また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1837357 全員に公開 ハイキング近畿

第4回 拝啓 加藤文太郎 兵庫縦断176kスピードハイク

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー
 von
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス
スタート地点(浜坂)へはバスで移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

GPSが途中で動かなくなり、ログは手書きです(涙)
コースタイム23:27
その他周辺情報前日はリピート山中さんライブの後、松の湯にて前夜祭+前泊でした

写真

バス移動の休憩で令和補給
2019年05月02日 10:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス移動の休憩で令和補給
1
渋滞で浜坂駅到着1時間遅れ
2019年05月02日 13:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞で浜坂駅到着1時間遅れ
お目当ての渡辺水産に向かうも
2019年05月02日 13:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての渡辺水産に向かうも
満席だったのでビーチで昼食
2019年05月02日 13:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満席だったのでビーチで昼食
浜坂温泉の源泉
あつっ!
2019年05月02日 14:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浜坂温泉の源泉
あつっ!
良い雰囲気の通りです
2019年05月02日 14:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気の通りです
1
桜から新緑へ
2019年05月02日 15:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜から新緑へ
図書館到着
2019年05月02日 15:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
図書館到着
リピート山中さんライブに参加
2019年05月02日 15:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リピート山中さんライブに参加
の前に、カトブンの説明
2019年05月02日 15:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
の前に、カトブンの説明
ヨロレイヒー
2019年05月02日 15:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨロレイヒー
大盛況
2019年05月02日 16:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大盛況
展示室も見学
2019年05月02日 17:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展示室も見学
改良を重ねた登山道具の数々
2019年05月02日 17:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改良を重ねた登山道具の数々
1
前夜祭&お宿
2019年05月02日 17:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜祭&お宿
渡邊水産の仕出し弁当
豪華です
2019年05月02日 18:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡邊水産の仕出し弁当
豪華です
1
再びヨロレイヒー
2019年05月02日 18:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びヨロレイヒー
1
高級酒の差し入れ
少しいただきぐっすり寝ます
2019年05月02日 20:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高級酒の差し入れ
少しいただきぐっすり寝ます
1
当日朝も快晴
2019年05月03日 09:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当日朝も快晴
2
ハタハタの煮つけでパワーチャージ
2019年05月03日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハタハタの煮つけでパワーチャージ
1
参加証は小魚と甘納豆
さすがカトブン!
2019年05月03日 12:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参加証は小魚と甘納豆
さすがカトブン!
1
続々と選手到着
2019年05月03日 12:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々と選手到着
総勢71名のチャレンジャー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
総勢71名のチャレンジャー
1
いざ、孤高の旅へ
2019年05月03日 12:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、孤高の旅へ
エイドで出迎え
2019年05月03日 13:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイドで出迎え
2
キツイところにエイドがあり助かりました
2019年05月03日 14:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツイところにエイドがあり助かりました
暑いので頭からシャワーをかけてもらいます
2019年05月03日 16:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いので頭からシャワーをかけてもらいます
1
一気に寒くなり、温かいラーメンが有り難かった
2019年05月03日 21:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に寒くなり、温かいラーメンが有り難かった
寒いのになぜか欲しくなる
2019年05月03日 22:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いのになぜか欲しくなる
CP3生野
ミックスサンドと午後ティーでセレブなひと時
2019年05月03日 23:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CP3生野
ミックスサンドと午後ティーでセレブなひと時
1
CP4福崎
スープパスタと麦茶でイタリアンなひと時
2019年05月04日 02:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CP4福崎
スープパスタと麦茶でイタリアンなひと時
1
夜が明けてきました
2019年05月04日 04:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきました
2
CP5三木小野
おにぎりとみそ汁で和のひと時
2019年05月04日 06:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CP5三木小野
おにぎりとみそ汁で和のひと時
1
CP6高取神社
神戸が見えた
2019年05月04日 11:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CP6高取神社
神戸が見えた
そして念願のゴール
2019年05月04日 13:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして念願のゴール
3
撮影機材:

感想/記録
by von

加藤文太郎を足跡を巡る176kmの旅を無事完走しました!
それでは、旅のレポートをお届けします。


UTMFから一週間、微熱が残り、体もダルい。
足は動くが、カカトの傷も癒えず、心身ともにダメージが結構残ってたので、正直不参加も考えた。

リピート山中さんのライブから前夜祭、宿泊をして当日に挑む「フルコースを満喫プラン」を計画していた自分を恨みつつ、

どんな体調でも当日にピークをもっていくのが大人の遊びだ!

と、言い聞かせ、前日のバスに乗り込んだ。

バスの中では気を失ったように眠り、気が付くと氷上SAで一時間遅れの休憩だとアナウンスされる。食欲もさほどないが、お餅を食べれば元気になるかも。と、柏餅と牛乳を食し、再び爆睡。

浜坂駅に到着すると、選手らしき方々もちらほら。本来なら声かけるところだが、ひとりになりたくて海に向かう。
新温泉長は仕事でも訪れるので、海の近くにある渡辺水産の定食がお得で美味いことは織り込み済み。だが、今日はGW真っただ中、多少の混雑は予想していたが、既にお得定食は売り切れ。
仕方ないので、お土産用の海鮮ちらし寿司を買って海岸へ。海を眺めながら気分を上げようとしていた矢先に、トンビが頭の上を旋回し始める。死んだ魚には手を出すな!心の中で叫びながら、ゆっくり食べたかったのに一気にかっこむ。気分も上がらない。トンビめっ!活きた魚を狙え!

トンビとの戦い?を終え、スーパーに買い出しに行く。とにかく時間を持て余すので、走るまでのレポートが長くなるのは当然だと諦めてください。
スーパーで品定めをして、明日の朝食を物色したら、いよいよリピート山中ライブが行われる加藤文太郎記念図書館へ(物色だけして、なんも買えへんのかいっ!)。

既に結構な人だかりで、ご老人が目立つ。端っこにこっそり座ろうと、最後列の席を探していたら、選手らしき人から、「はじめまして。初参加なのでよろしくお願いします。」と声をかけられた。
「私も初参加です。こちらこそよろしくお願いします」176k走ろうと意思のある(変態)ランナー同士の近況情報交換は独特の雰囲気で回りに聞かれないか少し気になったが、周りのご老人方は気にも留めていないようだ(聞こえてない?)

リピート山中さんは「ヨーデル食べ放題」が代表曲で、「山の歌」を歌う人だというのは知っていたが、さすがプロのシンガーで、加藤文太郎を歌った「孤高の人」を聞くと心にジン...ときた。
一曲終わるごとにオーディエンスは盛り上がり、浜坂の人は海も山も好きなんだな、と、気分もほっこりし、徐々に心が軽くなっていった。

ライブが終わり、前夜祭兼、宿泊場所の「松の湯」へ移動。選手を見分けるのがこんなにも容易な集団はないのでは。というくらいやる気にみなぎる選手たちでにぎわっちる。初参加の方も多く、皆さん(変態話)で盛り上がる。
前夜祭のお弁当は超豪華(後で聞いたが、渡辺水産の仕出しらしい)。明日走るというのに皆さん飲む飲む。私も、乾杯とともに、UTMF前後で一か月ぶりくらいのビールをグイっと一杯。いつもの調子で吸い込めないので、アルコールタイム修了。お弁当をモグモグしていると、ここで伝説のお酒「文太郎」の差し入れが登場!めっちゃ高いやつやん。飲んどかな損やろ。と文太郎に食らいつき、コップ一杯飲み干すと、いつもは食欲リミッターがアルコールでマヒされて食べすぎるのだが、満腹中枢が刺激されお腹いっぱいになった。やはり本調子ではない。

早よ寝て明日に備えようと、大広間で寝床を確保するが、部屋の半分は大宴会。前夜祭からフルコースで楽しむというのは、大宴会で盛り上がり、176kmを48時間かけて「楽しみつくす」という遊び方やな。と少し羨ましくなったが、私の楽しみ方は、まず明日無事にスタートすること。から始まるので、宴会に惹かれつつ気を失ったように眠った。

そして当日、快晴の中いよいよスタート。

ゆっくりペースにあわせながら気持ちよく距離を重ねていく。カカトのテーピングも効いていて、痛みは全く感じない。これならいける。と、上り坂のタイミングで自然とペースが上がってしまった。快晴の中、途端に汗が吹き出し、脱水状態でペースダウン。村岡の道の駅エイドでは水をかぶって復活。再びペースアップ。とにかく体の動くがままに走った結果、結局ばててしまっていた。毎度のことながら一定のペースが保てない自分が情けない。
夕方から夜になり、走りやすい気温になると少しペースが上がってきた。UTMFでは胃腸を壊さないようにサプリを大量に摂取していたが、今回は全くとらず、しっかりと食べくことを心掛けた。結果、エイドでも楽しく美味しくいただきながら、コンビニでも好きなものをモグモグしまくり、胃腸も絶好調で、食べる、出す。の回転率もよかった。
失敗したのは生野から福崎までの区間で、コンビニでの時間ロスを気にしてパスした結果、ハンガーノック状態で走れなくなった。休憩は「短く、早く」を繰り返すことだと改めて反省。

何にもない一本道を一人で黙々と走っていると、頭の中をぐるぐるヘビーローテーションする音楽や歌詞がある。今回の旅は当然、リピート山中さんが歌う「孤高の人」。加藤文太郎、あなたの名前を何度繰り返しただろう。

そして、ひたすら何もない道を進む。足は既に限界を超えている、何故走るのか。何故だか分からない。何のために走っているのか、何も考えたくない。とにかく前に、前に進むだけ。


  自分には 自分に与えられた道がある。
  天与の尊い道がある。

  どんな道かは知らないが、
  他の人には歩めない。
  自分だけしか歩めない、
  二度と歩めぬかけがえのないこの道。

  広いときもある。狭いときもある。
  のぼりもあれば、くだりもある。

  坦々としたときもあれば、
  かきわけかきわけ汗するときもある。

  この道が果たしてよいのか悪いのか、
  思案にあまるときもあろう。
  なぐさめを求めたくなるときもあろう。

  しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
  あきらめろと言うのではない。

  いま立っているこの道、
  いま歩んでいるこの道、
  とにかくこの道を休まず歩むことである。

  自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
  自分だけに与えられている
  かけがえのないこの道ではないか。

  他人の道に心を奪われ、
  思案にくれて立ちすくんでいても、
  道は少しもひらけない。

  道をひらくためには、
  まず歩まねばならぬ。
  心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

  それがたとえ遠い道のように思えても、
  休まず歩む姿からは
  必ず新たな道がひらけてくる。
  深い喜びも生まれてくる。
    (松下幸之助 著書より)


加藤文太郎、あなたの名前を何度も何度も繰り返し、苦しみながら到達した先には、あなたが眺めた高取山からの景色、あなたが暮らした和田岬のゴールへの吸い込まれていきました。

176劼領垢終わった。自然と涙があふれてきた。今回は本当に無理だと思った。でもやり切った。それは、このような道を与えてくれた主催者のおかげあり、応援してくれるエイドスタッフの方のおかげであり、サポートしてくれた仲間のおかげであり、今ここに生きている自分を育ててくれた家族のおかげだと改めて気づいたことに対する感謝の涙なのだろう。新しい自分に出会った感動の涙なのだろう。

来年は和田岬から浜坂へ。
行くかどうかはしばらく考えます。
訪問者数:85人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/9/3
投稿数: 155
2019/5/16 15:00
 感動しました
vonさん、はじめまして。
今回だけでなく、数々の輝かしい完走おめでとうございます。
拍手だけでは通り過ぎれなくて。
vonさんの報告を読みながら、松下幸之助さんの言葉を読みながら涙が出てきました。
私もまた挑戦してみたいことがあり、踏み出す力をいただきました。
ありがとうございます(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ