また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 252121 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 イデイリ沢

日程 2012年12月02日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇りのち小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中川橋駐車場
・丹沢湖北端の中川橋を渡った右側。20台程度駐車可能。
・トイレ、登山届ポストなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

中川橋駐車場10:35−
10:48小塚橋−
10:57イデイリ沢入渓−
11:18標高425m二俣−
12:52標高545m二俣−
13:11標高570m3条15m+8×15m大滝−
13:56標高615m二俣−
14:33標高740m横断仕事経−
14:38イデイリ沢右岸尾根/標高750m15:02−
右岸尾根下降−
15:52笹子橋−
16:04中川橋駐車場
コース状況/
危険箇所等
■イデイリ沢(井戸入沢)

 遡行グレード:2級下

 『丹沢の谷110』では脆すぎるような表現が記載されているが
 他の沢同様、一部そのような箇所がある程度で沢全体が脆いという
 ことではない。
 核心は標高495m付近に出てくる2段12m(7+5m)と
 標高570m大滝の高巻きが悪い点。
 大滝は水量が少ないものの波紋のような優美な流れを落としており
 さながら山形県米沢の滑川大滝ミニチュアを思わせる。

‘渓点近くは集落のため駐車できそうな場所はないので
 丹沢湖北端に架かる中川橋を渡ったすぐ右にある駐車場がよい。
 イデイリ沢に架かる小塚橋まで徒歩で15分弱だ。
 しかし小塚橋から沢へは降りられず、また橋周辺から沢へ入るには
 民家の私有地を通らなければならない。
 小塚橋から県道を100mほど北へ進んでから舗装路を左折し、
 突き当ったら左へ行くと茶畑の間を通過できる。
 そのまま進むと平地の先でイデイリ沢に入渓できる。

標高390mで最初の堰堤。左側に古い階段と鉄板橋があり、それを使って
 高巻く。

I弦410mで4m滝と3m堰堤。左側のパイプ沿いに易しく巻く。
 その上、標高425m二俣は水量比1:3で左の支沢の方が多いが
 本流は水量の少ない右である。

ぅ淵瓩続き、標高460mに出てくる堰堤は、左側手前の土ザレから取付き
 残置ロープ沿いに高巻く。

ド弦485mで沢は西から北へ曲がると2条7m滝が出てくる。
 左側を卦蕁歡度で登れる。
 次の5m滝は左から取付き右へやはり卦蕁歡度で登ると
 核心のひとつである7+5の計2段12m滝。
 直登は脆そうなので手前右側のやや急なザレからやせたリッジを
 ブッシュをつないで登り、木のない土ザレを右上へ15mトラバースして
 右側の小尾根へ。
 さらに20mほど登ると古い水平の仕事道に上がれる。
 左へ進み残置ロープとタンカンの橋があり沢に戻れる。
 この高巻きはなかなか悪い。

ι弦545m二俣状を左へ行くと4m滝と5m堰堤が連続している。
 この4m滝を上がっても次の5m堰堤は登るのが困難なので
 滝左側の急なザレから巻くか、右側から巻いて堰堤上部で10m懸垂下降する。

標高570mで大滝が出てくる。
 構成は4段で、下段は3条15m、上段は8×15mナメ滝、その上に
 3mと2mのようだ。
 下段15mは波紋状に水を落としており優美な滝で、この波紋を見ていると
 滑川大滝(120m)を1/10に小型化した印象を受ける。
 もちろん登れないので、手前左側の涸沢の小棚を4つ登ってから
 右の土ザレに取付き、低い岩壁基部の細い土バンドをバランスでトラバースし
 8×15m滝の落ち口へ降りる。
 バンドのトラバースが嫌らしい。

流木の詰まった3m滝を超えるとナメとナメ滝が連続し
 水量比3:2の標高615m二俣は左沢へ進む。
 少し長めのナメを登ると左手に湧水箇所を見る。
 ここがこの沢の湧出ポイントのようだ。
 少し上部から植林帯となり沢は浅い形状となって
 ひと登りすれば、標高740m辺りに横断している仕事道に着く。
 沢を横断しているところには植林に青テープが巻かれている。
 ここで遡行を終え、仕事道を左へトラバースしていけば
 イデイリ沢右岸尾根に乗れる。

下山はこの尾根を標高差で約300m登れば屏風岩山。
 そこから登山道を南へ二本杉峠経由で上ノ原に降りられる。
 またイデイリ沢右岸尾根を笹子沢バンガローに向け下降できるが
 読図力が必要になる。
 
過去天気図(気象庁) 2012年12月の天気図 [pdf]

写真

中川橋駐車場
2012年12月02日 10:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川橋駐車場
1
小塚橋100m先から左折
2012年12月02日 10:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小塚橋100m先から左折
1
茶畑の間を通ってイデイリ沢方向へ
2012年12月02日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑の間を通ってイデイリ沢方向へ
イデイリ沢に入渓
2012年12月02日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イデイリ沢に入渓
1
最初の堰堤は左側から巻く
2012年12月02日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は左側から巻く
1
2段12m滝
手前右側から巻くが悪いよ
2012年12月02日 12:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段12m滝
手前右側から巻くが悪いよ
1
痩せたリッジを登り継いで
2012年12月02日 12:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せたリッジを登り継いで
1
木のない土ザレをトラバース
2012年12月02日 12:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木のない土ザレをトラバース
1
仕事道を左へ行けばタンカン橋で沢に戻れる
2012年12月02日 12:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事道を左へ行けばタンカン橋で沢に戻れる
1
イデイリ沢大滝 下段3条15m
優美な流れだ
2012年12月02日 13:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イデイリ沢大滝 下段3条15m
優美な流れだ
1
左側の涸沢から高巻く
2012年12月02日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の涸沢から高巻く
大滝上段8×15m
2012年12月02日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝上段8×15m
1
上流部のナメ
2012年12月02日 14:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流部のナメ
1
青テープのところで仕事道が横断している
2012年12月02日 14:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青テープのところで仕事道が横断している
1
右岸尾根下降中、小雪が降ってきた
2012年12月02日 15:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸尾根下降中、小雪が降ってきた
右岸尾根も末端に近づく
2012年12月02日 15:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸尾根も末端に近づく
笹子沢バンガローの広場が見えてきた
2012年12月02日 15:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子沢バンガローの広場が見えてきた
笹子沢を右岸に渡り笹子橋を目指す
2012年12月02日 15:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子沢を右岸に渡り笹子橋を目指す
1

感想/記録
by kamog

滝もきれいで、高巻きもそれなりに悪くて
予想より面白い良い沢でした。
訪問者数:1115人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ