルミ12:09大寺山12:1412:23チョウナ沢ノ頭12:50ヌカホヤノ頭13:08尾名手山ノ神13:15分岐13:55阿寺沢入口バス停13:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の雨で滑りやすくなっていましたが、危険なところはありません。急登とアップダウンが多いです。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

以前下りで使いましたが、今日は登りでスタート。右の坂を行きます。
2018年09月16日 08:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前下りで使いましたが、今日は登りでスタート。右の坂を行きます。
少し登ったところから小姓集落。山はガス。
2018年09月16日 09:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ったところから小姓集落。山はガス。
登山口。写真左にもう一つ指導標があって、その後はカワツバタ窪ノ頭まで、指導標はありません。
2018年09月16日 09:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。写真左にもう一つ指導標があって、その後はカワツバタ窪ノ頭まで、指導標はありません。
1
急登が続きます。山と高原地図で、706m手前で直角に曲がるところ。
2018年09月16日 09:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続きます。山と高原地図で、706m手前で直角に曲がるところ。
鋸尾根に乗ったところを振り返って。左赤テープから来ました。
2018年09月16日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸尾根に乗ったところを振り返って。左赤テープから来ました。
尾根が広がったカワツバタ窪ノ頭を振り返って。
2018年09月16日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が広がったカワツバタ窪ノ頭を振り返って。
ようやく指導標。次の指導標は北峰直前までありません。
2018年09月16日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく指導標。次の指導標は北峰直前までありません。
1
次のピークを「南を小さく巻」いたところ。鋸尾根というくらいなので、ピークがたくさん。
2018年09月16日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークを「南を小さく巻」いたところ。鋸尾根というくらいなので、ピークがたくさん。
1
山頂までの目途がついてきたので、ちょっと余裕ができたところ。赤い実と水滴がきれいです。
2018年09月16日 10:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの目途がついてきたので、ちょっと余裕ができたところ。赤い実と水滴がきれいです。
2
三ツ森北峰山頂、北側は眺望ありません。頭上、北側半分は晴れています。
2018年09月16日 11:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ森北峰山頂、北側は眺望ありません。頭上、北側半分は晴れています。
1
南側は晴れていれば富士山が見えますが、今日は何にも見えません。
2018年09月16日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は晴れていれば富士山が見えますが、今日は何にも見えません。
1
隣りの麻生山方面。
2018年09月16日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣りの麻生山方面。
3
狭い山頂の周囲は、ススキとこの赤紫の花で囲まれています。
2018年09月16日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い山頂の周囲は、ススキとこの赤紫の花で囲まれています。
3
大寺山へ向かいます。山頂すぐの分岐を直進。ただし、案内はありません。
2018年09月16日 11:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山へ向かいます。山頂すぐの分岐を直進。ただし、案内はありません。
1200mピークの分岐。なぜか右へ少しだけ進んで、勘で戻りました。よく見れば、右には通せん棒。
2018年09月16日 11:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mピークの分岐。なぜか右へ少しだけ進んで、勘で戻りました。よく見れば、右には通せん棒。
1
次のピークは左へ曲がる。
2018年09月16日 11:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークは左へ曲がる。
大寺山山頂到着。北峰からちょうど30分。
2018年09月16日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山山頂到着。北峰からちょうど30分。
傾いています。直進すると西原峠。右の尾名手尾根へ進みます。山と高原地図では線がありませんが、道ははっきりしているようです。
2018年09月16日 12:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾いています。直進すると西原峠。右の尾名手尾根へ進みます。山と高原地図では線がありませんが、道ははっきりしているようです。
1
チョウナ沢ノ頭、右の木に赤テープがあります。ここで道間違い。右の横たわっている木を通せん棒と思い、左の支尾根を降りました。少し降りたところで間違ったなと思ったら、30mくらい離れたところで子熊が2頭、木に登りながら威嚇しているのを発見。
2018年09月16日 12:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウナ沢ノ頭、右の木に赤テープがあります。ここで道間違い。右の横たわっている木を通せん棒と思い、左の支尾根を降りました。少し降りたところで間違ったなと思ったら、30mくらい離れたところで子熊が2頭、木に登りながら威嚇しているのを発見。
2
親が近くにいるかもしれないので、すぐに戻りました。本当は、このテープの方に進みます。地図を見れば簡単にわかることなのに。
2018年09月16日 12:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親が近くにいるかもしれないので、すぐに戻りました。本当は、このテープの方に進みます。地図を見れば簡単にわかることなのに。
2
地図にはありませんが、何だか神々しい大木がありました。
2018年09月16日 12:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にはありませんが、何だか神々しい大木がありました。
1
ヌカホヤノ頭。ここにも支尾根が分岐していますが、今度は地図で確かめて左へ。
2018年09月16日 12:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカホヤノ頭。ここにも支尾根が分岐していますが、今度は地図で確かめて左へ。
振り返って、中央から来ました。某地図で分岐とあるところ。何となく左に道があるような無いような。
2018年09月16日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、中央から来ました。某地図で分岐とあるところ。何となく左に道があるような無いような。
山ノ神。お陰様で無事に帰れそうです。
2018年09月16日 13:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ神。お陰様で無事に帰れそうです。
1
直進不可のところ。この感じ、デジャブー。坪山から東尾根を降りた時と同じ。
2018年09月16日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進不可のところ。この感じ、デジャブー。坪山から東尾根を降りた時と同じ。
左に曲がったところ、すごい数の赤テープです。
2018年09月16日 13:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に曲がったところ、すごい数の赤テープです。
1
登山口に出るまでの最後の500mくらいは凄いヤブと草むらで、道が見えないくらい、悪戦苦闘。
2018年09月16日 13:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に出るまでの最後の500mくらいは凄いヤブと草むらで、道が見えないくらい、悪戦苦闘。
1
左上から来ました。登山口らしく、階段状に木が積んであり、目立つ赤テープもあります。
2018年09月16日 13:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左上から来ました。登山口らしく、階段状に木が積んであり、目立つ赤テープもあります。
バス停手前を流れる鶴川。
2018年09月16日 13:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停手前を流れる鶴川。
1
キバナコスモスの先に阿寺沢入口バス停。
2018年09月16日 13:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナコスモスの先に阿寺沢入口バス停。
2
バス停脇を流れる扁盃川。すぐ先で鶴川に合流。
2018年09月16日 14:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停脇を流れる扁盃川。すぐ先で鶴川に合流。
1

感想/記録

昨日までの雨のため、高湿度とやや滑りやすい道でした。きょうも途中登山者とは会いませんでした。
線つなぎと吉備人出版の登山詳細図の精度を見るために、尾名手尾根を使ったコースを歩きました。この地図は目印が小刻みで、その間の距離が5m単位で書かれています。時間の目安が立てやすく、自分の位置がわかりやすいです。しっかり使えば道間違いをすることはなかったのに、2か所で間違えてしまいました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:384人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ