また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1716108 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山 降雪直後のラッセルにて敗退

日程 2019年01月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
44分
合計
6時間47分
Sスタート地点05:5506:20あずまや山登山口駐車場08:27里宮分岐08:3110:33長池分岐10:3911:06四阿山・根子岳分岐11:3011:36長池分岐11:4512:08里宮分岐12:0912:31あずまや山登山口駐車場12:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
藪はだいぶ埋まっている。

写真

あずまや高原ホテルまで車でいけず県道からスタート。
2019年01月27日 05:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あずまや高原ホテルまで車でいけず県道からスタート。
本当の出発点。
2019年01月27日 06:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当の出発点。
2
もっさりと。
2019年01月27日 06:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっさりと。
1
がまんのシール歩き。
2019年01月27日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がまんのシール歩き。
1
けっこうりっぱ。
2019年01月27日 11:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうりっぱ。
1
ここで敗退を決めた。
2019年01月27日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで敗退を決めた。
1
しばらくはシールを付けて戻る。
2019年01月27日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはシールを付けて戻る。
1
清々しいけど
2019年01月27日 12:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しいけど
3
青空が憎い。
2019年01月27日 12:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が憎い。
1
高速道路だ。
2019年01月27日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速道路だ。
1
県道交差点まで滑った。
2019年01月27日 12:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道交差点まで滑った。
3

感想/記録

26日(土)1:00から27日(日)6:00までで、
アメダス菅平の積雪は56cmから100cmへ一気に増加していた。
県道182からあずまや高原ホテルへの道は除雪がまだ入っておらず、
無理して2駆の車で突っ込めばスタックするだろうと思い、
車は清く県道脇に停めて出発することにした。まだ雪は降っている。

あずまや高原ホテルへの道をスキーで登っていると、軽自動車が自分を抜かしていった。案の定、ホテルまで100mほど手前でスタックしていた。

牧場は風がきつく、雪は深くはない。
とはいえ傾斜がゆるやか過ぎて、
帰りは手漕ぎかシール歩行となる事を心配しながら歩く。
横から吹き付ける雪が冷たく、フェイスマスクをつけて
視界のない中でまだ我慢の歩きが続いた。

やがて樹林帯へ。雪は深くなり登山道がどこなのか時々分からなくなる。
登山道の標識をが現れると、登山道付近を歩いているのかそうじゃないのか分かる。
藪はもうそれほど気にならない。

高度を上げると針葉樹が増えてきた。
針葉樹林は樹間が狭く歩きにくい。木が密集していない方へ歩いていたら、
いつのまにか登山道を外れて、尾根への乗り上げの方向がずれていた。
尾根上の針葉樹林は、膝ラッセルか時々それ以上。
もし下りもラッセルとなればそろそろ体力的にきつい。

頂上直下の針葉樹林のモサモサ雪を見て
今日はもう帰ろうと決心した。
ツリーホールにはまってしまったら大変だと自分を納得させた。
ラッセルに疲れた。体力不足だ。

結果的に下りはラッセルなしで、1時間ちょいで県道まで降りて来れた。
自分の後に何人か入山しており、高速道路ができていた。
牧場付近は晴れていたが山頂はまだ雲がかかっていた。
訪問者数:272人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/10
投稿数: 531
2019/1/31 8:44
 四阿山お疲れ様でした。
asanofumioさん、お久しぶりです。
四阿山BCお疲れ様でした。
No.16の導標から判断するともう頂上はすぐ近くでしたね。asanofumioさんの体力なら敗退はあり得ませんが、四阿山の稜線歩きは、ツリーホールに落ちる危険がかなり高いです。安全に戻ってくることの方が大切なので、良い判断だったかと思います。どうもお疲れ様でした。
hareharawaiより
登録日: 2013/12/25
投稿数: 8
2019/1/31 20:17
 お世話になりました。
同じ日、最後スタートのスキーヤーです。里宮分岐近くですれ違ったと思いますが、トップ出発の方はやはりラッセルが大変だったようですね。どうもありがとうございました。おかげで最後のラッセルだけで山頂を踏むことができ出かけた甲斐がありました。
登録日: 2016/1/1
投稿数: 22
2019/2/1 8:20
 Re: 四阿山お疲れ様でした。
お久しぶりです。思いのほか雪が深く苦労しました。1人なので無理は禁物だと思っています。良い体力トレーニングになりました(笑)。
登録日: 2016/1/1
投稿数: 22
2019/2/1 8:27
 Re: お世話になりました。
すれ違った人の誰かはヤマレコユーザーかなと思っていました。asama1964さんの記事はよく拝見させてもらって参考にさせて頂いております。下手なルート取りのラッセルだったと思いますが、お役に立てて良かったです(笑)。次は山頂まで行きたいなと思っています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ