また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2453616 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

徳本峠 霞沢岳 (撤退)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月23日(木) [日帰り]
メンバー
天候小雨 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
島々宿 登山口 駐車場 10〜15台の駐車スペースあり
(一箇所防護柵を開けて到着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

登山口       11:52
二股        13:21〜13:30
撤退地点(下女沢?)14:16〜14:37
二股        15:30
登山口       17:04

       総行動時間 5時間12分 (休憩 約30分を含む)
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

防護柵を越えて・・・
2020年07月23日 11:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防護柵を越えて・・・
1
すぐに登山口の駐車場。先行者(?)の車が一台。
小雨の中での出発です。
2020年07月23日 11:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに登山口の駐車場。先行者(?)の車が一台。
小雨の中での出発です。
1
ザラッと土砂が道を塞いでいます。
2020年07月23日 12:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラッと土砂が道を塞いでいます。
ゴボっと道がえぐれています。
2020年07月23日 12:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴボっと道がえぐれています。
ガツンと大岩が鎮座!
2020年07月23日 12:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガツンと大岩が鎮座!
なんとか乗り越えます。
2020年07月23日 12:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか乗り越えます。
次は大木が何本も道を塞いでいます。
根の間を通り抜けているうちに泥だらけ・・・。
2020年07月23日 12:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は大木が何本も道を塞いでいます。
根の間を通り抜けているうちに泥だらけ・・・。
上部からごっそり削り取られていました。
2020年07月23日 12:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部からごっそり削り取られていました。
ここもなんとかクリア。(帰路の写真)
2020年07月23日 16:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもなんとかクリア。(帰路の写真)
もう木が倒れかかっているくらいは何ともありません。
2020年07月23日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう木が倒れかかっているくらいは何ともありません。
今度は100m以上に渡って、林道が土砂の流れ込みで沢化しています。
2020年07月23日 12:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は100m以上に渡って、林道が土砂の流れ込みで沢化しています。
途中本来の沢で道は分断され、その先も沢化しています。
2020年07月23日 12:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中本来の沢で道は分断され、その先も沢化しています。
そして右岸の大規模な土砂崩れ・・・
右端は川に向かって切れ落ちています。
高巻くしかありません・・・。
2020年07月23日 13:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして右岸の大規模な土砂崩れ・・・
右端は川に向かって切れ落ちています。
高巻くしかありません・・・。
(帰路の写真)
足元は緩く、時折動きます。
息を止めて静かに体重を移します。
2020年07月23日 15:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(帰路の写真)
足元は緩く、時折動きます。
息を止めて静かに体重を移します。
ここもどうにか通過。右に見えている木の辺りに着陸(?)しました。
何年か前にソロで北鎌尾根に行った時「戻る事はできない・登り続けるのみ」という状況になり、それを思い出しました。
「この道戻りたくない!(その1)」
2020年07月23日 13:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもどうにか通過。右に見えている木の辺りに着陸(?)しました。
何年か前にソロで北鎌尾根に行った時「戻る事はできない・登り続けるのみ」という状況になり、それを思い出しました。
「この道戻りたくない!(その1)」
ようやく二股です。
林道終了・・・これからは古からの峠道・・・現代工法で出来た林道ではなく雨に強いのでは、と希望的観測を持ちます。
2020年07月23日 13:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく二股です。
林道終了・・・これからは古からの峠道・・・現代工法で出来た林道ではなく雨に強いのでは、と希望的観測を持ちます。
1
雰囲気のある木道と一部石畳の道です。
2020年07月23日 13:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気のある木道と一部石畳の道です。
1
しっかりした「行き橋」を通り過ぎると・・・
2020年07月23日 13:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりした「行き橋」を通り過ぎると・・・
今度は空中に橋が飛び出しています。
インディジョーンズではないので飛び越えることは勘弁してください・・・トホホ。
2020年07月23日 13:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は空中に橋が飛び出しています。
インディジョーンズではないので飛び越えることは勘弁してください・・・トホホ。
1
気をとりなおして高巻き道を見つけて、ここもかろうじてクリア。
2020年07月23日 13:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気をとりなおして高巻き道を見つけて、ここもかろうじてクリア。
「戻り橋」を渡って・・・
2020年07月23日 13:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「戻り橋」を渡って・・・
1
炭焼き窯跡を通り過ぎ・・・
2020年07月23日 14:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き窯跡を通り過ぎ・・・
ここも厳しい!
奥の道から一度7時方向の木材の辺りまで降りて、かすかに見える補助ロープの切れ端をつかんで、手前3時方向にたどり着きます。
「この道戻りたくない!(その2)」
2020年07月23日 14:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも厳しい!
奥の道から一度7時方向の木材の辺りまで降りて、かすかに見える補助ロープの切れ端をつかんで、手前3時方向にたどり着きます。
「この道戻りたくない!(その2)」
そして奥(下流)から上流に向かって歩をすすめると・・・
(帰路の写真)
2020年07月23日 14:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして奥(下流)から上流に向かって歩をすすめると・・・
(帰路の写真)
1
妙に前方が開けて明るい・・・イヤな予感がします。
(帰路の写真)
2020年07月23日 14:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙に前方が開けて明るい・・・イヤな予感がします。
(帰路の写真)
これはダメです。綺麗に削り取られています。
多分数十メートル先に道がつながっているのでしょう。
全く取りつく島がありません。
2020年07月23日 14:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはダメです。綺麗に削り取られています。
多分数十メートル先に道がつながっているのでしょう。
全く取りつく島がありません。
下方はそのまま水量の豊富な川へ・・・それでも高巻きのの可能性はと考えて少し上がってみました。
上方は急な傾斜のまま・・・これ以上の高巻きは安全に道に戻れない可能性を感じたところで「撤退決定」しました。
ふう〜っ・・・
2020年07月23日 14:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方はそのまま水量の豊富な川へ・・・それでも高巻きのの可能性はと考えて少し上がってみました。
上方は急な傾斜のまま・・・これ以上の高巻きは安全に道に戻れない可能性を感じたところで「撤退決定」しました。
ふう〜っ・・・
2
木に寄りかかり下を覗き込むと・・・数十メートル下の川に吸い込まれそうです。
2020年07月23日 14:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に寄りかかり下を覗き込むと・・・数十メートル下の川に吸い込まれそうです。
今一度、道が途切れたところまで戻り、この状況を目に焼き付けます。
よく見ると5時方向に鉄筋が突き出ています。
ここから向こうまで補助ロープが張ってあった痕跡かもしれません。
2020年07月23日 14:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今一度、道が途切れたところまで戻り、この状況を目に焼き付けます。
よく見ると5時方向に鉄筋が突き出ています。
ここから向こうまで補助ロープが張ってあった痕跡かもしれません。
1
「戻りたくない!」道を何とか戻ります。
行きに検討はついているので、帰りは少し余裕がありました。
雰囲気がある流れ込みを観ながら・・・
2020年07月23日 15:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「戻りたくない!」道を何とか戻ります。
行きに検討はついているので、帰りは少し余裕がありました。
雰囲気がある流れ込みを観ながら・・・
1
途中の「監視橋」(?)に寄り道をしながら・・・
2020年07月23日 16:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の「監視橋」(?)に寄り道をしながら・・・
1
股間がヒヤッとしますね。
2020年07月23日 16:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股間がヒヤッとしますね。
戻ってきました。
2020年07月23日 16:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
5時間ちょっとの行動・・・撤退したものの充実した時間・・・盛り沢山のアトラクションを堪能した気分でした。
2020年07月23日 17:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時間ちょっとの行動・・・撤退したものの充実した時間・・・盛り沢山のアトラクションを堪能した気分でした。
1

感想/記録
by flhtc

仕事の都合で前泊できずに、早くても昼頃からしか登山開始できない条件で、しかも天気はパッとせず・・・。
天気が悪くて霞沢岳は登れなくても、上高地までのクラシックルートをテント泊でと考えて現地に・・・。
6月上旬で山の報告が途絶えた中での登山開始。
平成30年7月の豪雨で「島々谷通行禁止」との情報はあったものの、それはあくまでも「林道車両通行禁止」と考えていました。
今年4月からの群発地震、そして7月初めからの大雨・・・どんな影響があるかはハッキリしませんでした。

現時点で一般的な登山道ではなくなっています。
より奥に進むためには、水量の極めて少ない時期・複数で確保できる体制・沢登りに準じた装備(懸垂下降の用意)が必要だと感じました。

早い時間に「通行不能」で撤退したなら、当日中に上高地に入り、日帰り霞沢岳を考えていました。でも空模様もハッキリせず、泥だらけの靴を再び履く気になれず、またそれなりの充実感を得ていたので、「ひらゆの森」温泉でゆったり過ごし帰路につく事にしました。

いつの日か、いにしえから続くこのルートで「上高地=神降地」と呼ばれたであろう地にたどり着けたら、と願いつつ帰ってきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:942人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/4
投稿数: 43
2020/7/26 22:03
 貴重なレポート有難うございます
クラシックルート、今年いければと思い情報収集していました。
貴重なレポート有難うございました。
登録日: 2013/10/21
投稿数: 24
2020/7/27 17:04
 Re: 貴重なレポート有難うございます
コメントありがとうございます。
現地に行かないとハッキリしない事はありますね。
今回僕も情報収集不足でしたが、ある意味では良い経験になりました。
結果「撤退」でしたが、ちょっと楽しかったですよ。(笑)
いずれまた、チャレンジしたいルートですが・・・
なにぶん人気(人の気配)がないルートなので、今後の道の整備の進み具合が心配です。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ