また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1849691 全員に公開 ハイキング関東

江戸六地蔵詣で1(日本橋→五番霊巌寺)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候曇り(25/11)
アクセス
利用交通機関
★行き
自宅から徒歩

★帰り
自宅まで徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
S日本橋10:2015:50霊厳寺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

かつての箱崎川沿いを歩きます。右側が村尾嘉稜が仕えていた清水家の屋敷跡。
2019年05月03日 10:19撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつての箱崎川沿いを歩きます。右側が村尾嘉稜が仕えていた清水家の屋敷跡。
1
日本橋川に突き当たる手前。この辺りが行徳河岸でした。
2019年05月03日 10:28撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本橋川に突き当たる手前。この辺りが行徳河岸でした。
行徳河岸の説明板。
2019年05月03日 10:28撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行徳河岸の説明板。
日本橋川に沿って歩き、大川(隅田川)に突き当たるところ。かつてはこの先に永代橋が架かっていました。
2019年05月03日 10:53撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本橋川に沿って歩き、大川(隅田川)に突き当たるところ。かつてはこの先に永代橋が架かっていました。
1
現在の永代橋は日本橋川の向こうに架かっているので、豊海橋で日本橋川を渡ります。
2019年05月03日 10:54撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在の永代橋は日本橋川の向こうに架かっているので、豊海橋で日本橋川を渡ります。
永代橋。隅田川に架かる多くの橋が改修中。東京五輪に向けてですかね。
2019年05月03日 10:56撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永代橋。隅田川に架かる多くの橋が改修中。東京五輪に向けてですかね。
1
大川(隅田川)。
2019年05月03日 10:59撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川(隅田川)。
富岡八幡にお参り。
2019年05月03日 11:38撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富岡八幡にお参り。
歴代の巨人力士たちの手形。
2019年05月03日 11:50撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴代の巨人力士たちの手形。
1
江戸六地蔵六番の永代寺。かつては広大な寺でした。
2019年05月03日 12:04撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸六地蔵六番の永代寺。かつては広大な寺でした。
お昼は蕎麦!
2019年05月03日 12:36撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼は蕎麦!
海辺橋で仙台堀を渡ります。
2019年05月03日 13:25撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海辺橋で仙台堀を渡ります。
江戸六地蔵五番、霊巌寺。白河藩主で、寛政の改革を行った松平楽翁公(定信)のお墓もあります。
2019年05月03日 13:38撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸六地蔵五番、霊巌寺。白河藩主で、寛政の改革を行った松平楽翁公(定信)のお墓もあります。
1
霊巌寺の六地蔵。東京都指定有形文化財です。
2019年05月03日 13:39撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊巌寺の六地蔵。東京都指定有形文化財です。
1
深川江戸資料館。深川佐賀町の町が再現されています。
2019年05月03日 13:53撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深川江戸資料館。深川佐賀町の町が再現されています。
1
清住庭園。紀伊国屋文左衛門の屋敷跡とも言われ、江戸中期以降は関宿藩久世家の下屋敷。明治以降、岩崎家が造園を進め、今の庭園ができあがりました。
2019年05月03日 15:51撮影 by SHV39, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清住庭園。紀伊国屋文左衛門の屋敷跡とも言われ、江戸中期以降は関宿藩久世家の下屋敷。明治以降、岩崎家が造園を進め、今の庭園ができあがりました。
1

感想/記録

 GW10連休半ば過ぎの5月3日、長女が家からすぐ近くの清澄庭園に行きたいと言うので、せっかくだからと娘ふたりと一緒に、江戸六地蔵詣での道を歩いて清澄庭園に向かうことにしました(六阿弥陀詣でが終わってないのに……)。

 江戸六地蔵は江戸の出入口6カ所に造立された銅製の大きな地蔵菩薩像。街道ウォーカーには、東海道の品川寺(一番)や、中山道の真性寺(四番)、甲州道中の太宗寺(三番)などでおなじみですね。

 数日前に引っ越したばかりの日本橋浜町の自宅が、村尾嘉稜が仕えていた清水家の屋敷跡に近いこともあり、嘉稜の『江戸近郊道しるべ』のルートを辿りました。

 永代橋で大川(隅田川)を渡ると、門前仲町を通ってまずは富岡八幡にお参り。
 続いて少し戻って深川不動堂の参道沿いにある永代寺にお参り。かつてはここに江戸六地蔵六番がありました。永代寺はもともと広大な寺でしたが(門前仲町はこの寺の門前町)、明治初期に廃仏棄釈のあおりで廃寺となり六地蔵も消失。その後寺は復興されるも地蔵は戻らず。

 蕎麦屋での昼食をはさんで、現在の清澄通りを通って江戸六地蔵五番、霊巌寺にお参り。寛政の改革を行った白河藩主松平楽翁公(定信)のお墓もあります。

 江戸時代の深川佐賀町の町並みが再現され、展示物に自由に触れる夢のような深川江戸資料館をしばらく見学し、清澄庭園へ。ここを今回のゴールとしました。
 距離にすると6キロちょいですが、六地蔵のうち六番と五番に詣でることができました。

 次に訪れるのは奥州道中(日光道中)沿いの東禅寺(二番)で、観音様の裏手、吉原に近い辺りになりますので、結構歩きます。
訪問者数:16人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ