また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2127738 全員に公開 雪山ハイキング 札幌近郊

先週に引き続き空沼岳リトライ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月30日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス
バス
地下鉄真駒内駅より空沼二股行き(真101 空沼線)を利用
所要時間は20分程度
真駒内発  7:15、8:10 (左2便は元日運休)
空沼二股発 14:00、16:15、18:40 (18:40は12/31〜1/3運休)
下山時間帯によっては、芸術の森方面まで歩くのもあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
56分
合計
7時間57分
S空沼二股BS07:3908:11入林届小屋08:1209:22空沼小屋09:2509:26万計山荘09:3910:15真簾沼10:1911:13空沼岳11:3212:30真簾沼12:3213:00万計山荘13:1413:14空沼小屋14:07空沼岳登山口14:47日鉄鉱業(株)常盤採石所15:03空沼二股BS15:18国道453号線から採石所への分岐道15:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
EK度数:
行き 20.5+20% (10.5km、1.0km、0.0km、0〜足首)
帰り 16.5+10% (15km、0.0km、1.1km、足首〜0)
( )は左から行動距離、累積↑、累積↓、積雪状態で、累積↑↓は等高線読みの概算
EK度数=距離[km]+(累積↑[km]×10)+(累積↓[km]×5)
+○%は積雪状態を考慮した割増
EK度数を自身の脚力で割ればおおよその行動時間
脚力は夏道で距離1km or 上り100m or 下り200mを1とした1時間あたりの行動量、
標準は4程度。 
コース状況/
危険箇所等
山行日前週の暖気で前半部分がつるつるになっている箇所あり。
万計沼から先は雪が締まって歩きやすくなったものの、冬ルートを使うには積雪不足。
新雪は山頂付近で10〜20cm程度
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン(中綿入り) グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具(下) ゲイター マフラー 毛帽子 ザック スノーシュー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 保険証 携帯 サングラス ストック カメラ

写真

登山口(記帳場)近く。道が凍っていて非常に危険。
2019年11月30日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(記帳場)近く。道が凍っていて非常に危険。
雪はさほど増えていません。
水溜りが凍ったところはつるつるです。
2019年11月30日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はさほど増えていません。
水溜りが凍ったところはつるつるです。
先週よりは多少楽に進めます。
2019年11月30日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週よりは多少楽に進めます。
行程は先週とまったく同じなので、写真タイムもなく進みます。
2019年11月30日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行程は先週とまったく同じなので、写真タイムもなく進みます。
1
後半に入り冬ルートの方角はこのような状況。
さらに積雪が必要です。
2019年11月30日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半に入り冬ルートの方角はこのような状況。
さらに積雪が必要です。
先週のトレースが残る夏道へ。
2019年11月30日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週のトレースが残る夏道へ。
真簾沼。天候も先週と似たようなレベル。
2019年11月30日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼。天候も先週と似たようなレベル。
ダケカンバに雪がつき始め、山頂近くは霧氷の予感。
2019年11月30日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバに雪がつき始め、山頂近くは霧氷の予感。
雪をこぐこともほとんどなく、先週よりも1時間早くここまで到達。時間はたっぷりあります。
2019年11月30日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をこぐこともほとんどなく、先週よりも1時間早くここまで到達。時間はたっぷりあります。
夏道からはずれ、急勾配を強引に抜けます。
2019年11月30日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道からはずれ、急勾配を強引に抜けます。
もうちょっと東に進めば縦走路分岐が見えるはず。
2019年11月30日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと東に進めば縦走路分岐が見えるはず。
札幌岳縦走路の分岐。べったり氷がついています。
2019年11月30日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳縦走路の分岐。べったり氷がついています。
3
山頂に到着。風は強いですが、しばらく天候待ち。
2019年11月30日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。風は強いですが、しばらく天候待ち。
10
漁岳方面はぼやっと黄色っぽい
2019年11月30日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳方面はぼやっと黄色っぽい
2
狭薄山方面も雲で残念。
2019年11月30日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭薄山方面も雲で残念。
2
西側に一瞬明かりが差し込むのを見て、下山開始。
雲の切れ間をかろうじて確保。
2019年11月30日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側に一瞬明かりが差し込むのを見て、下山開始。
雲の切れ間をかろうじて確保。
9
先ほども撮った、縦走路分岐にある大きなダケカンバ。
以降しばらく適当にうろつきましたが、青空はまたの機会に。
2019年11月30日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほども撮った、縦走路分岐にある大きなダケカンバ。
以降しばらく適当にうろつきましたが、青空はまたの機会に。
5
あとは、淡々と下ります。
2019年11月30日 13:54撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは、淡々と下ります。
1
たっぷり時間を残して下山。水周りで被写体探し。
2019年11月30日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たっぷり時間を残して下山。水周りで被写体探し。
補修された橋から見えたヒレンジャクの群れ。キレンジャクも少数紛れて、ヤドリギの実を狙っていたようです。
2019年11月30日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
補修された橋から見えたヒレンジャクの群れ。キレンジャクも少数紛れて、ヤドリギの実を狙っていたようです。
10
撮影機材:

感想/記録

先週時間切れで終了となった空沼岳にもう1度行ってきました。
今回はスノーシューを持ち込み完全に冬装備です。
雪は先週からあまり増えておらず、暖気でも融けずに残った雪が固まっていて、
前半は凍結面に注意するくらい、後半は歩きやすかったです。
スノーシューを使った後半は、万計沼〜山頂近くまで夏道ベースで、
稜線に出るところは、夏道から外れ少々遊びました。
山頂付近は霧氷が成長していましたが、天候が残念でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:324人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ