また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1711093 全員に公開 トレイルラン四国

第10回千羽海崖トレイルランニングレース ☆スイーパー☆

日程 2019年01月20日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大浜海岸近くの指定場所に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
6:30 受付開始 (日和佐総合体育館)
7:20 開会式 (日和佐総合体育館横・竜宮公園)
8:00 女子・カップル部門レーススタート (日和佐総合体育館横・竜宮公園)
8:20 男子部門レーススタート (日和佐総合体育館横・竜宮公園)
10:03 第一関門 (白沢エイドステーション)
10:55 第二関門 (水落登山口)
11:50 第三関門 (青少年自然の家。波が高い時はコースが一部変更となり制限時間が12分短縮)
13:55 第四関門 (白沢エイドステーション)
15:17 第五関門 (嵐瀬)
16:15 ゴール制限 (大浜海岸/ゴール)
15:00 表彰式 (大浜海岸)

距離約 37km
累積標高 +2310m
制限時間 男子7時間55分/女子・カップルクラスは8時間15分
https://www.senbakaigai.com/
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

8時に女性部門とカップル部門がスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時に女性部門とカップル部門がスタート
男性部門スタート6分前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男性部門スタート6分前
1
男性部門スタート待ち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男性部門スタート待ち
8時20分、男性部門スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時20分、男性部門スタート
最後尾についてスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後尾についてスタート
1
スタートしてしばらくは渋滞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしてしばらくは渋滞
すると、しばらくしてスタートした鏑木さんが追いつてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、しばらくしてスタートした鏑木さんが追いつてきた
2
千羽名物の海崖区間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千羽名物の海崖区間
1
エイドでしばし休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイドでしばし休憩
3
もう一つの千羽名物、かなり長い階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの千羽名物、かなり長い階段
1
ゴールの大浜海岸が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの大浜海岸が見えてきました
1
ゴールまであと少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールまであと少し
2
ゴール🏁
スイーパーもアーチで迎えてくれました。
ありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール🏁
スイーパーもアーチで迎えてくれました。
ありがとうございます。
1
クーランマランの杉本さん
スイーパー6名、時間制限1名、スイーパー移動の専属運転手2名で集合写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クーランマランの杉本さん
スイーパー6名、時間制限1名、スイーパー移動の専属運転手2名で集合写真
4

感想/記録

今回は、千羽トレラン大会ロングコース37kmをスイーパー6名、時間制限1名、スイーパー移動の専属運転手2名にてサポート。
無事に任務完了しました。

自分が担当するスタートから第一関門までの区間、スタート直後からの大渋滞について歩いていくと早々にリタイヤする方が!?見ると、まさかの知り合いの方。
本来なら同行してスタートへと戻らないといけないのですが、その方なら這ってでもスタートへと戻りリタイヤすると思うので、事務局に電話して、今から1名がスタート地点へと戻りますと連絡を入れて、そのまま最後尾を追走。
すると、今大会は初トレランの方が多かったようで、早々に脚にきて歩き出す方がいて、間隔がどんどん開いていく…このままでは、次の担当区間に時間までに移動できなくなってしまうので、一緒にいたnanchiさんに最後尾の追走をお願いして、自分は走って第一関門へと急ぎ、乗用車に乗って、次の第2関門へと移動。

第2関門の制限時間になると、関門のスタッフに、これから来る方は関門OUTで、先へは行かせないでリタイヤとしてくださいとお願いして、最後尾を追走開始。しばらくしてnanchiさんも別の乗用車で追いついてきて合流。海崖区間を歩いていくと、崖を周りこむ箇所で渋滞中。遅々として進まない状況で、別のスイーパー班が怪我人情報で先行して山中を捜索しに行ったとの事で、自分は早く第3関門へと来るように言われて、海崖区間を走って第3関門へと到着。
ここまで来ると、当初の予定していたスイーパー陣の配置案も崩れてしまい、状況に応じて対応をせざるを得なくなり、自分も先行するスイーパーを追いかけて第3関門を出発。この先にある最大の難所区間を前にして登山口にて、この先が最大の難所である事をランナーに周知して、1人がここでリタイヤを決断。その後、別のスイーパーが最後尾について山中へと入っていき、一安心。しばらくして次の関門へと乗用車で移動しようと思っていると、選手らしき人が歩いてくる!
なんで…
声をかけると、第3関門でトイレに入っていたので、今から山中へと進むと言ってる…最後尾のスイーパーに連絡して、まだ選手が残っており、今から山中へと入っていくので、その方と合流して最後尾につきなおして欲しいと依頼。
やれやれと思って、次の関門へと移動しようとしていると、最後尾のスイーパーから連絡が入り、登山口から標高差200m位登ったところで、リタイヤしたいという方が出たので、その選手が降りて行くので、迎えに来て合流して下山して欲しいと連絡有り。急いで、山中へと入って登っていくと、一人下りてくる方と遭遇。確認するとリタイヤ者という事なので、一緒に下山して第3関門へと連れ戻して、今度こそ、やれやれと落ち着く。

第4関門へと移動して、ここでの制限時間が来たので出発して、再び最後尾につき追走。ここから第5関門を通り、最終ゴールまでの区間を追走して、大浜海岸へと戻って来たのが16時30分頃。
約8時間にわたり、スイーパー陣も混乱しましたが、無事にミッションコンプリート。帰りに焼き肉屋で打ち上げして長い一日が終了しました。

今回は自分以外のスイーパーが、今何処にいるのか?を頭の中で想像しながら、今自分が取るべきベストの選択は何なのか?を判断し、各々が連絡とりあいながら任務を終える事ができました。トラブル多くて、これも良い経験になりました。サポートチームのメンバーに感謝です。
ありがとうございました。
訪問者数:309人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/18
投稿数: 619
2019/1/22 8:30
 お疲れ様でした!
スイーパのパートナーがshichiさんだったので、スイーパ弱者としては非常に心強かったです。
今年は何かと渋滞がおき、気温が高めで体調不良、水分不足の方が多かったようですね。次もよろしくお願いします
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1906
2019/1/22 19:08
 お疲れ様でした。
shichiさん、nanchiさん、スイーパーお疲れ様でした。

様々なトラブルに対応している場所があそこかなぁ?とかあそこからの登りはキツかったなぁとか思い出しながら、読みましたよ。
なんだか走ったようで疲れました😅

今年はロード優先で参加見送りましたが、来年はまた参加できるようにしたいと思います。
飛行機の予約日程は間違えないように気をつけます(爆)
登録日: 2012/6/4
投稿数: 773
2019/1/23 0:34
 Re: お疲れ様でした!
nanchiさん、お疲れ様でした。人のペースに合わせて歩いたり、走ったりで思ったよりも疲れました。
次の五岳山スイーパーも、頑張りましょう。
登録日: 2012/6/4
投稿数: 773
2019/1/23 0:41
 Re: お疲れ様でした。
garさん、ありがとうございます。
渡せないままのTシャツがありますので、来年は参加しに来てくださいよ
鏑木さんも、garさんに会いたいと言っておりましたよ
(嘘です)

今回のスイーパーは色々とあってバタバタしました。
大会中に「寝てもいいですか?」と、言われたら、あなたならどうする?ですよね〜。
今年も頑張りましょ〜

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

累積標高 ロング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ