また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1807464 全員に公開 ハイキング 箱根・湯河原

明星ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月20日(土) ~ 2019年04月21日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

感想/記録
by jh1eaf

GWを控えた4月後半の土日に一泊二日の予定で箱根方面移動運用を組む。
このエリアでは2015年の箱根駒ケ岳、2018年金時山に次いで3回目の遠征。
今回は同じ足柄下郡箱根町の明星ヶ岳と大涌谷を目指す。
明星ヶ岳は箱根古期外輪山の一峰で標高は924m。山頂は箱根町と小田原市境に位置する。
毎年8月には箱根強羅夏祭りの大文字焼きが行われるため、山頂直下には「大」の字が覗える。
登山口は箱根登山鉄道の強羅駅か、箱根登山バス宮城野橋バス停。
更に標高のある明神が岳も魅力的だったが、強羅から往復10Km近くあり、ややハードなため諦める。

天気予報では両日共に概ね晴れ、気温も20度前後と絶好の移動日日和となりそうだった。
遠征初日の20日、予定どうり0700JST新宿発ロマンスカー「はこね1号」に乗り込む。
車種はVSE.2015年遠征時には展望席に乗車した記憶がある。
今回は複数の同行者が居るので予めサルーン席を予約。
この席はVSE限定4席準個室仕様で新宿ー箱根湯本間が4360円。
4人分で割れば大人特急券料金と同じ。乗車券は二日間乗り放題の「箱根フリーパス」(新宿発大人5700円)
途中までは快晴であったが、神奈川県中部辺りから雲が広がり始めた。
小田原近くでは完全な曇天に。
天気予報と話が違う。
0820JST、箱根湯本着
予定では箱根登山バスで宮城野橋を目指す予定だったが、0825JST発箱根登山鉄道で強羅までのルートに変更。
登山鉄道はハイカー、観光客で満員。
沿線にはまだ桜が見頃。残念ながら曇天になってしまったので風景は映えず。
山の上には霧もかかってしまい、眺望も期待出来ず、テンション下がり気味。
0903JST、強羅駅着。
此処には学生時代以来、36年ぶりの再訪。
駅舎は基本的に変わっていない。
駅の北側に大文字焼きの明星ヶ岳の山容が覗える。山腹に斑点のように桃色の桜模様。
踏切を渡って早川方面に下りる。山登りなのに一旦降りるのは何となくロスした気分。
0936JST、早川を渡る宮城野橋バス停に至る。バスで来ればここに0850JSTには着いていたので約45分の遅れ。
橋を渡って車道を横断、老人ホーム方面に進む。所々、道標あり。
暫く舗装道路を登って行く。振り返ると強羅の町並みから登山電車が小さく見える。
0959JST、登山口に至る。周囲からはわずかながら硫黄臭が漂う。
午前10時を廻るとやっと雲が切れて日差しが漏れてくる。
気分も晴れてペースも悪くなし。明るい広葉樹帯なのも幸い。
ただ急坂が続き、8Kg以上あるリュックの荷物が肩に食い込み、かなりきつい。
1112JST、大文字焼き広場到着。
急に視界が開け、眼下に強羅の市街が見下ろせる。
強羅駅から一直線にケーブルカーの線路が上に向かって延びている。
正面には早雲山と早雲地獄の爆裂火口。
その東に駒ケ岳。頂上にはロープーウェーの駅舎も覗える。
西のほうには金時山。
靄っているので富士山は見えず。
当初は此処で移動運用する考えだったが、日陰も見あたらなかったので、取り合えず尾根沿いまで登ってみることに。
笹野を抜け、暗い植林地帯沿いを緩やかに登って行く。
1130JST、大文字焼き場辺りから10分位で明るい尾根の道に出る。
午前中より更に視程は悪くなっていた。
往路で同行していた連れは、先に下山して眼下の見通し距離にある強羅公園へ行っているはず。
連絡用に持っていた特定小電力無線で呼びかけるとメリット5で繋がった。
1545JST、特小交信しつつ山を降りる。
宮城野橋まで戻ってきたのが1650JST。
ここから強羅駅まで登り返すのが結構しんどかった。
駅近くの宿にチェックインして本日の運用は終了。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:341人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ