また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2171706 全員に公開 ハイキング 関東

坂東札所3日目二宮〜5番飯泉観音〜秦野

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
車回収が不便だし、往復も電車の方が速い。上野東京ライン二宮下車。帰りは秦野から小田急で新宿に。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
20分
合計
5時間33分
Sスタート地点12:0412:25押切橋12:50国府津駅13:42勝福寺13:5915:11六本松峠15:1215:58五所宮(二宮駅行、国府津駅行)15:5916:05久所16:21一本松峠16:2216:28坊主殺し跡16:57秦野中井インターチェンジ17:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
計画のコースはこれ
https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-949343.html
一部間違えたかも。藪にうんざりして迂回も。
コース状況/
危険箇所等
*街中は問題ない
*曽我丘陵の六本松から進んで二股を左に入ると激ヤブ。右へ行ったら方向が違うので藪を突破するしかない。
*住宅地を抜けた次の丘陵でも激ヤブ箇所があったが迂回路があるので退避した。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

二宮駅から東海道を進む。ここで1国から右に分岐
2020年01月05日 12:12撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二宮駅から東海道を進む。ここで1国から右に分岐
1
1国に戻ったあと500mほどで押切坂。分岐点に一里塚。
2020年01月05日 12:21撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1国に戻ったあと500mほどで押切坂。分岐点に一里塚。
親木橋を渡ったら旧巡礼道に入る
2020年01月05日 12:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親木橋を渡ったら旧巡礼道に入る
右側の道を行く
2020年01月05日 13:01撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の道を行く
工場、住宅の奥に真っ白な富士山
2020年01月05日 13:10撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工場、住宅の奥に真っ白な富士山
巡礼街道の石柱、新しいものだけどね。
2020年01月05日 13:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡礼街道の石柱、新しいものだけどね。
飯泉山勝福寺
2020年01月05日 13:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯泉山勝福寺
1
境内の大イチョウ
2020年01月05日 13:45撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内の大イチョウ
仁王様
2020年01月05日 13:45撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁王様
仁王門
2020年01月05日 13:46撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁王門
二宮金次郎
2020年01月05日 13:57撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二宮金次郎
船首が龍、船尾に十一面観音の来迎する姿の青銅手水鉢
2020年01月05日 13:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船首が龍、船尾に十一面観音の来迎する姿の青銅手水鉢
飯泉観音を後に、曽我丘陵に向かって進む。計画の地図(古文書と古地図で調べて歩いた人の記録)でへそのように北に出たところは、このお寺(春光院)の境内に入ったのだった。
2020年01月05日 14:17撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯泉観音を後に、曽我丘陵に向かって進む。計画の地図(古文書と古地図で調べて歩いた人の記録)でへそのように北に出たところは、このお寺(春光院)の境内に入ったのだった。
1
春光院の隣、「矢作道祖神祭礼」の幟がはためくけど、神社の名称未確認。「菊川天満宮」は道向かいに小さな社があってそちらだと思う。
2020年01月05日 14:19撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春光院の隣、「矢作道祖神祭礼」の幟がはためくけど、神社の名称未確認。「菊川天満宮」は道向かいに小さな社があってそちらだと思う。
ちょっと広い通りに出て、ここで左に分岐し少し先を右折。
2020年01月05日 14:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと広い通りに出て、ここで左に分岐し少し先を右折。
水路の手前に石碑、石仏群
2020年01月05日 14:42撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水路の手前に石碑、石仏群
右に曲がり、正面に曽我丘陵
2020年01月05日 14:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に曲がり、正面に曽我丘陵
陸橋の下はJRの車両基地
2020年01月05日 14:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陸橋の下はJRの車両基地
曽我丘陵の入り口
2020年01月05日 14:52撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽我丘陵の入り口
大山道の標識
2020年01月05日 14:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山道の標識
1
二宮尊徳遺髪塚
2020年01月05日 14:54撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二宮尊徳遺髪塚
1
小路をくねくねと登り丘陵の上に
2020年01月05日 14:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小路をくねくねと登り丘陵の上に
展望が開け、富士山が見える
2020年01月05日 15:00撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開け、富士山が見える
丘陵の上はミカン園が広がる
2020年01月05日 15:05撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丘陵の上はミカン園が広がる
六本松跡
2020年01月05日 15:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六本松跡
峠を越えると、相模湾の展望
2020年01月05日 15:12撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を越えると、相模湾の展望
しばらくはのどかな丘陵地の気持ち良い道
2020年01月05日 15:14撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはのどかな丘陵地の気持ち良い道
曽我十郎、虎御前の「忍石」との伝説
2020年01月05日 15:16撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽我十郎、虎御前の「忍石」との伝説
二岐の右は整備された舗装路だけど、左へ、怪しげな道に入る。
2020年01月05日 15:22撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二岐の右は整備された舗装路だけど、左へ、怪しげな道に入る。
ある程度幅のある道だったことはわかり、ふみ跡もあるが、激ヤブ
2020年01月05日 15:26撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度幅のある道だったことはわかり、ふみ跡もあるが、激ヤブ
やっと脱出
2020年01月05日 15:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと脱出
里に下り、しばらくは衣類にびっしり刺さったくっつき虫を取るのに必死だった。住宅街を抜け、この石碑群の向かいから
2020年01月05日 16:05撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里に下り、しばらくは衣類にびっしり刺さったくっつき虫を取るのに必死だった。住宅街を抜け、この石碑群の向かいから
次の丘陵に入る
2020年01月05日 16:05撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の丘陵に入る
この小路を進むのだけど
2020年01月05日 16:12撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小路を進むのだけど
最後の方はまたヤブなので、少し手前から迂回
2020年01月05日 16:16撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の方はまたヤブなので、少し手前から迂回
もう一度山道に入る。角に一本松跡と石の道標
2020年01月05日 16:22撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度山道に入る。角に一本松跡と石の道標
また荒れて激ヤブだったら困るな〜夕暮れも迫るし、迂回しようかと思ったら今度は普通に通行されている長閑な道
2020年01月05日 16:22撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また荒れて激ヤブだったら困るな〜夕暮れも迫るし、迂回しようかと思ったら今度は普通に通行されている長閑な道
丹沢の山々
2020年01月05日 16:29撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の山々
夕暮れの富士山
2020年01月05日 16:31撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの富士山
幹線道路に降りるあたり、中央に大山
2020年01月05日 16:33撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幹線道路に降りるあたり、中央に大山
県道71の横に旧道が残る
2020年01月05日 16:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道71の横に旧道が残る
県道71の向かい側に旧道の続き
2020年01月05日 17:04撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道71の向かい側に旧道の続き
石碑群
2020年01月05日 17:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑群
秦野駅前
すっかり暗くなってしまった
2020年01月05日 17:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野駅前
すっかり暗くなってしまった
1

感想/記録

*前回、金目から丘陵地帯を通って二宮へ行く道で地図通りには通行不能の所もあり、くねくねして方角もわかりにくくスマホも不調で、何回も現在地が不明になり、わけわからないまま何とか通り抜けた。リベンジしようと思ったが、ログと予定ルートを重ねたら、ほぼ正解だった。それなら、二宮から先へ進もう。
*交通機関の関係で距離が半端でもったいないけど、朝普通に起きて電車で二宮へ行ったらお昼になるので、半日にはちょうど良いかも。日が短いので秦野の街中に着くころは暗くなった。
*東海道の二宮〜国府津は何回も走っているし、退屈な区間だし省略しちゃおうかなとも思ったけど、この巡礼の線を繋げることにした。
*飯泉観音(勝福寺)は立派な仁王門、大イチョウ、珍しい形の手水鉢など見どころの多い寺だった。
*曽我丘陵の下り、激ヤブには参った〜。衣類、手袋、帽子にくっつき虫が刺さりまくり。脱出後〜住宅街を通り抜けるまで、びっしりついたくっつき虫を取るのに忙しかった。次の丘陵地でも1箇所藪があり、もううんざりなので迂回した。この激ヤブを通らず普通にハイキングコースを行くなら、のどかで気持ち良い丘陵だ。
*西国はだいぶ進んだけど、こっちは放置だった。この冬頑張って進みたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:172人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

道祖神 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ