また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828697 全員に公開 山滑走栗駒・早池峰

須川岳(栗駒山) 〜秣岳モン・サン=ミシェルの春〜

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 西よりの風 風力1
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
0分
合計
4時間6分
Sスタート地点09:4113:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

萩荘から、須川岳(栗駒山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萩荘から、須川岳(栗駒山)
4
真湯のキクザキイチゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真湯のキクザキイチゲ
4
須川高原は、イワツバメの乱舞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須川高原は、イワツバメの乱舞
2
今日のミッションは、あそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のミッションは、あそこ
1
雪庇の上には乗らないよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の上には乗らないよう
1
次の画像は、閲覧注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の画像は、閲覧注意
山越え谷越え、2時間ほどで着きました。ちょっぴり鳥海山も入れてみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山越え谷越え、2時間ほどで着きました。ちょっぴり鳥海山も入れてみる
モン・サン=ミシェルという愛称が、定着してきたようですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モン・サン=ミシェルという愛称が、定着してきたようですね
3
アオモリトドマツ(オオシラビソ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオモリトドマツ(オオシラビソ)
何故、ここで生き延びているのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故、ここで生き延びているのだろうか?
1
剣岳ツインピークス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳ツインピークス
1
鳥海山が近く見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山が近く見えます
7
小又山(たしか明日、山開き)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小又山(たしか明日、山開き)
3
虎毛山(登山道崩落のため通行止めのようです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎毛山(登山道崩落のため通行止めのようです)
3
西栗駒は、眺めが良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西栗駒は、眺めが良い
良い山がそろっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い山がそろっている
2
宮城県側は、いつも霞む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城県側は、いつも霞む
1
スキーを立てておいて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを立てておいて
1
シュプールがくっきり。
上手くなったような気が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールがくっきり。
上手くなったような気が・・・
サシバのように見えますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サシバのように見えますが
焼石連峰と須川温泉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼石連峰と須川温泉
2
山歩きでは、回進堂の岩屋堂羊羹のぎっしりコンパクトに限る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山歩きでは、回進堂の岩屋堂羊羹のぎっしりコンパクトに限る
3
やはり雪庇だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり雪庇だった
2
下山後、ゲート閉鎖まで時間があったので、再びお散歩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、ゲート閉鎖まで時間があったので、再びお散歩
大薊山方面の雪庇の上は怖いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大薊山方面の雪庇の上は怖いです

感想/記録

シール登山で、秣岳のモン・サン=ミシェルへ。
栗駒らしからぬ、アオモリトドマツ(オオシラビ)群落があるので、とても注目しているスポットです。
須川高原の地形は複雑なので、山越え、谷越え、雪を繋いで、雪庇をかわして2時間ほどで天馬尾根へ到達。
積雪が多いので歩きやすいですが、雪面は結構汚れています。
360度の大パノラマを堪能して、大斜面を滑降。
出来るだけ上り返しが無いように、コンター沿いにルートを選びながら滑りました。
須川温泉はどちらも混雑しているようなので、また次の機会に(着替えとバスタオル忘れたし。)
さて、明日は如何に?
訪問者数:111人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ