また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2259163 全員に公開 ハイキング 東海

内々神社から弥勒山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもりのち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
内々神社駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
10分
合計
2時間10分
S内々神社13:4014:00内津展望台14:20内津峠14:30弥勒山登山口(内津峠)15:00弥勒山15:1015:30弥勒山登山口(内津峠)15:40内津峠15:50内々神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほぼ東海自然歩道なので道標完備
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

内々神社に参拝
庭園も観賞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内々神社に参拝
庭園も観賞
2
今回のルートを確認
支線から本線へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルートを確認
支線から本線へ
1
内津展望台からは展望なし
壁面にペンキ絵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内津展望台からは展望なし
壁面にペンキ絵
2
いちご狩りの→に従って、
国道19号の走る内津峠を越える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちご狩りの→に従って、
国道19号の走る内津峠を越える
1
巨大な擁壁
東海自然歩道は階段を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な擁壁
東海自然歩道は階段を登る
1
内津側の登山口
ここから山道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内津側の登山口
ここから山道へ
弥勒山山頂
遠くのお山は雲に覆われていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒山山頂
遠くのお山は雲に覆われていた
2
活発に飛び回る小鳥に癒される
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
活発に飛び回る小鳥に癒される
4

感想/記録

あまりにも天気がよくて、午後から出かけたのですが・・・
弥勒山に登るべく、春日井市緑化センターを目指すが、駐車場は満車。
転進して、登ったことのない内津峠側へ。

内々神社からスタート。
東海自然歩道の支線で、展望台を経由して、本線に合流。
舗装路を歩き、内津峠を越えて、登山道へ。
やがてみろく山のハイキングコースと合流し、山頂へ。
雲がかかって遠くの山はハッキリしない。
餌をついばむ小鳥に癒され、10分の休憩後下山開始。
天候の急変に注意という予報を聞いて早めに行動を起こしたが、
途中から小雨に見舞われる。
ピストンを変更し、内津峠から県道沿いを下って内々神社に戻りました。

今回、弥勒山に持ってくるのを忘れたもの。
それは、スタンプ帳。
山頂展望台にスタンプがあるのを忘れてました。

内々(うつつ)神社は、「延喜式」にも記載されている神社。
日本武尊の伝説と深い関係がある。
主祭神は尾張氏の祖建稲種命(たけいなだねのみこと)で、
これに日本武尊、宮簀姫命(みやずひめのみこと)を配している。
昔から武将の尊崇が厚く、豊臣秀吉の朝鮮役にも戦勝を祈願して、
この社頭から軍船用の帆柱を伐り出したといわれている。
権現造りの社殿は、江戸末期・名工立川一族により造られ、
廻遊式林泉型の庭園は、夢窓国師作といわれている。
境内の「すべらずの松」は、松と百日紅(さるすべり)が一体となっている珍しい木。
受験シーズンには多くの受験生で賑わう。

内津峠(うつつとうげ)は、愛知県春日井市と岐阜県多治見市を結ぶ標高320mの峠。 『日本書紀』によれば、日本武尊が当地で副将軍の建稲種命が水死したという報を聞いて、「あゝ現(うつつ)かな」と嘆き悲しんだことが地名の由来とされている。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:193人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ