また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1846092 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

日尾御前   神秘な秘境の山  富山県富山市八尾町大長谷

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富山市八尾町の街並みを南方向に抜け、八尾町八十島地内において三差路を右折して国道471号線、国道472号線を富山市八尾町大長谷地内方向に進みます。
大長谷地内の「内名」集落内に左に「日尾御前自然環境保全地域」なる看板があり、国道からここを左折して、集落内に入ります。
この道を道なりに更に進むと、国道に戻ります。
国道のこの看板から左折して100m位入って右にカーブした左の民家(今は空き家)の脇に左に入る山道があります。
この角に、以前トタン板が落ちていたので拾って見ると、日尾御前の看板でしたので、見えるように角に置いておきました。今もありました。
ここから入りますが、車の止める場所がないので、今回も、この近くの近所の家の人に言って家屋の空き地に車を止めさせてもらいました。
帰って来た時も、一声かけお礼を言いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間53分
合計
6時間9分
S八尾町内名(大長谷)集落の登山口スタート地点09:0609:52岩の穴10:30昔神事が行われた広場?10:36尾根に入る11:44日尾御前12:5214:00途中竹やぶに入る14:4515:15八尾町内名(大長谷)集落の登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨年、山頂に着いたのかどうか不安だったので、今回も、ノコギリ持参し、前回きた神事が行われたと思われる奇木がある広場から、尾根に上がり切り開きながら山頂方向を進んだところ、以前切り開いた道らしい跡が残っており、道もなんとなく見えました。
山頂方向を見ながら今回は3人で切り開きながら登頂を試みました。
ヤマレコの軌道の地図と以前来た場所と一致、そして誰かが付けたか赤テープがあり、前回行ったところも、今回もここが「日尾御前の山頂」と分かりました。
コース状況/
危険箇所等
2ヶ所ほど、崩落している箇所がありますが、ロープが張ってあり渡れますが、登山道の入り口に「崩落により入山禁止  区長」との警告板がありました。でも、近所の人に、一言言って入りました。

あまり知られてない山なのでしょうか、地元の方の山菜取りに利用している道らしく、なんとなく道が見えます。
何回かの沢の横切りや、登山道が崖落ちてロープの貼ってあるところや、崖の痩せた道があります。
なんとなく、道なりに進みますと杉林か見えてきたら、昔の遊歩道の跡の地面に打ち込んである鉄棒を探しながら歩くと、奇怪な岩や木がある広場で昔、神事が行われたと思われる広場らしきに出ます。
この広場に至る道の鉄棒に下山の際、躓かないように進んでください。
その他周辺情報登山口から国道に戻り、更に山側といいますか、南側の21世紀の森方向に5〜6分車で行きますと、左に「大長谷温泉」があります。料金460円です。
今回は、帰路中の八尾「ゆうゆう館」で汗を流しました。料金610円です。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

日尾御前の登山道入口です
右側に「崩落につき入山禁止  区長」の警告看板がありました
2019年05月12日 09:06撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日尾御前の登山道入口です
右側に「崩落につき入山禁止  区長」の警告看板がありました
途中に岩の隙間の穴に「木の説明看板」が数枚砂に埋もれてありました
2019年05月12日 09:52撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に岩の隙間の穴に「木の説明看板」が数枚砂に埋もれてありました
巨石を抱いた巨木
この辺りで昔神事が行われていたようです
2019年05月12日 10:36撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨石を抱いた巨木
この辺りで昔神事が行われていたようです
この辺りの広場(ちょっと狭い広場だが)には、巨石を抱いた巨木が沢山あります
2019年05月12日 13:34撮影 by EX-Z100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの広場(ちょっと狭い広場だが)には、巨石を抱いた巨木が沢山あります
神事が行われていた広場?
2019年05月12日 10:36撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神事が行われていた広場?
急な尾根をノコギリを使って切り開いていきました
2019年05月12日 10:54撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な尾根をノコギリを使って切り開いていきました
途中の尾根に巨木が沢山
2019年05月12日 11:00撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の尾根に巨木が沢山
1
日尾御前の山頂
ヤマレコの地図の示す地点と以前来た場所と一緒であり、かつ、赤テープはあり「日尾御前山頂」と認定
三年目でやっと確認できた
2019年05月12日 11:51撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日尾御前の山頂
ヤマレコの地図の示す地点と以前来た場所と一緒であり、かつ、赤テープはあり「日尾御前山頂」と認定
三年目でやっと確認できた
1
下山途中
巨木と記念撮影の撮影を撮影しました
面白くなかったですね
2019年05月12日 13:11撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中
巨木と記念撮影の撮影を撮影しました
面白くなかったですね
3
私も巨木と記念撮影
もっと後ろに下がって明るい所で写せ
出来ません下がったら、崖から真っすぐ下に行く近道になります
2019年05月12日 13:14撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も巨木と記念撮影
もっと後ろに下がって明るい所で写せ
出来ません下がったら、崖から真っすぐ下に行く近道になります
2
こんな岩の上に巨木が沢山
2019年05月12日 13:12撮影 by F-03K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩の上に巨木が沢山

感想/記録
by ja9eoq

国土地理院の地図には、山名の記載はないものの標高1054mの記載があり、地元の地図には「日尾御前」の記載があり、神秘の神事が行われていたと伝えられている山を3年目にして、この「日尾御前」に登頂でき感激です。(ヤマレコの軌道地図等で確認)
後から続く人にも登りやすいようにと勝手に(すみません)目障りの木々を今度は丁寧に再度片付けてきました。
ただ、長い尾根は急登なので登り良いですが、下りは注意が必要ですので、次回余裕があれば、ロープを取り付けたいです。(今回ロープ持っていくのを朝まで覚えていたのですが、結果的に忘れました)
皆さん、登って道を踏み固めてください。
前回は、この尾根にはたくさんの綺麗なシャクナゲが咲き誇っていましたが、(本当にうっとりするくらいです)
今回はまだ早かったようですし、谷の方に残雪もあり、花が咲くのはもう少し先かな。(つぼみもほとんどありませんでしたが、2〜3本ひっそりと咲いてる程度でした)

ヤマップやヤマケイにも登載します
訪問者数:109人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ