また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2752263 全員に公開 ハイキング 磐梯・吾妻・安達太良

高湯温泉〜家形山、一切経山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
05:20自宅発〜07:00高湯温泉駐車場着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
56分
合計
6時間57分
S高湯07:1109:15硯石09:1609:52五色沼分岐09:5310:07家形山10:1610:14五色沼分岐10:1510:47一切経山11:2111:43五色沼分岐12:16硯石12:1712:28慶応吾妻山荘12:3714:05高湯14:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
早朝は標高1,400mあたりから5cmほどの積雪がありましたが、下りでは溶けていました
道はしっかりしていて、迷うことはありません
その他周辺情報玉子湯に寄ろうかと思いましたが、三連休の混雑と硫黄の匂いが強烈すぎて断念しました
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水500mm スパークリングウォーター500mm カップラーメン サーモス500mm ドリップコーヒー トレイルミックス バームクーヘン 耳あて付キャップ 長袖シャツ(秋用) マウンテンジャケット メリノウール 長パンツ ゲイター チェーンスパイク 靴下 ザック(ブラックダイヤモンド22L) グローブ タオル サポーター 熊鈴 時計 iPhone モバイルバッテリー ヘッドランプ 予備眼鏡 簡易ツェルト・エマージェンシーシート

写真

賽の河原を過ぎたあたりから薄雪がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原を過ぎたあたりから薄雪がありました
1
蔵王や月山、鳥海山も望むことができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王や月山、鳥海山も望むことができました
2
家形山山頂より、五色沼と一切経山、遠くに磐梯山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山山頂より、五色沼と一切経山、遠くに磐梯山
2
家形山山頂から福島市内が望むことができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山山頂から福島市内が望むことができました
1
一切経山と五色沼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山と五色沼
5
吾妻小富士と安達太良山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士と安達太良山
4
まさに天を望む魔女の瞳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに天を望む魔女の瞳
5
下り時には風が収まってきました
2020年11月22日 11:41撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り時には風が収まってきました
2
帰りに慶応吾妻小屋に寄ってみました。管理人は不在でしたが駐在しているようです。水場もありました。
2020年11月22日 12:27撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに慶応吾妻小屋に寄ってみました。管理人は不在でしたが駐在しているようです。水場もありました。
看板を飲み込む木
2020年11月22日 13:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板を飲み込む木
2

感想/記録




足もだいぶ良くなったようなので、先週に引き続き確認も含めて、登山です
と言いながら、3日前に調子に乗って長い下りでのランニングをしたところ、今度は左足のふくらはぎを軽く肉離れした感じになっていて、少し不安もありましたが、何とかなりました(^^;)
(やはり怪我をしてから、両足のバランスが悪く、特にランニングや登山など左足に負荷がかかっていたようです)
今回は、先週断念した吾妻連峰
未練がましく、調べてみると、登るルートがあるようで、魔女の瞳を拝みに初めての一切経山へ挑んできました
天気は快晴 期待を胸にどんどん登ります
古い登山道と思わしき石積みがところどころにあり、風格を感じながら、賽の河原到着
このあたりから薄雪と霜柱の道となります
この日は先行者がおらず… あ、イノシシと思わしき足跡があったので、その跡を追いかけながら進んで進んで、いくら進んでも見晴らしらしい見晴らしがない!
樹林帯を進むこと2時間 ようやく視界が開けたと思ったら、かなり高いところまで来ていた
と言うか、山頂はすぐそこじゃん 標高1,900mの山ですが、樹木が豊富な山のようです
見晴らしは抜群 蔵王や月山、大朝日連峰、鳥海山もぼんやりですが確認することができました 長い樹林帯を我慢した甲斐があった
山頂はすぐそこ 勢いで登ると、急に強風とともに五色沼が現れました
見事なブルーです まさに魔女の瞳 にしても結構大きい フレームに収まらない
とりあえず、家形山へ登ってみれば、フレームに収まりそうというので、山頂へ
おー、一切経山と五色沼のツーショット おまけで磐梯山も覗いている
右側をみれば、先週行くつもりだった吾妻連峰の山々がゆるやかに大きく伸びています
続いて、一切経山へ 結構な登り おまけに風が強い
魔女の瞳に励まされて山頂へ
吾妻小富士の火口が眼下に見えます これはなかなかの迫力
磐梯山の後方には、那須連山 吾妻連峰の間から飯豊連峰も これはいい 全部見える
こんなにいろいろ見れる山頂もなかなかないなぁと感激しながら、強風の寒さも忘れて色々見て回りました
吾妻スカイラインが通り、登山客はお呼びでないと、避けていた吾妻小富士ですが、いろいろ見どころはあるようです
また一つ、登山の楽しみが増えました
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:273人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ