また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1858418 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

大山〜天丸山 天丸橋から周回 大山北尾根コース→馬道

日程 2019年05月19日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間41分
合計
7時間56分
S天丸橋登山口08:3410:35大山11:1511:41倉門山11:5012:14天丸山13:0314:28馬道のコル15:44社壇乗越15:4615:51社壇の頭16:28天丸橋登山口16:2916:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大山北尾根は 山と高原地図では波線ルート... テープあるという情報だったが 殆どなし、GPS 地図を使い踏み跡を辿る... 沢コースより難易度低いらしいということだったが なかなか難しいルート
天丸山直下の岩場は 思っていたより難度が高かった。
特に残置ロープを信用しても大丈夫なのかの判断が難しく 登りはロープは補助的でもなんとかなるが 下りは所々ガッツリ使用したい。持参した補助ロープを使用した。なくても大丈夫だとは思うが 気持ち的にとても楽になった。落石あるので ヘルメット持参した方がより安全
その他周辺情報道の駅上野は新しくて綺麗。
トイレはひと月前にできたばかりらしく ウォシュレットも完備( ‐ω‐)b綺麗なトイレって 自分でもキレイに使わなくちゃって気持ちになるよね〜
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック ヘルメット
共同装備 ツェルト 補助ロープ

写真

容量超えちゃって 画像が 2枚しか登録できない...
アカヤシオ...まだ残っていてくれました
(*´ω`*)
2019年05月19日 11:54撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
容量超えちゃって 画像が 2枚しか登録できない...
アカヤシオ...まだ残っていてくれました
(*´ω`*)
1
天丸山山頂( ‐ω‐)b
2019年05月19日 12:35撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天丸山山頂( ‐ω‐)b

感想/記録

久しぶりの西上州...
友人のレコを見てここにしようと決めたが
さて 大山まで沢コースを歩こうか 尾根コースを歩こうか... 迷ったけれど できるだけ同じルートを歩きたくないと 尾根コースを 計画段階で選択。
しかし 入口がわからなかったら 素直に沢コースを歩こうということにしました。
幸いなんとか 薄い踏み跡を見つけ 地図とGPS 皆の知恵で 無事大山へ到着。テープ豊富だという情報は 全くあてになりませんでしたが 皆で 考えながら歩くのは なかなか面白かったです。独りは絶対ヤダけどね〜(;゜∇゜)
それに アカヤシオが結構残っていてくれて 急登のなかでも ホッとできるのがよかった..(´>ω<`)
天丸山の最後の岩場は...登ったはいいが 下りど〜しよぉ〜と 若干不安になりました。残置ローブは果たして信用できるものなのか...トラロープはちょっと使えない... てな訳で Iさんが持ってきてくれた 補助ロープを使用して 時間かけて ゆっくり下りました。
その後は馬道を てくてく下山。途中新緑や苔の森に癒されながら 天丸橋駐車場まで戻りました。久しぶりの西上州...とても楽しいお山となりました。

最後に 天丸山山頂手前の岩場登りで 順番を待っている間 上から『ラク』の声...石がこちらへ向かって落ちてくるのが見えたけど 落ちてきながら方向をあちこちに変え どの方向に逃げたらいいか あたふたしている間に 私と仲間の間をすり抜けた時は ホントにΣ(ll゜Д゜ll)ゾーでした。直ぐに安全な場所へ行って持参したヘルメットを被りました。自分の登りの時はもちろんだけど 下りの時は さらに神経を使って 落石を起こさないよう気をつけました。
ホント 怖かった〜(´・ω・`)
下から見てた時は ヘルメット被らなくても 大丈夫かなぁ〜と思っていましたが やはり行ったことがない岩場では 上がどんな状況かわからないので 最初から被っているのがいいんだなぁと反省しました(;゜∇゜)
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ