また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3031524 全員に公開 山滑走 東海

日照岳(まだまだ Door to door)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R156に駐車地あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
59分
合計
5時間40分
Sスタート地点07:5709:101167m尾根09:2011:001510mのジャンクションピーク11:1012:15日照岳12:5413:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1200m付近急登尾根と1534mジャンクションピーク上部やせ尾根で時間短縮のため1m程度つぼ足にしましたが、すべてスキーハイク可能。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 テルムス手袋、暑いかと思ったけど、強風のため有効でした。

写真

ハイカー2人が準備中、スキーで行けるか。車の向こう側が林道入り口です。
2021年03月27日 08:08撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイカー2人が準備中、スキーで行けるか。車の向こう側が林道入り口です。
バッチリ雪はつながっています。大きなブナです。
2021年03月27日 08:22撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バッチリ雪はつながっています。大きなブナです。
1
谷を詰めてから、H1000m地点から1167m尾根への登りに入ります。クトーが快調に効きます。
2021年03月27日 08:57撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を詰めてから、H1000m地点から1167m尾根への登りに入ります。クトーが快調に効きます。
1167m尾根に到着。この少し上でザラメ雪にクトーがかからず、1mスキーを手に持ちました。
2021年03月27日 09:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1167m尾根に到着。この少し上でザラメ雪にクトーがかからず、1mスキーを手に持ちました。
1
後から来たハイカーに追い抜かれました。
2021年03月27日 10:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後から来たハイカーに追い抜かれました。
1
H1510mのジャンクションピークが見えます。
2021年03月27日 10:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H1510mのジャンクションピークが見えます。
尾根上は新雪ではありませんが、きれいな白雪面です。
2021年03月27日 10:40撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上は新雪ではありませんが、きれいな白雪面です。
ジャンクションピーク手前の急な登りです。
2021年03月27日 10:47撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク手前の急な登りです。
樹林の痩せ尾根をこせばあとはなだらかな癒やし系尾根です。
2021年03月27日 11:28撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の痩せ尾根をこせばあとはなだらかな癒やし系尾根です。
痩せ尾根上部を通過しての1枚。左側北面はクトーが効きますが、滑落の心配も考え、右側南面にしました。滑落しても2〜3mでプラトーで止まります。しかしザラメでクトーが効かないため1mをつぼ足にしました。
2021年03月27日 11:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根上部を通過しての1枚。左側北面はクトーが効きますが、滑落の心配も考え、右側南面にしました。滑落しても2〜3mでプラトーで止まります。しかしザラメでクトーが効かないため1mをつぼ足にしました。
1
その上部はなんとも美しい景色が広がる。
2021年03月27日 11:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上部はなんとも美しい景色が広がる。
下部には御母衣湖です。
2021年03月27日 11:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部には御母衣湖です。
最奥に山頂です。あと30分。
2021年03月27日 11:58撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥に山頂です。あと30分。
朝から穏やかな天候は久しぶりです。
2021年03月27日 12:12撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から穏やかな天候は久しぶりです。
山頂から 北に奥三方岳と三方崩山(右)。
2021年03月27日 12:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から 北に奥三方岳と三方崩山(右)。
西方面、別山と三の峰。
2021年03月27日 13:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方面、別山と三の峰。
1
南に、何度も癒してもらっている大日ヶ岳です。
2021年03月27日 13:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に、何度も癒してもらっている大日ヶ岳です。
さあっ、滑降です。ハイカーが登ってきています。素晴らしい
きれいな、そして滑降むきの雪質です。
2021年03月27日 13:04撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあっ、滑降です。ハイカーが登ってきています。素晴らしい
きれいな、そして滑降むきの雪質です。
直下の稜線。これは操作抜群のきめ細かザラメです。
2021年03月27日 13:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の稜線。これは操作抜群のきめ細かザラメです。
続くきれいな稜線。ただし南には雪庇の張り出しがあるので注意。
2021年03月27日 13:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続くきれいな稜線。ただし南には雪庇の張り出しがあるので注意。
H1600mまで快適稜線を見通す。クラックが見え始めました。
2021年03月27日 13:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H1600mまで快適稜線を見通す。クラックが見え始めました。
1510mのジャンクションピークを南から登り返しなしでまきました。
2021年03月27日 13:15撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1510mのジャンクションピークを南から登り返しなしでまきました。
1
第2部の谷面滑降です。急斜面ですが、ザラメで操作性は抜群。
2021年03月27日 13:21撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2部の谷面滑降です。急斜面ですが、ザラメで操作性は抜群。
写真撮影もそこそこに滑りを楽しみました。シュプールは殆どつきません。
2021年03月27日 13:35撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮影もそこそこに滑りを楽しみました。シュプールは殆どつきません。
H1050m付近の谷部。枯れ枝、落ち枝散乱ですが、スラロームと思って気をつけて滑ります。
2021年03月27日 13:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H1050m付近の谷部。枯れ枝、落ち枝散乱ですが、スラロームと思って気をつけて滑ります。
国道まで滑って終了。背景に国道と御母衣湖です。
2021年03月27日 13:55撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道まで滑って終了。背景に国道と御母衣湖です。
1
撮影機材:

感想/記録

今季、雪面も天候も最高のコンディション。山頂は強〜弱風でしたが、北へ数m下った樹林付近は無風で、三方崩山や白山を眺めながら、食事をとることができ冬〜春山を満喫できました。最下部の北面斜面は硬い雪の表面が適当に融け、ザラメとはひと味違う雪質を楽しみました。来週も、登りはじめ数十mスキーを担ぐ覚悟があれば、その後は切れることなくスキーハイク可能と思われます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:255人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ