また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2583727 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

富士山の絶好の展望台竜ヶ岳へ

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年09月20日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
調布ICー河口湖ICー本栖湖P往復
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間20分
合計
6時間10分
S本栖湖キャンプ場09:1509:30竜ヶ岳登山口11:00石仏、見晴らし台11:00湖畔登山口・石仏分岐点11:2012:15竜ヶ岳13:1513:15湖畔登山口・石仏分岐点15:25本栖湖キャンプ場15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雨模様の本栖湖に到着コロナウイルス禍の中自粛を余儀なくされていた人たちで本栖湖キャンプ場は大盛況です。いざスタートキャンプ場の中を横切り登山口へ二か月以上空けての久しぶりのハイキング夏の猛暑に耐えCKDを押してのハイキング、ゼイゼイハアハアなかなかピッチガ上がりません。石仏く休憩所近くまで来るとやや楽になりました。富士山は恥ずかしいようで頭を隠し裾野を「チョット」だけよ。少し雨が強くなりましたが、一登りで頂上へ正月にはダイヤモンド富士が見られる有名スポットらしい。雨もほとんど止みいつもの昼食タイムSさんお手製おにぎり弁当、いつものビールで乾杯、しめは池田さんのコーヒータイム。下りは分岐よりダイレクトに北面ルートを下降、あと少しのところでHさんが木の根で滑って転倒10メートルほど滑落、岩などがなかったので少し擦り傷ができた程度でひと安心しました。落ち着いたところで慎重に下り本栖湖Pに到着泥だらけの靴を湖で洗いすっきりしました。
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道ですが雨天時には泥道になるのでスパッツを使用をお勧めします。
その他周辺情報帰路に鳴沢道の駅に立ち寄ると新鮮な野菜や果物が入手できます。
日本一腰の強い吉田のうどんとぶどうをを買い求めました。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

ヤマボウシの果実、そのまま食べたり、ジャムや果実酒で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマボウシの果実、そのまま食べたり、ジャムや果実酒で
恥ずかしそうで「頭画して麓隠さず)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恥ずかしそうで「頭画して麓隠さず)
竜ヶ岳より雨ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳より雨ヶ岳
子から見るダイアモンド富士が見たいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子から見るダイアモンド富士が見たいですね
1
本栖湖を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖湖を見下ろす
1
本栖湖で登山靴を洗う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖湖で登山靴を洗う
本栖湖より竜ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖湖より竜ヶ岳

感想/記録

いつもは土日を避けてウイークデイにでかけるのですが天気も思わしくない中でかけました、往路は渋滞気味復路はいつもの小仏トンネル頭の20劼僚詑據▲灰蹈淵Εぅ襯慌劼涼罎妊好肇譽垢魎兇犬峠个ける機会を待ちわびていた証拠ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:166人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スパッツ 東屋 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ