また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2752551 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

大文字で紅葉狩り

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
20分
合計
3時間7分
S水場13:0713:30中尾城跡13:3213:58中尾の滝14:0114:50大文字山14:5515:08出逢坂15:0915:18幻の滝15:1915:31中尾の滝15:40中尾城跡15:53大山出城跡16:0016:12水場16:1316:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天気が今一だったので、遠出は止めて大文字に紅葉を見に行きました。行者の森から入り、中尾の滝を経て大文字山頂へ。帰りは幻の滝を経由して中尾城の尾根道を伝い、混雑を避けて大山出城跡から下りました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無し。倒木もほぼ処理済み。但し、標識はあまりなく、テープも数が多くて却って迷いやすい。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

まずは中尾城の址に向かいます。
2020年11月22日 13:31撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは中尾城の址に向かいます。
谷筋は紅葉が綺麗。
2020年11月22日 13:41撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋は紅葉が綺麗。
ココは特に見事。
2020年11月22日 13:44撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココは特に見事。
川筋なので良い感じで苔むしています。紅葉とのマッチングが良いですね。
2020年11月22日 13:45撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川筋なので良い感じで苔むしています。紅葉とのマッチングが良いですね。
落ち葉で敷き詰められています。
2020年11月22日 13:47撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉で敷き詰められています。
中尾の滝。ビューポイントなのでこの時期は人が絶えません。
2020年11月22日 13:57撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾の滝。ビューポイントなのでこの時期は人が絶えません。
1
大文字山頂。
2020年11月22日 14:55撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山頂。
南の方は夕立っぽいですね。
2020年11月22日 14:56撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の方は夕立っぽいですね。
幻の滝の谷間へ。ケルンがお出迎え。
2020年11月22日 15:15撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻の滝の谷間へ。ケルンがお出迎え。
良い感じの岩ですね
2020年11月22日 15:15撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの岩ですね
このあたりも良い感じ。晴れていれば!
2020年11月22日 15:17撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりも良い感じ。晴れていれば!
人が石を組んだようにも見えるせせらぎ
2020年11月22日 15:22撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が石を組んだようにも見えるせせらぎ
大分降りてきましたが、結構高い。
2020年11月22日 16:10撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分降りてきましたが、結構高い。
倒木がみっしり。
2020年11月22日 16:12撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木がみっしり。
1

感想/記録
by kasaU

初めてのルートをいくつか試しました。中尾の滝は、夏も良かったですが、このシーズンも良いですね。

混雑する銀閣寺のの登り口。連休だけあって、子供連れで一杯です。ここは京都人に愛されてますねー。堰堤を越えると途端に人の姿は少なくなります。しばらく声は聞こえていますが、徐々に消えていきます。

今日の目的は中尾の滝付近の紅葉を楽しむことなので、そうそうに谷に降ります。落ち葉に隠されて、広めの谷間では少し道が判りにくいですが、すぐに谷川のほとりに
降り立ちます。このまま川を下っていくと地蔵谷の温泉まで行けますが、自転車をデポしてあるので今日はパス。おなじ谷筋を降りてきた女性2人のパーティはそちらに降りていきます。ここでは、苔むした倒木越しに見る紅葉が風情良く楽しめました。

谷を上がっていくと、ビューポントの中尾の滝に行き着きます。この付近の紅葉は本当に綺麗です。そのせいか、2人組のパーティが二つ、高齢者の団体が一つ、次々に訪れてきたので、暫く楽しんで場所を譲ります。

大文字山頂へは、右の谷筋から一旦中尾城の尾根に上がって、尾根道を上っていきます。この道はいかにも東山らしい、緩やかなカーブの巻き道で、どうにも懐かしい感じです。最後の登りでは大分火床に近づき、賑やかな歓声が聞こえてきます。

大文字山頂ではサーモスのお湯でココアを作って休憩です。他に10人前後が思い思いに時間を過ごしていました。ワイン3本持ち込んでいるおじさま達は、ちとやり過ぎな気もしましたが。。。以前から思っていたのですが、山頂には如意ヶ嶽城址があると国土地理院の地図にはあるのに、見たことがありません。どこにあるんでしょうね?

休憩した後、A-17の分岐から幻の谷に向かいます。暗くなりつつある沢をなんども越えながら、再び尾根に戻って、大山出城の頂を経由して下山しました。このルートはそこそこ急登でした。全体で3時間ほどの短いコースですが、意外に楽しめます。気分的にはもっといた感じでした。今度は熊山の方に足を伸ばしたいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:96人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/24
投稿数: 305
2020/11/23 5:16
 kasaUさん おはようございます
如意ヶ嶽城の名残は大文字山三角点から北に杉林を少し降りる(熊山の尾根に続く道)か、東へ続く登山道を少し進むと横切る様に土塁跡や空堀跡があります。良く気を付けないと見落とすかも知れませんが、山頂の東側から北側にかけて藪の中に続いています。当時の城は天守のある様な物では無く一時的に立て籠もるだけの山城なのでそんなにはっきりしていません。

中尾城跡の他にも一乗寺城とか北白川城とか霊山城(台風の後、今は立入禁止)とかあります。色々思いをはせながら歩くのも一興かと。
登録日: 2015/11/4
投稿数: 9
2020/11/23 10:10
 Re: kasaUさん おはようございます
yjinさん、ありがとうございます! 熊山の尾根の方ですか。今度探してみますね。東山一帯は意外に城跡がおおいので、気にしながら歩いてみるのは楽しいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ