また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211940 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

2年越しのリベンジをかけて金時山から明神ヶ岳へ

日程 2020年02月07日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
金時山は積雪はほとんどなく問題なし。
矢倉沢峠から明神ヶ岳方面は一部で凍結した積雪あり。
その他周辺情報登山口近辺に飲食店や温泉施設が複数あり

写真

矢倉沢峠から登り初めてすぐに大湧谷が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢倉沢峠から登り初めてすぐに大湧谷が見えてくる
薄明かりの尾根道に太陽が出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄明かりの尾根道に太陽が出てきました
金時山山頂直下には僅かに雪が残っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山山頂直下には僅かに雪が残っていました
中腹に雲が出ているけど山頂はバッチリ見えて2年越しのリベンジ達成!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中腹に雲が出ているけど山頂はバッチリ見えて2年越しのリベンジ達成!
白く輝く冬の富士は美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く輝く冬の富士は美しい
ずっと見ていても飽きませんが体はどんどん冷えていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと見ていても飽きませんが体はどんどん冷えていきます
朝日に照らされた相模湾とこれから向かう尾根道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされた相模湾とこれから向かう尾根道
矢倉沢峠からの登り返しでふと後ろを振り向くと富士山が再び顔を覗かせていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢倉沢峠からの登り返しでふと後ろを振り向くと富士山が再び顔を覗かせていました
箱根竹の道は雪の重みで倒れこんでいる箇所が複数あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根竹の道は雪の重みで倒れこんでいる箇所が複数あり
午前中は踏み跡の部分はガチガチに凍っているので避けて登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は踏み跡の部分はガチガチに凍っているので避けて登っていきます
一番雪の残っていた場所ですが平坦なので問題なく通過できました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番雪の残っていた場所ですが平坦なので問題なく通過できました
冬は大涌谷の蒸気が目立ちロープウェイも運行していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は大涌谷の蒸気が目立ちロープウェイも運行していました
崩落個所があり迂回路ができていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所があり迂回路ができていました
案内板の時間が手書きで直されているけどただのミスなのか健脚者の時間設定なのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の時間が手書きで直されているけどただのミスなのか健脚者の時間設定なのか?
ザックのポケットに入れていたドリンクはシャーベットに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックのポケットに入れていたドリンクはシャーベットに
相模湾越しに伊豆大島がうっすらと見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾越しに伊豆大島がうっすらと見えました
左奥に白く見えるのは八ヶ岳、右奥は金峰山・国師ヶ岳方面かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に白く見えるのは八ヶ岳、右奥は金峰山・国師ヶ岳方面かな?
ここからだと特徴的な姿の金時山と富士山がドーンと見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからだと特徴的な姿の金時山と富士山がドーンと見えます
明神ヶ岳へと続く緩やかな尾根道は天気が良ければ最高の展望が期待できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳へと続く緩やかな尾根道は天気が良ければ最高の展望が期待できます
雲に隠れそうで何とか見えている富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れそうで何とか見えている富士山
雲がどんどん広がっていき富士山も見納めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がどんどん広がっていき富士山も見納めです
よく見ると富士山の右側の裾野に間ノ岳に北岳が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると富士山の右側の裾野に間ノ岳に北岳が!
明神ヶ岳の展望広場まで来た時には富士山は裾野のみで寒いので早々に下山します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳の展望広場まで来た時には富士山は裾野のみで寒いので早々に下山します
天気が下り坂だったので明星ヶ岳へは向かわず分岐から宮城野方面へ下り別荘地帯脇の道はまだ霜柱がビッシリでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が下り坂だったので明星ヶ岳へは向かわず分岐から宮城野方面へ下り別荘地帯脇の道はまだ霜柱がビッシリでした
翌日の大涌谷からの富士山もまた素晴らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日の大涌谷からの富士山もまた素晴らしい
大涌谷に来た時にいい香りだと思ったあなたは温泉マニア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大涌谷に来た時にいい香りだと思ったあなたは温泉マニア
丹沢の主峰はそれなりに雪が残っているようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の主峰はそれなりに雪が残っているようです

感想/記録

急な休みにどこに行くか迷い、気軽に行けて温泉も楽しめる場所を考えた時すぐに浮かんだのは箱根でした。
もちろん去年の10月以降硫黄系の温泉に浸かっていなかった禁断症状も出始めていたのも理由ですが。
以前のログにも残っていますが、2年ちょっと前に金時山に登った時、快晴の中富士山だけ雲がかかり麓しか見えなかった私にとってリベンジしたい山でした。
今年は暖冬だから雪もほとんど無さそうだしこの時期ならとすぐに決めて夜明け直前に登山を開始しました。
麓では−5℃くらいでしたが風もなく登り始めたらすぐに暑くなりました。
矢倉沢峠に到着するとすでに夜が明け初めましたが、何だか上からパラパラと白いものが落ちてきます。
天気予報では晴れと出ていましたが、心の何処かでもしかしたらと言う不安が現実のものとなり、早くもテンションが下がり気味になります。
しかし、僅かな可能性を信じて黙々と登っていきます。
登りは前回と同じルートなので頭に入っており、山頂に登るまで富士山は見えないので最後の登りから空が見える瞬間は思わず、「頼むー、富士山!」と心の中で叫びながら山頂に立ちました。
中腹には雲が出ているものの白く輝く山頂が見えた瞬間、「キターー!!!」と思わず○十年前のCMのフレーズが出てしまいます。
若い人は元ネタよりモノマネで知っている方が多いと思いますが、誰もいない早朝の山頂で決めていたら、カラスが、「アホーッ!」と言って飛び去りました。
無風状態だった山麓とは違い、風が吹き付ける山頂では−7℃くらいでも薄着だとすぐに冷えてしまい、体はともかく手と足がキンキンに冷えてしまいます。
ポツポツと人もやってきますが皆すぐに下山してしまい、雲も少しずつ広がりそうな気配だったので30分ほどの滞在で山頂を後にして明神ヶ岳方面に向かいます。
矢倉沢峠までは同じ道を戻りそのまま直進して尾根沿いに進んでいきます。
金時山では雪の箇所はほぼなかったのですが、こちらは人が少ないせいか降った雪が所々残っていてほとんど凍っていました。
この日は一番気温が下がったのでこのような状態でしたが、気温が高めの日はべちゃべちゃになる可能性もあります。
暫くは背の低い箱根竹の中を登り降りするのですが、雪の重みで倒れ込んだ竹が通路を塞ぎ通りにくい箇所が何ヶ所かありました。
雪はガチガチに凍っていたので人の通った部分はツルツルで一応チェーンスパイクは持ってきてはいましたが結局そのまま登ってしまいました。
時折振り返ると金時山越しに富士山がチラチラと見えますが、雲も広がってきて隠れるのも時間の問題といつもよりはペースを上げて明神ヶ岳に向かいます。
風の強い山頂での食事は避けて少し手前から栄養補給しながら昼前には山頂広場に到着し、隠れ気味になってしまった富士山を見てすぐに下山しました。
もちろん下山後は足の疲労回復も含めて温泉でしっかりとほぐしてきました。久しぶりの硫黄泉の香りと温かさに、「うーん、極楽極楽♪」と2時間以上も入ってたら自分でもわかるほど体に匂いが染みつきました。
もちろんわざとですが、帰りの電車で怪訝そうな顔でこの人なんか匂うと避けていく人達に教えてあげたい。
これが私の元気の源ですよと!
「そんなの知るか!臭いんじゃボケ!!」と99%の人が言うかも知れません。
はい、その通りでございます。ご迷惑おかけしております。でも私にはタバコの匂いよりはるかにいいと思うんだけどなー。
ちなみに硫黄系の温泉に特有のこの匂い、硫黄の匂いだと勘違いしてる自称温泉好きの方もいますが、正しくは硫化水素の匂いです。
下水の硫化水素は臭いですが、温泉の硫化水素は大好物な私でした。
帰ってから画像を取り込んで見たらまた青空に黒い点々が・・・。フィルター清掃のメンテに出してすぐだったのに!
訪問者数:57人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ