また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3044638 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

霧藻ヶ峰

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り一時雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
西武池袋線特急 ちちぶ5号 池袋駅0730-0850西武秩父
西武観光バスM4急行 西武秩父0910-1025三峰神社
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
16分
合計
4時間7分
S妙法ヶ岳分岐11:1011:42独標1329m11:50妙法ヶ岳11:5912:02独標1329m12:0313:03地蔵峠13:0613:08霧藻ヶ峰13:0913:57霧藻ヶ峰休憩舎13:5814:04地蔵峠14:43妙法ヶ岳分岐14:57三峯神社バス停15:08三峯神社15:0915:17山麓亭15:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
路面は基本ドライ。
妙法が岳分岐付近の樹林帯は苔が生えた石が多く、午後晴れてからも少し滑ってしまった。
その他周辺情報大滝温泉遊湯館(道の駅)は、設備の工事のため本日まで休みだった(悲)

写真

池袋から、秩父5号。特徴的な窓とカラーリング。
2021年04月03日 07:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池袋から、秩父5号。特徴的な窓とカラーリング。
三峯神社バス停を降りてちょっと神社の方に上がった所にあるビジターセンター。この後ろの方には三峯神社参道?になってて、参拝者向けの店があります。
2021年04月03日 10:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峯神社バス停を降りてちょっと神社の方に上がった所にあるビジターセンター。この後ろの方には三峯神社参道?になってて、参拝者向けの店があります。
駐車場から上がって神社と逆方向に。神領三峰民家の脇から霧藻ヶ峰、雲取方面の登山道に入っていく。
2021年04月03日 10:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から上がって神社と逆方向に。神領三峰民家の脇から霧藻ヶ峰、雲取方面の登山道に入っていく。
予期していたことだけど、霧(下から見たら雲)の中を歩く…
一時的に雨具を着ようか迷うぐらいしっかり雨に降られた…
2021年04月03日 10:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予期していたことだけど、霧(下から見たら雲)の中を歩く…
一時的に雨具を着ようか迷うぐらいしっかり雨に降られた…
奥宮がある妙法が岳に上がる道の分岐の鳥居
2021年04月03日 11:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮がある妙法が岳に上がる道の分岐の鳥居
雲の中、木の根が何重にも道に張り出して不思議な光景
2021年04月03日 11:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中、木の根が何重にも道に張り出して不思議な光景
山頂直前。途中奥宮方面に「鎖場がある」と注意喚起されているが、鎖場はここだけ。
2021年04月03日 11:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前。途中奥宮方面に「鎖場がある」と注意喚起されているが、鎖場はここだけ。
妙法が岳の山頂から。稜線上の隣のピークは見えるが、それ以外は雲に遮られて視界が利かない…。
2021年04月03日 11:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法が岳の山頂から。稜線上の隣のピークは見えるが、それ以外は雲に遮られて視界が利かない…。
妙法が岳山頂の奥宮。山頂が狭い割におもすってたより人が多く、山頂で人が入らない形で取れた写真がこれしかなかった。
2021年04月03日 11:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法が岳山頂の奥宮。山頂が狭い割におもすってたより人が多く、山頂で人が入らない形で取れた写真がこれしかなかった。
東屋と鳥居と、妙法が岳を登る時に気づいてなかった、霧藻ヶ峰方面への分岐(東屋の左に道がある)
2021年04月03日 12:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋と鳥居と、妙法が岳を登る時に気づいてなかった、霧藻ヶ峰方面への分岐(東屋の左に道がある)
久々にやって来た炭焼平
2021年04月03日 12:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々にやって来た炭焼平
もしかしたら一部の方の「聖地」だったりするのかもしれない炭窯跡(奥の石積み)。前回来た時は撮りそびれたけど、本当にただの石積みだな…
2021年04月03日 12:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もしかしたら一部の方の「聖地」だったりするのかもしれない炭窯跡(奥の石積み)。前回来た時は撮りそびれたけど、本当にただの石積みだな…
ちょっとした登り(縦走装備持ってた前回はかなり消耗した気がする)を登って地蔵峠。ここまで来たら霧藻ヶ峰まであとちょっと(標高差50m)
2021年04月03日 13:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした登り(縦走装備持ってた前回はかなり消耗した気がする)を登って地蔵峠。ここまで来たら霧藻ヶ峰まであとちょっと(標高差50m)
何を撮りたかったんだっけ?霧藻が峰休憩舎が写真右側にあります。休憩舎の写真は撮りそびれました。写真奥が登ってきた道です。小屋前でお会いした方が、小屋に張ってあった奥多摩小屋閉鎖のお知らせを勘違いして休憩舎が閉鎖になったと話されていましたが、営業が不定期なだけでここはまだやってる…はずですよ?
2021年04月03日 13:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何を撮りたかったんだっけ?霧藻が峰休憩舎が写真右側にあります。休憩舎の写真は撮りそびれました。写真奥が登ってきた道です。小屋前でお会いした方が、小屋に張ってあった奥多摩小屋閉鎖のお知らせを勘違いして休憩舎が閉鎖になったと話されていましたが、営業が不定期なだけでここはまだやってる…はずですよ?
山頂からちょっと降りたところから北西方面を取ったはず。昼を過ぎてからだいぶ日が差すようになってきました。
2021年04月03日 14:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からちょっと降りたところから北西方面を取ったはず。昼を過ぎてからだいぶ日が差すようになってきました。
2
帰路のだらだら下り。針葉樹林帯の場所も多いですが、写真の箇所は落葉広葉樹林なのがいいですね(枯れ木ですがー)
2021年04月03日 14:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路のだらだら下り。針葉樹林帯の場所も多いですが、写真の箇所は落葉広葉樹林なのがいいですね(枯れ木ですがー)
4/1朝の予報で利用する数値計算天気図、上がECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)、下が気象庁(週間予報アンサンブルの平均図)。左から4/2、4/3、4/4の21時の図。考察は感想欄に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4/1朝の予報で利用する数値計算天気図、上がECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)、下が気象庁(週間予報アンサンブルの平均図)。左から4/2、4/3、4/4の21時の図。考察は感想欄に。

感想/記録

写真と一緒にpngファイルも掲載できるんですね!天気図などはりやすくてありがたい。最後の画像はレンタルサーバで自前で毎日更新している画像です(宣伝。http://tenkizu.yomou.info/)
。日頃ある程度天気図見てないと読み解き出来ないとは思いますが。

今週末の天気の考察。4/2夜は等圧線が混んでいて、南岸に東からの風が入りやすい(こういう時関東は気温が低く曇りやすい)が、4/3夜には気圧の傾きは緩くなっていた。地上の予報は曇り時々晴れだったので、下界が晴れれば気温が上がって(雲が取れてさらに気温が上がり)上昇気流になり、山は下降気流となってこちらも雲が取れるだろうとの見立て。午後は晴れて大体そんな感じになったと思うけれど、朝雨に降られたのは予想外。4日夜には低気圧が西日本まで迫ってきている。実際にはもう少し低気圧が早く、発達していた。

前回霧で全然周りが見えなかった霧藻が峰、今回も雲が多くはあったけれど、晴れてよい天気で堪能させていただきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:169人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ