また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2256741 全員に公開 山滑走 札幌近郊

空沼岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇りのち雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道入り口向かいの除雪帯に4台程度のスペースがあります
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
10分
合計
6時間30分
Sスタート地点08:4513:35空沼岳13:4515:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
13:35 空沼岳
コース状況/
危険箇所等
危険個所、登山ポストはありません
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

金山林道入り口の道路を挟んで向かい側の除雪帯に4台程度のスペースがあります
2020年03月14日 08:42撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山林道入り口の道路を挟んで向かい側の除雪帯に4台程度のスペースがあります
4
8時45分のスタート時、天気は晴れ、気温氷点下5度、微風、先行者はなくトレースもありません
2020年03月14日 08:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時45分のスタート時、天気は晴れ、気温氷点下5度、微風、先行者はなくトレースもありません
2
スタートしてすぐ会社の私有地あります、ゲートを右に避けると林道があります(帰りに撮った写真です)
2020年03月14日 15:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしてすぐ会社の私有地あります、ゲートを右に避けると林道があります(帰りに撮った写真です)
1
長い林道歩きの前半に川を渡りますが小雪の影響でだんだん厳しくなってくると思います(写真はビデオモードになっていたので写っていませんでした)
2020年03月14日 08:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩きの前半に川を渡りますが小雪の影響でだんだん厳しくなってくると思います(写真はビデオモードになっていたので写っていませんでした)
2
林道上のポコを大きく回り込んで登り詰めた地点の倒木、帰りはこの地点からショートカットして滑り降ります
2020年03月14日 09:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道上のポコを大きく回り込んで登り詰めた地点の倒木、帰りはこの地点からショートカットして滑り降ります
1
以前まちがえて登ってしまったことがありましたが、標高870ⅿ地点のこのポコは右に巻きましょう
2020年03月14日 14:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前まちがえて登ってしまったことがありましたが、標高870ⅿ地点のこのポコは右に巻きましょう
1
この辺りまでくると15cmくらいのチョイ重のラッセルです
2020年03月14日 11:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りまでくると15cmくらいのチョイ重のラッセルです
1
標高1,000ⅿに登る急登ポイント、いつも登っている尾根の隣の尾根に間違って取りついてしまい急過ぎて四苦八苦でした
2020年03月14日 11:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,000ⅿに登る急登ポイント、いつも登っている尾根の隣の尾根に間違って取りついてしまい急過ぎて四苦八苦でした
2
1,200ⅿ峰下のオープンバーンは雪が少なく藪が多いです、雪崩の恐れがあるので今日は滑りません
2020年03月14日 12:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,200ⅿ峰下のオープンバーンは雪が少なく藪が多いです、雪崩の恐れがあるので今日は滑りません
1
標高1,000ⅿから尾根と空沼(からぬま)の中間をトラバースするため登ります
2020年03月14日 12:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,000ⅿから尾根と空沼(からぬま)の中間をトラバースするため登ります
6
振り返ると支笏湖方面の景色が見渡せました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると支笏湖方面の景色が見渡せました
1
登り始めて3時間半、空沼を眺めながら昼食タイムに
2020年03月14日 12:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて3時間半、空沼を眺めながら昼食タイムに
2
先行者もなくルートファインディングしながらのラッセルで時間がかかってしまいました
2020年03月14日 12:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者もなくルートファインディングしながらのラッセルで時間がかかってしまいました
4
雪が降ったり止んだりでも空沼岳は常に姿が見えました、雪が少なく例年より横幅が狭く見えます
2020年03月14日 12:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降ったり止んだりでも空沼岳は常に姿が見えました、雪が少なく例年より横幅が狭く見えます
3
カリカリは少なく雪が5僉10冂度積もっていました
2020年03月14日 13:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリは少なく雪が5僉10冂度積もっていました
2
山頂稜線部に到達します
2020年03月14日 13:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂稜線部に到達します
3
イエーイ、山頂!駐車場所から6.2Kmを途中昼食休憩込みで4時間50分もかかってしまいました
2020年03月14日 13:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イエーイ、山頂!駐車場所から6.2Kmを途中昼食休憩込みで4時間50分もかかってしまいました
29
視界イマイチ
2020年03月14日 13:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界イマイチ
11
空沼と息子、この後の斜面をシールをはがさずに滑り降りましたが恐かった、前転1回してしまいました、面倒ですがシールはがした方が安全ですね
2020年03月14日 13:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沼と息子、この後の斜面をシールをはがさずに滑り降りましたが恐かった、前転1回してしまいました、面倒ですがシールはがした方が安全ですね
7
1,200m峰方面を目指して尾根の下を効率良くトラバース、尾根上を歩くと大変です
2020年03月14日 14:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,200m峰方面を目指して尾根の下を効率良くトラバース、尾根上を歩くと大変です
3
青空とパウダーでテンションも上がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空とパウダーでテンションも上がります
1
遠くに漁岳が見えます
2020年03月14日 14:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに漁岳が見えます
1
横に長い空沼岳山頂部
2020年03月14日 14:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に長い空沼岳山頂部
3
さっきまで見えなかった支笏湖方向もクッキリ!
2020年03月14日 14:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまで見えなかった支笏湖方向もクッキリ!
2
アグレッシブな息子
2020年03月14日 23:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アグレッシブな息子
14
さすがの若者、地形でジャンプ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがの若者、地形でジャンプ
14
パウダーを楽しんだ後は、登りトレースを忠実に下ります
2020年03月14日 14:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーを楽しんだ後は、登りトレースを忠実に下ります
2
林道交又点まで戻って来ました
2020年03月14日 15:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道交又点まで戻って来ました
1
倒木の橋を滑る息子
2020年03月14日 15:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の橋を滑る息子
4
渡渉後はこの程度のちょっとした登り返し2ヶ所だけです
2020年03月14日 15:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後はこの程度のちょっとした登り返し2ヶ所だけです
1
川はこんな感じです
2020年03月14日 15:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川はこんな感じです
1
上の方はまだまだハイシーズンですが、川の雪どけ次第ですので、いらっしゃる方はお早めにどうぞ
2020年03月14日 15:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方はまだまだハイシーズンですが、川の雪どけ次第ですので、いらっしゃる方はお早めにどうぞ
3
無事、ゴールです
2020年03月14日 15:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、ゴールです
2
駐車場所はこんな感じです
2020年03月14日 15:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場所はこんな感じです
2
本日の飲み比べです
2019年11月13日 00:02撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の飲み比べです
9

感想/記録
by dahama

 空沼岳未踏の息子と二人でやってきました。「空沼岳は裏切らない」と、思わせるほどこれまで天気やパウダーに恵まれ続けてきた大好きな空沼岳。
 今年の少雪に、レコもアップされず登山口付近の雪の少なさに「さすがに駄目かな?」、何年も前から崩壊している金山沢をまたぐ林道付近のSBの少なさに半分諦めムードの前半戦でした。

 長い林道上の700ⅿ付近のポコを超えた辺りから、前夜に降ったと思われる10冂のパウダーに希望の灯がともりました。
 ラルマナイ林道と行き当たる金山林道の終点から標高1,000ⅿ付近までは、ルートファインディングしながらの重めの雪のラッセルに加えて、登る尾根の選択ミスで体力と時間を浪費してしまいました。

 さて空沼岳の魅力といえば、山頂からの360度見渡せる贅沢な景色と、空沼の手前の急登を登り切った所から見える1200m峰に並ぶ崖の眺めです(あくまで個人の感想です:笑)
 それから、空沼岳といえば斜滑降でトラバースして滑り降りるだけのイメージが強いのですが、稜線のすぐ下を高度を落とさないでトラバースすると、簡単に1200峰の岩頭に辿り着くことができます。そこからのオープンバーンの滑走がとても楽しいのです(あくまで個人の感想です:笑)

 今日のオープンバーンは、雨後のカリカリバーンの上の10〜15儖幣紊離僖Ε澄爾箸いΔ海箸農稱の心配があるので、動画でもアップしたとおり今回はツリーランとしました。それほど滑走距離は長くはありませんが、稜線に打ちつけた風が舞い降りさせたたっぷりのパウダーを堪能することができました。
 
 山旅ロガーの記録によると、標高1,255m、標高差763m、累積標高(上り)852 m、累積標高(下り)834m 山頂まで6.2kmを4時間50分、全行程12.5kmを行動時間6時間30分でした。スライドした方はいませんでしたが、山頂で夏道から登頂してきたらしいスキーの跡を見かけました。
 ログは、下りの標高1,000ⅿ付近からログが乱れてその後途絶えていますが、そのまま登りトレースを忠実になぞってゴールしています。

【空沼岳は裏切らない!のパウダーラン】



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:477人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ