また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2988626 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

【公然の秘密の花園】 大ドッケ〜酉谷山避難小屋(往復)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月10日(水) ~ 2021年03月11日(木)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間2分
休憩
51分
合計
5時間53分
S宿泊地09:0309:27地蔵峠09:3509:53新秩父線61号鉄塔10:0111:21大ドッケ11:4211:49独標1315m12:57大平山13:05大クビレ13:1913:44七跳山14:25坊主山14:56酉谷山避難小屋
2日目
山行
5時間25分
休憩
28分
合計
5時間53分
酉谷山避難小屋07:2507:28酉谷峠07:48坊主山08:18七跳山08:3008:55大クビレ09:1009:20大平山09:2111:09独標1315m11:15大ドッケ12:44新秩父線61号鉄塔12:56地蔵峠13:13天目山林道入口13:18浦山大日堂BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
落ち葉の下は氷結した地面なるも、歩行に支障なし

写真

バス停脇の駐車スペースは満杯。運転手さん曰く、「今日は山開き?」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停脇の駐車スペースは満杯。運転手さん曰く、「今日は山開き?」
地蔵峠から峠ノ尾根を大ドッケ(山)へと辿る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠から峠ノ尾根を大ドッケ(山)へと辿る
大ドッケから独標を越え、大平山を巻く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ドッケから独標を越え、大平山を巻く
2
七跳山をやり過ごし長沢背稜を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山をやり過ごし長沢背稜を歩く
愛しの酉谷山避難小屋へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛しの酉谷山避難小屋へ
この小屋を使う人はマナーのいい人ばかり(注1)
今日もきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小屋を使う人はマナーのいい人ばかり(注1)
今日もきれい
水が出ないためにトイレの汚れは仕方なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が出ないためにトイレの汚れは仕方なし
1
(注1)世の中はそう甘くはない。善意の水を飲んで知らんふりはいつもの酉谷山避難小屋の風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(注1)世の中はそう甘くはない。善意の水を飲んで知らんふりはいつもの酉谷山避難小屋の風景
2
※ トイレの汚れはペットボトルの残り水と、担ぎ上げて使わなかった水(1.8ℓ)で拭き上げました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
※ トイレの汚れはペットボトルの残り水と、担ぎ上げて使わなかった水(1.8ℓ)で拭き上げました
2
七跳山から
中央に坊主山、左奥に酉谷山
右奥は「魔境」小黒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山から
中央に坊主山、左奥に酉谷山
右奥は「魔境」小黒
七跳山を背に大平山方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山を背に大平山方向
12個目のOSPREY PRO
とにかく背負いやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12個目のOSPREY PRO
とにかく背負いやすい
公然の秘密の花園
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公然の秘密の花園
1
今年は当たり年だと、「本物の秘密の花園」を知らない人はいう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は当たり年だと、「本物の秘密の花園」を知らない人はいう
3
稜線から下りるとき、大先輩の方が先に下りる
とにかく早い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から下りるとき、大先輩の方が先に下りる
とにかく早い
4
(頂上標識のある)大ドッケから下降し鹿ネットのところで休んでいると大先輩が来る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(頂上標識のある)大ドッケから下降し鹿ネットのところで休んでいると大先輩が来る
2
後期高齢者、北海道100山完登り、日高の山も熟知されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後期高齢者、北海道100山完登り、日高の山も熟知されている
6
本当に御見それしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に御見それしました
4
ところで福寿草群落地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところで福寿草群落地
規模がどんどん小さくなってきている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
規模がどんどん小さくなってきている
4
これは、オーバーユース・踏み荒らしだけではないと見る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、オーバーユース・踏み荒らしだけではないと見る
1
人が入らないところも帯状に裸地となっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が入らないところも帯状に裸地となっている
地下水との関係や如何に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下水との関係や如何に
喧騒の福寿草群生地、昔の娘さんたちの嬌声が稜線まであと7〜80mというところまで届く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喧騒の福寿草群生地、昔の娘さんたちの嬌声が稜線まであと7〜80mというところまで届く

感想/記録

コロナによる非常事態宣言が延長され不要不急の外出は自粛するように要請されていますが、酉谷山避難小屋が常態に非ざるとの情報に接しその確認のために行ってきました。(杞憂でした。)

このような事態下でも小屋を訪問する人がいるだろうが、その際はビバークすることを前提に、幕営装備一式を背負ってのことでした。また、水が全く採れないということですので、水は3ℓを担ぎました。

今年は、暖冬のおかげで”公然の秘密の花園”は満開ということでしたので、帰路立ち寄ることにしました。

再確認ですが、小屋の水は全く出ていません。かつて、これほど渇水したことはありません。酉谷山避難小屋を利用する人の中には小屋に置かれている善意の水を当てにしている常識非ざる人もいるようです。3月11日現在、小屋にあるのは空のペットボトルだけです。

ホームページ「やま旅・はな旅 北海道」
http://yamatabi-hanatabi.com/
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:425人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 ビバーク 地蔵 独標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ