また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2922589 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

要倉山 醍醐林道

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夕やけ小やけふれあいの里
https://www.yuyakekoyake.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
30分
合計
4時間50分
S夕焼小焼バス停10:3010:50要倉山登山口11:50要倉山12:00要倉峠12:3013:00御堂窪山13:00熊野神社本宮跡の碑13:20本宮山13:40中谷山尾根(猪通り尾根)入口13:50和田峠14:40醍醐川上流端15:20夕焼小焼バス停15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

標識は無いけど地図を見たかんじココから入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は無いけど地図を見たかんじココから入る
1
階段があったので登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段があったので登る
藪の一部に人が通れる穴を発見、奥に送電線の巡視路の標識
この標識がこの先いくつかあり目印にする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の一部に人が通れる穴を発見、奥に送電線の巡視路の標識
この標識がこの先いくつかあり目印にする
2019年の台風19号の大雨でできたと思われる新しい沢
登山道がそのまま沢になったっぽい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2019年の台風19号の大雨でできたと思われる新しい沢
登山道がそのまま沢になったっぽい
こんな感じのやや急な斜面を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じのやや急な斜面を登る
急斜面のトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面のトラバース
対岸の黒い階段を目印に、涸れた沢を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の黒い階段を目印に、涸れた沢を渡る
尾根をしばらく歩くと北側が開けてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をしばらく歩くと北側が開けてきた
北側が開ける場所はすごい藪で、歩くたび当たって痛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側が開ける場所はすごい藪で、歩くたび当たって痛い
要倉山の手前の巻き道に惑わされたけど、無事登頂
何も無い場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要倉山の手前の巻き道に惑わされたけど、無事登頂
何も無い場所
1
要倉山から南に進路を変えて下ると南側が開けた場所に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要倉山から南に進路を変えて下ると南側が開けた場所に出る
藪が無くて開けた場所はココだけなので、ここで昼食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が無くて開けた場所はココだけなので、ここで昼食
1
登りながら藪漕ぎ
しんどい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りながら藪漕ぎ
しんどい
途中、少し外れたピークを踏む
本郷山(御堂窪山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、少し外れたピークを踏む
本郷山(御堂窪山)
1
最後の展望
このあたりも藪だらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の展望
このあたりも藪だらけ
2回くらいやや急な笹の道を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回くらいやや急な笹の道を登る
本宮山(高茶山)
標識はないけど、三叉路になっているので注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮山(高茶山)
標識はないけど、三叉路になっているので注意
1
本宮山(高茶山)から和田峠方面に向かう道は、テープを頼りに進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮山(高茶山)から和田峠方面に向かう道は、テープを頼りに進む
砂で滑る急斜面を登って、少し下ると醍醐林道に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂で滑る急斜面を登って、少し下ると醍醐林道に出る
醍醐林道は30cmくらいの溝ができるくらい大雨によるひび割れができていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐林道は30cmくらいの溝ができるくらい大雨によるひび割れができていた
振替って撮影
左が醍醐林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振替って撮影
左が醍醐林道

感想/記録

ソーシャルディスタンスな登山を目標にマイナーな山、要倉山へ
行きは登山道、帰りは醍醐林道で楽をした

要倉山は、道はやや不明瞭で標識少な目だが、登山慣れしていれば問題ない
藪が多くしんどいので、もう行きたくない

登山者は私だけ
醍醐林道で歩行者、バイク、自転車とすれ違ったが、林道は横方向も広いのでソーシャルディスタンス登山は成功したと言える
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:215人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ