また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 168624 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

佐野峠、大寺山、三ツ森北峰(長尾根下山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年02月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
駐車場:
適当な場所は有りません。
富士急山梨バス上和田線
http://www.yamanashibus.com/image%20yamabus/ootsuki230404/tamuse_narako_asakawa_kamiwada230404.pdf.pdf
注:
竹の向へ行く1番バスは6:45猿橋営業所始発でJR猿橋駅へ来ません。営業所は駅の東約1,1kmの甲州街道沿いにあります。
しかし営業所へ行くより駅から百蔵山方面へ800m程歩き桂川を渡った先の下和田バス停へ行けばよいです。下和田は6:49発です。速足で約9分でなので猿橋6:34着の列車なら数分の余裕で着けます。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

佐野峠入口(自由乗降区間でバス下車)7:15―稜線10:15―林道10:20―佐野峠10:25―坪山分岐11:20―西原峠11:25―小寺山12:20―12:30大寺山12:45―13:15三ツ森北峰13:50―尾名手峠14:15―麻生山からの合流点14:30―駒宮・天神峠分岐15:30―富岡バス停15:55―浅川入口バス停16:10
コース状況/
危険箇所等
危険箇所:
なし

不明瞭箇所:
・国道の佐野峠入口から細い道を下り橋を渡ると右へ明瞭な道が続いています。これは西原峠へ行く道です。
佐野峠へはその橋を渡った真正面に薄い踏み跡があるのでそこを登ります。直ぐに左へ曲がり別の
橋を渡りその後ジグザグの高度を上げれば佐野峠へ行く尾根に乗ります。
・その佐野峠への道は不明瞭なところや薮が濃い所があります。しかし尾根を忠実に進めば大丈夫でしょう。
・山と高原地図(陣馬高尾2008年版)は北峰付近の稜線から駒宮・富岡への下山道が位置が正しく書いてありません。地図では北峰から僅かに(数分)麻生方向へ進んだ付近に下山道の分岐の位置がある様に書かれてます。しかし実際の分岐は25分も進んだ位置の尾名手峠にあります。なお麻生山頂のやや東側にも降る道があるようです。
なお地図の尾名手峠に記載位置も北峰横付近に書かれていますが、これも正しくありません。
2012/2/13((追加)昨日山と高原地図(陣馬高尾2012年版)を買ってみたら上記ミスは修正されておりました。
過去天気図(気象庁) 2012年02月の天気図 [pdf]

写真

バスは自由乗降区間なので国道沿いの佐野峠入口のド真前で下車しました。
ここは中風呂バス停の約700m手前です。
もしかすると小寺バス停の方が近いかもしれません。
2012年02月11日 07:11撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスは自由乗降区間なので国道沿いの佐野峠入口のド真前で下車しました。
ここは中風呂バス停の約700m手前です。
もしかすると小寺バス停の方が近いかもしれません。
バス下車後川へ向かう細い道を下り、橋を渡り写真の左上の薄い踏み跡を登ると直ぐに左へ曲がり別の橋を渡りその後ジグザグに高度を上げれば佐野峠へ行く尾根に乗ります。
右へ向かう幅1m程の太い道は西原峠へ行くようです。
2012年02月11日 07:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス下車後川へ向かう細い道を下り、橋を渡り写真の左上の薄い踏み跡を登ると直ぐに左へ曲がり別の橋を渡りその後ジグザグに高度を上げれば佐野峠へ行く尾根に乗ります。
右へ向かう幅1m程の太い道は西原峠へ行くようです。
30分も登ると獣よけのフェンスがあります。
扉は針金で止めてあるので直ぐに開きます。
このような扉を8回程抜けて行きます。
2012年02月11日 08:03撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分も登ると獣よけのフェンスがあります。
扉は針金で止めてあるので直ぐに開きます。
このような扉を8回程抜けて行きます。
更に進むとイバラ系の薮もありますが、その後はこんな落葉樹の林を進みます。
2012年02月11日 08:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進むとイバラ系の薮もありますが、その後はこんな落葉樹の林を進みます。
こんな明瞭な道のところもあります。
2012年02月11日 09:22撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな明瞭な道のところもあります。
もうすぐ稜線です。
2012年02月11日 10:12撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線です。
稜線に到着しました。
直接佐野峠へ行く道には気づきませんでした。
周囲を見渡すと東側の少し下に林道があるので、そこへ降り、300m程北上して佐野峠まで行きました。
2012年02月11日 10:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着しました。
直接佐野峠へ行く道には気づきませんでした。
周囲を見渡すと東側の少し下に林道があるので、そこへ降り、300m程北上して佐野峠まで行きました。
佐野峠の標識です。
見逃した道を歩けばここへ来ますが、道はかなりの薮です。
林道は約20〜25cm程の雪で、歩きにくいです。なの車の轍を歩いたのですがそこは凍っていて滑りやすいでした。
2012年02月11日 10:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐野峠の標識です。
見逃した道を歩けばここへ来ますが、道はかなりの薮です。
林道は約20〜25cm程の雪で、歩きにくいです。なの車の轍を歩いたのですがそこは凍っていて滑りやすいでした。
佐野峠の標識の30m程北側に竹の向方面への道があるようです。道形は十分に確認できます。
その後、林道を戻り南方向の西原峠へ向かいました。
2012年02月11日 10:27撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐野峠の標識の30m程北側に竹の向方面への道があるようです。道形は十分に確認できます。
その後、林道を戻り南方向の西原峠へ向かいました。
写真7の最初に稜線に着いたところを南へ進むとここへ着くようです。
林道は雪のあるところと無いとこの差が大きいです。
2012年02月11日 10:59撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真7の最初に稜線に着いたところを南へ進むとここへ着くようです。
林道は雪のあるところと無いとこの差が大きいです。
林道の途中から遠くに三ツ峠や手前の宮地山が見えます。
2012年02月11日 11:19撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中から遠くに三ツ峠や手前の宮地山が見えます。
坪山方面(右方向)への分岐。
写真の左側から来て手前へ進みました。
2012年02月11日 11:22撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪山方面(右方向)への分岐。
写真の左側から来て手前へ進みました。
中風呂バス停と佐野峠方面の道標。西原峠の名前はマジックインキで書いてありました。
佐野峠、西原峠の地名はいろいろな説がある様で、地元ではこの場所を西原峠ではなく佐野峠と呼んでいるようです。
2012年02月11日 11:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中風呂バス停と佐野峠方面の道標。西原峠の名前はマジックインキで書いてありました。
佐野峠、西原峠の地名はいろいろな説がある様で、地元ではこの場所を西原峠ではなく佐野峠と呼んでいるようです。
西原峠からは登ってきた尾根が見えます。遠くは小金沢連領から南下する尾根です。
2012年02月11日 11:26撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西原峠からは登ってきた尾根が見えます。遠くは小金沢連領から南下する尾根です。
林道の様子。この後林道は逆Y字型に分岐していましたが、直進方向は足跡が無かったので戻る様に高度を増す方へ進みました。
この付近まで一人の足跡がありましたが、なぜかこの付近からもう一人の足跡でてきました?

2012年02月11日 11:31撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の様子。この後林道は逆Y字型に分岐していましたが、直進方向は足跡が無かったので戻る様に高度を増す方へ進みました。
この付近まで一人の足跡がありましたが、なぜかこの付近からもう一人の足跡でてきました?

1
ここで林道は二手に分かれています。
しかしどちらの林道も進ますに右の尾根へ上がりました。道標は有りません。感です。
2012年02月11日 12:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで林道は二手に分かれています。
しかしどちらの林道も進ますに右の尾根へ上がりました。道標は有りません。感です。
ここが小寺山のようです。もしかするともう少し手前だったかもです。
2012年02月11日 12:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが小寺山のようです。もしかするともう少し手前だったかもです。
大寺山。静かでした。
2012年02月11日 12:28撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山。静かでした。
大寺山から東へ伸びる尾根。
いつか歩きたいです。
2012年02月11日 12:28撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山から東へ伸びる尾根。
いつか歩きたいです。
大寺山で小休止。
2012年02月11日 12:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山で小休止。
3
大寺山から北峰と鋸尾根(右)。
2012年02月11日 12:46撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山から北峰と鋸尾根(右)。
北峰から麻生山頂。
2012年02月11日 13:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から麻生山頂。
長尾根の下山ルートが良く見えました。
2012年02月11日 13:18撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾根の下山ルートが良く見えました。
前の写真の続きの長尾根の下山ルート。尾根は雪道のようです。
2012年02月11日 13:18撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の続きの長尾根の下山ルート。尾根は雪道のようです。
北峰から西方向の眺め。
手前は宮地山のようです。
2012年02月11日 13:19撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から西方向の眺め。
手前は宮地山のようです。
1
尾名手峠の古い道標。
2012年02月11日 14:10撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾名手峠の古い道標。
尾名手峠から右の巻き道で長尾根へ向かいます。
正面(写真の左)に登れば麻生山です。
山と高原地図(陣馬高尾2008年版)は長尾根の下山ルートの分岐位置が正しく書かれていませんので不明瞭箇所説明をお読みください。
2012年02月11日 14:11撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾名手峠から右の巻き道で長尾根へ向かいます。
正面(写真の左)に登れば麻生山です。
山と高原地図(陣馬高尾2008年版)は長尾根の下山ルートの分岐位置が正しく書かれていませんので不明瞭箇所説明をお読みください。
長尾根への巻き道の様子。
やや斜めで歩きにくいです。
2012年02月11日 14:20撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾根への巻き道の様子。
やや斜めで歩きにくいです。
巻き道を20分程進むと麻生山山頂からの道と合流しました。
しかしここにある道標には巻き道の方向に麻生山と書いてあり、麻生山山頂方向には何も書いてりません。
2012年02月11日 14:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道を20分程進むと麻生山山頂からの道と合流しました。
しかしここにある道標には巻き道の方向に麻生山と書いてあり、麻生山山頂方向には何も書いてりません。
長尾根は雪道と雪が無いところが交互でてきます。
この尾根はノンビリ歩けます。
2012年02月11日 14:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾根は雪道と雪が無いところが交互でてきます。
この尾根はノンビリ歩けます。
1
天神峠(浅川入口バス停)と駒宮(富岡バス停)の分岐。
2012年02月11日 15:32撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠(浅川入口バス停)と駒宮(富岡バス停)の分岐。
人里に降りてきました。ここから富岡バス停16分です。
寒くバスまで少し時間があったので浅川入口バス停まで約1,2kmほど歩きました。
2012年02月11日 15:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里に降りてきました。ここから富岡バス停16分です。
寒くバスまで少し時間があったので浅川入口バス停まで約1,2kmほど歩きました。
1

感想/記録
by hachi

昨年12月に北峰まで来て鋸尾根を降りました。しかしそこから北へ続く大寺山や佐野峠が気になったので歩いてみました。
この稜線は樹木の間から遠くの山々が遠望できます。落ち葉を踏みながらのんびり歩けるコースです。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1388人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/5/31
投稿数: 520
2012/2/12 20:07
 お疲れ様です
コース、そして地図を見ても、いまいち場所が分からず
さすがはhachiさんです
扉が8回というのも、すごいなぁ
登録日: 2009/8/21
投稿数: 956
2012/2/12 20:37
 Re:お疲れ様です
masaiさん こんばんは

今回は最初の登り口の道間違えで10分のロス。
更に帰りは地図が正しく書かれていないので下山地点が分からず北峰付近で30分のロスでした。
エイヤーで北峰付近から強引に降れば巻き道があるだろうで少し下ったのですが引き返して良かったです。
久々に焦り、汗ビショになりました
旺文社の地図はかなりミスがありますので要注意です。
登録日: 2010/7/24
投稿数: 22
2012/2/13 12:32
 こんにちわ
途中から出て来る足跡(^^;;
不思議ですよね。私が歩いた時は、雪が多くて引き返したの
かな〜って思っておりました。
お疲れ様でした(=^ェ^=)
登録日: 2009/8/21
投稿数: 956
2012/2/14 19:44
 Re:こんにちは
Orangenaさん こんばんは

出掛ける前にOrangenaさんの記録を読んでおりました。
西原峠からの踏み跡ありがとうございました
一週間前は大変だったと思います。

あの途中からの足跡はハンターではないかと考えております。
遠くで犬の鳴き声が聞こえていましたので、・・・。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ