また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2924949 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 東北

里山探索 建石山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市道から未舗装林道を経て進入禁止の作業道の入り口まで車を乗り入れた。奥で伐採作業をしていたので林道が除雪されていたが、いつも除雪されているのかはわからない。駐車場などは一切ないので、路肩などに車を停めることになる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
12分
合計
3時間19分
S作業道入り口09:3011:04建石山11:1612:49作業道入り口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無いが整備された登山道ではないため倒木などが多数ある。ピンクテープはベタ貼りされているので参考になるが、作業用のものの可能性がある。ルートのすぐ傍で伐採作業をしていて作業員に気をつけて通過するよう声をかけられた。特に入山禁止というわけではない。
その他周辺情報麓に数軒のコンビニあり。温泉は盛岡市内のものを利用のこと。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

積雪はそれほどでもないが、すっかり雪が腐ってしまっているのでスノーシューを履いて入山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はそれほどでもないが、すっかり雪が腐ってしまっているのでスノーシューを履いて入山。
2
鉄塔巡視路を兼ねた作業道を東へと進んでいく。ストックの感触からして、このあたりは舗装されている?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔巡視路を兼ねた作業道を東へと進んでいく。ストックの感触からして、このあたりは舗装されている?
作業道終点はちょっとした広場になっている。ガードレールが途切れている場所が入山ポイントのはずだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道終点はちょっとした広場になっている。ガードレールが途切れている場所が入山ポイントのはずだ。
1
なんか不自然なほど痩せた尾根が続いている。ここを通って向いの山に取り付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか不自然なほど痩せた尾根が続いている。ここを通って向いの山に取り付く。
1
ピンクテープはベタ貼りされているが、登山道が整備されているわけではなさそう。倒木の嵐だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープはベタ貼りされているが、登山道が整備されているわけではなさそう。倒木の嵐だ。
倒木地帯を抜けると少し歩きやすくなった。山の向こうから重機の音が聞こえてくる。日曜だというのに作業をしているのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木地帯を抜けると少し歩きやすくなった。山の向こうから重機の音が聞こえてくる。日曜だというのに作業をしているのだろうか?
北側の斜面で伐採作業が行われていた。登山を止められるかと心配したが、気をつけて通ってほしい旨伝えられただけだった。よかった、登山続行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の斜面で伐採作業が行われていた。登山を止められるかと心配したが、気をつけて通ってほしい旨伝えられただけだった。よかった、登山続行。
2
伐採現場を過ぎると、いよいよ建石山のピークに向けて登っていく。このあたりの林床はすっきりしていて歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採現場を過ぎると、いよいよ建石山のピークに向けて登っていく。このあたりの林床はすっきりしていて歩きやすい。
南斜面は雪がだいぶ溶けてきていて、どこでも歩けるという感じではなくなっているが、微かに道型のようなものが見えるのでそれに沿って歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面は雪がだいぶ溶けてきていて、どこでも歩けるという感じではなくなっているが、微かに道型のようなものが見えるのでそれに沿って歩く。
山頂直下は少々急登だが短い区間だ。腐りきった雪をガスガス踏みしめて登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は少々急登だが短い区間だ。腐りきった雪をガスガス踏みしめて登っていく。
ピークと思われる場所にある樹木に山名標識が取り付けられていた。よっしゃ、登ったどー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークと思われる場所にある樹木に山名標識が取り付けられていた。よっしゃ、登ったどー。
3
山頂と言っても樹林に囲まれて眺望はゼロ。さて、ちょっと休憩したら帰りますかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と言っても樹林に囲まれて眺望はゼロ。さて、ちょっと休憩したら帰りますかね。
建石山の「建石」はこれかな?
目立つ岩というと、ここくらいだったような気がするが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建石山の「建石」はこれかな?
目立つ岩というと、ここくらいだったような気がするが。
1
作業道まで戻ってきた。高圧線の鉄塔が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道まで戻ってきた。高圧線の鉄塔が目印。
ここの広場からの眺めが一番良い(笑
下山前にコーヒータイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの広場からの眺めが一番良い(笑
下山前にコーヒータイム。
あとは作業道をポクポク歩き、車を止めた場所まで戻ってきた。お疲れさま!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは作業道をポクポク歩き、車を止めた場所まで戻ってきた。お疲れさま!

感想/記録

前の週のドカ雪から急に暖かくなり、しかも風が強いとの予報だったため、雪山に入るのはやめて近所の里山を散策してきた。
盛岡競馬場近くにある建石山は、その名前の由来となった岩があるという。ちょっとした探検気分で散策できそうだ。
雪のため林道は通行止めになっているかと思っていたが、なんとしっかり除雪されていた。これには驚いたが、どうやら林道の奥で伐採作業をしていたようで、そのための除雪のようだ。なので来年はどうなるか分からない。いいタイミングで登りに来たということかな。
鉄塔巡視路を兼ねた作業道を歩いているうちは楽勝気分だったが、山道に入った途端倒木の嵐に遭って大変だった。スノーシューを履いていったので、上を越えるのも下を越えるのも一仕事。ピンクテープはベタ貼りされているが、整備された登山道ではないので、それなりに忍耐を試される。
山頂を含め、全体的に眺望は得られない山だ。現在行われている伐採作業によって、だいぶ様子が変わりそうではあるが、山が丸裸になったら、それはそれで興ざめであり悩ましいところかもしれない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:64人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ