また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1780886 全員に公開 ハイキング東北

奥松島 嵯峨渓

日程 2019年04月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
0分
合計
3時間46分
Sスタート地点11:0914:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
萱野崎へのアプローチは切れ落ちた断崖上を行くことになるので注意

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル

写真

高台に移設された野蒜駅
2019年04月05日 10:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高台に移設された野蒜駅
大浜に車を駐める
2019年04月05日 11:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浜に車を駐める
大浜をパノラマで
2019年04月05日 11:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浜をパノラマで
トレッキング道に入ってすぐ、かつて番屋があった場所にある古木。
2019年04月05日 11:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレッキング道に入ってすぐ、かつて番屋があった場所にある古木。
鎖国時代に外国船を見張った高台
2019年04月05日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖国時代に外国船を見張った高台
遠く牡鹿半島と金華山の頂が一際目立つ
2019年04月05日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く牡鹿半島と金華山の頂が一際目立つ
パノラマで
2019年04月05日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで
この地の歴史に関わる説明が彫られている
昭和43年建立なので比較的新しい
2019年04月05日 11:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地の歴史に関わる説明が彫られている
昭和43年建立なので比較的新しい
古いポンプが遺されていた
2019年04月05日 11:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いポンプが遺されていた
まだ行ったことがなかった源太浜に降りてみる
小舟でしかいけない浜と思っていたが歩道がしっかり整備されていた。
2019年04月05日 11:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ行ったことがなかった源太浜に降りてみる
小舟でしかいけない浜と思っていたが歩道がしっかり整備されていた。
美しい源太浜
2019年04月05日 11:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい源太浜
1
桟橋があったようである
2019年04月05日 11:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟橋があったようである
鳴瀬川の河口近くだが海水がとても澄んでいる。鳴瀬川の浄化が進んだようだ
2019年04月05日 11:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴瀬川の河口近くだが海水がとても澄んでいる。鳴瀬川の浄化が進んだようだ
この辺りは椿が群生していてどこを歩いても椿
2019年04月05日 11:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは椿が群生していてどこを歩いても椿
1
中央がアシカ岩。右の岩はかつて上部が繋がっていて大きな石門になっていたが津波で破壊された。
2019年04月05日 11:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央がアシカ岩。右の岩はかつて上部が繋がっていて大きな石門になっていたが津波で破壊された。
1
松がいいんだなぁ。松食い虫に負けるな。
2019年04月05日 11:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松がいいんだなぁ。松食い虫に負けるな。
1
奥に室浜を望む。
2019年04月05日 11:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に室浜を望む。
高度感があっていい。
2019年04月05日 12:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感があっていい。
松の枝葉の隙間から見え隠れするコバルト色の入江が美しい。
2019年04月05日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の枝葉の隙間から見え隠れするコバルト色の入江が美しい。
萱野崎まで踏み跡は続いていた。細尾根に生える檜の幹を花粉を浴びながらホールドし、切れ落ちた断崖の上を行くとこの絶景がある
2019年04月05日 12:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萱野崎まで踏み跡は続いていた。細尾根に生える檜の幹を花粉を浴びながらホールドし、切れ落ちた断崖の上を行くとこの絶景がある
1
牡鹿半島に田代島、網地島、金華山が重なる
2019年04月05日 12:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牡鹿半島に田代島、網地島、金華山が重なる
振り返ってここを戻る。
2019年04月05日 12:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってここを戻る。
パノラマで
2019年04月05日 12:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで
乙女の浜に降りてくると春の訪れを感じる。桜はまだ先。藤の木も見たがまだ蕾であった。
2019年04月05日 12:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女の浜に降りてくると春の訪れを感じる。桜はまだ先。藤の木も見たがまだ蕾であった。
若い頃に何度か訪れた乙女の浜。両側の岬に守られ、外洋に面しているにもかかわらず波が穏やかな場所。かつて陸路でここにたどり着くにはマムシとスズメバチに怯えながら薮を漕いでくるか、素直に漁船を出してもらって海路で来るしかなかった秘密の場所だった。今は歩道が整備されている。
2019年04月05日 12:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若い頃に何度か訪れた乙女の浜。両側の岬に守られ、外洋に面しているにもかかわらず波が穏やかな場所。かつて陸路でここにたどり着くにはマムシとスズメバチに怯えながら薮を漕いでくるか、素直に漁船を出してもらって海路で来るしかなかった秘密の場所だった。今は歩道が整備されている。
1
ここで昼食とする
2019年04月05日 12:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼食とする
室浜に向かう。ここも津波の被害は甚大であった。共同住宅が並んでいる。小学生だった頃、渚に浮かぶ小島に登っては何度も海に飛び込んだ思い出がある。
2019年04月05日 13:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室浜に向かう。ここも津波の被害は甚大であった。共同住宅が並んでいる。小学生だった頃、渚に浮かぶ小島に登っては何度も海に飛び込んだ思い出がある。
金華山をズームで
2019年04月05日 13:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金華山をズームで
大浜に戻る。浸水は4メートルはあるか。
2019年04月05日 13:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浜に戻る。浸水は4メートルはあるか。
行ったことがなかった新浜岬へ登る。韓国で始まったオルレの指定コースになっているらしくよく整備されている。
2019年04月05日 14:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ったことがなかった新浜岬へ登る。韓国で始まったオルレの指定コースになっているらしくよく整備されている。
なるほどいい眺め。
2019年04月05日 14:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほどいい眺め。
笹と椿のトンネル
2019年04月05日 14:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹と椿のトンネル
1
オルレコースのリボン
2019年04月05日 14:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オルレコースのリボン
月浜。この浜にも子供のころよく遊びに来た。
2019年04月05日 14:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月浜。この浜にも子供のころよく遊びに来た。
稲ヶ崎は津波時に避難できる高台
2019年04月05日 14:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲ヶ崎は津波時に避難できる高台
ここは自生ではなく植林された椿
2019年04月05日 14:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは自生ではなく植林された椿
仙台方向の海は午後の日差しで輝いている
2019年04月05日 14:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台方向の海は午後の日差しで輝いている
唐戸島(左)の陰に漁船が退避している。右は中ノ島。
2019年04月05日 14:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐戸島(左)の陰に漁船が退避している。右は中ノ島。
オルレのマーク
2019年04月05日 14:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オルレのマーク
唐戸島には二つにビーチがあって面白い
2019年04月05日 14:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐戸島には二つにビーチがあって面白い
名前の由来
2019年04月05日 14:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前の由来
歩いたきた萱野崎
2019年04月05日 14:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたきた萱野崎
月浜漁港
2019年04月05日 14:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月浜漁港
咲き誇る椿
2019年04月05日 14:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き誇る椿
大浜へ戻る。美しい松林の再生を願う。
2019年04月05日 14:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浜へ戻る。美しい松林の再生を願う。
撮影機材:

感想/記録

今週は仕事を休んで息子の引っ越しで宮城県にやってきた。週末用に登山道具は一式持ってきたが、気圧配置が悪く北陸から東北の山は大荒れの予報。ならばと実家の近所を散策することに決めた。宮戸島は夏になれば毎年親によく連れられてきた思い出の地。震災後に一度訪れ、破壊のあまりの激しさに言葉を失った場所だ。太平洋に面した大小の浜をめぐる海抜わずか数十メートルのトレッキングだが、嵯峨渓は絶景の連続。これまで舟でしか見てなかった景観を陸路で辿った。あらためて見る郷里の美しさ。野蒜から大高森、旧宮戸小学校までは復興の建設土木工事で騒がしいが、ここまで来ると喧騒から逃れられる。この時期は歩いている人もほとんどいない静かな磯巡りができる。
訪問者数:43人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ