また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2231662 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

みどり池でマナスル96の火入れ式

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月22日(土) 〜 2020年02月23日(日)
メンバー
天候薄曇り/雪/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間50分
休憩
10分
合計
2時間0分
Sミドリ池入口08:1509:35こまどり沢09:4510:15ミドリ池
2日目
山行
1時間0分
休憩
5分
合計
1時間5分
ミドリ池11:2011:45こまどり沢11:5012:25ミドリ池入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
しらびそ小屋で給水あり(浄水要、生水飲用不適)
コース状況/
危険箇所等
・危険個所・迷い箇所はありません。
・こまどり沢まで硬い氷道が多い。
その他周辺情報・往路:中央道_小淵沢IC下車
・復路:中央横断道_八千穂高原IC乗車
・稲子湯 \650
・高原のパン屋さん(R141沿い、松原湖入口北すぐ)
・おぎのや(横川SA)
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

みどり池入口駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池入口駐車場
1
右の緑色が登山ポスト(冬期の八ヶ岳では登山届が義務付けられています)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の緑色が登山ポスト(冬期の八ヶ岳では登山届が義務付けられています)
凍った水溜りがあると、つい歩き回ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った水溜りがあると、つい歩き回ってしまう。
「がんばれば40分」ではなく、「あと40分、がんばってね」と思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「がんばれば40分」ではなく、「あと40分、がんばってね」と思います
こまどり沢の旧道(廃)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こまどり沢の旧道(廃)
1
薄暗い溝を通ると、みどり池は近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗い溝を通ると、みどり池は近い
薄暗い溝からひと登りで、平らな溝路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗い溝からひと登りで、平らな溝路
テントの自在は上側につけると使い易い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの自在は上側につけると使い易い
マナスル2台目(ケースのロゴが簡略化された)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル2台目(ケースのロゴが簡略化された)
121より小振り(手の込んだロゴ内の斜線)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
121より小振り(手の込んだロゴ内の斜線)
3
ゴジラの頭みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴジラの頭みたい
一晩で20cm位の積雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一晩で20cm位の積雪
1
硫黄岳は見えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳は見えない
かすかに見えた天狗岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかに見えた天狗岳
30年くらい前に開店したような気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30年くらい前に開店したような気がする
冬期限定品は買えなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期限定品は買えなかった

感想/記録

半年前にマナスル96を注文しておいたのだが、いつ入荷になるかもわからいので、忘れるともなく忘れていた。先週、ショップから入荷の連絡があり、早速マナスルを使う山行を計画した。96はタンク容量が0.2Lと少ないので、雪水をつくらずにすむ、しらびそ小屋幕営とした。
【2/22】
 夜半に到着し、仮眠をとる。7時過ぎから支度を始める。3連休の初日だが、時間が早いのでまだ4台と車は少ない。雪は少なく、前半は残雪期のような凍結路が多い。途中で、そのザック何キロ位?と聞かれたが、いちいち計ることはないので、適当に25kg位と答えておいた。こまどり沢あたりから雪道になり、ジグザグ登って薄暗い溝沿いに進むと、しらびそ小屋は近い。午前中は薄曇りで、時折日差しがあったが、テント設営後は本降りの雪になった。本沢温泉方向へ散策に出るが、雪が降りしきるので、早々テントに戻って、マナスルの火入れを行った。儀式めいた手間のかかるストーブは重いが楽しい。マナスル96で9台目だった、ラジウスも欲しいな〜。本日、小屋泊は多そうだったが、テントは他に1張りだった。
【2/23】
 昨日から上空の季節風は強く、頻繁に下まで降りて来て、地吹雪を回している。夜半から時折、外をうかがうが、曇り・雪なので惰眠をむさぼっていてた。明るくなる頃起床し、昨食の残り汁を使って朝ご飯にする。連休の中日なので、高速は渋滞しないだろうと予想し、ゆっくり支度する。撤収時には雪はやんでいたが、天狗や硫黄はほとんど見えないままだった。本日も入山は多い。下山すると、路駐も多い大入りであった。帰路は中部横断道が八千穂まで伸びてきているので、中部道-関越を使う。高速から見る雄大な浅間が印象的だった。冬の山体に雪の縞々が現れるのは、「これぞ浅間!」な他に見られない特徴である。各地で地元から仰ぎ見る名山は多く、季節の段取りをする暦代わりなのだろう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:172人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ