また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1809856 全員に公開 フリークライミング 近畿

岩登りB・小赤壁

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車

コースタイム [注]

9:35集合→小赤壁駐車場→公園近くの岩場2本→11:30(雨宿り)12:10公園にて昼食→12:30から海岸に降りて4本→16:30下山
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

感想/記録

海岸でのクライミングは初めてで、想像もできずの参加でしたが、素晴らしい経験ができました。
前日は雨天、当日の天気予報は降水確率10%晴れマークで、濡れている岩は風で乾くかな〜 なんて呑気に思っていたのですが、公園近くの岩場を登っている途中でザーザーと雨が降ってしまいました。
とりあえず公園まで戻り、雨宿りしてちょっと早い昼食を取ることになりました。
「降水確率10%に当たったね」と小さな雲の流れを確認しながら昼食。こんなときはいつも機転が利く女性メンバー! 「雨も止んできたし、とりあえず海岸へ降りてみたらいい」との言葉で、海岸で出てみました。なんと綺麗な景色でしょう! 天気も良くなってきて海岸でクライミングが始まりました。
山との違いは地面が岩になっている、風の影響が強い、岩質が違う、陽射しが強いことなどです。ビレイする位置もビレイヤーもより注意が必要だと思いました。後ろを向くと海が広がっていて、波の音、海風の匂い……、素敵なこと以上に、クライミングは危険との隣り合わせと改めて実感致しました。
まだまだ知識、技術が足りないと思い知らされながら海の見える電車に乗り、ちょっとした旅行気分で家路に着きました。(FUJ)

感想/記録
by iy1949

小赤壁公園近くの岩を登っているときに雨が降り東屋に退散する。しばらく待つが止みそうにないので昼食にする。そのうち雹も降ってきた。乾くのを期待して海岸の岩場に移動する。
ちょっと湿っているがトップロープを交えて登っているうちに完璧に乾いてきた。時々雨模様の天気だったが他にも10数人のグループがいて狭い岩場が大盛況だった。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:525人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ