また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3312957 全員に公開 沢登り 丹沢

藤嵐沢右俣らしい?〜マスキ嵐沢下降

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年06月28日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道ゲート前に駐車
平日はいつも楽に止められていますが、土日はどうなんだろう?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
45分
合計
6時間10分
S林道ゲート前08:5009:00林道の藤嵐沢の橋09:1012:35権現山13:0014:30マスキ嵐沢登山道出合14:4015:00林道ゲート前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ボロボロでお勧めできません
過去天気図(気象庁) 2021年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロープ40m バイル ナイフブレード×2他

感想/記録

梅雨の晴れ間となったこの日、一人で行けそうでヒルも出ないエリアで未遡行だった藤嵐沢に行きました。

入渓点は林道の橋の上。堰堤がいくつも続くようなので、右岸の尾根をしばらく登って堰堤をまとめて巻きました。
沢に降りるとそこはなんとも貧相な、少しも美しくない沢で、右岸尾根がいい感じだったので尾根に戻って権現山登山の方が楽しいんじゃね?などと思いながらだらだら歩きます。貧相なナメ滝なんかも出てきたところで二股。右に水流。迷いましたが右に入ります。
2段のナメ滝の上に3段目は垂直4mの滝。
ヤマレコで見た記録に確か3段の滝ってあったよな、などと思い出しながら3段目に取り付きます。滝の下に石が積んであって、誰かが登るために積んだのかな?
その石に乗って、誰もが使うと思うガバカチをつかむと浮いてる?無理すれば上がれそうだが・・・。あ、乗ってる石が崩れた。
少し右に寄って、壁に生えていた草を苔ごと引っこ抜くと水平ピンチが現れました。ラッキー!今度は動かない。掴んで体を上げようとした瞬間水平ピンチは砕け散り、悪い下地に向かって1mほど飛び降り。
いやー、今日のところは勘弁してやる、ということで左から巻きましたが、これも踏まれていない悪い巻きで、なんだかなーと思いながら沢に戻ると、今度は貧相なナメ滝の連続。どんどん両岸が迫ってきたV字の溝を、突っ張り、ステミングで進んでいきます。
V字の出口にCS。なんとか突破しましたが、このあたりが自分の限界でした。
CSを超えると沢はいったん開けて二股。右も左も涸棚。両門の滝と言えば聞こえはいいですがどちらもボロボロで、どちらもトライしてみましたが無理でした。右から巻きます。これも悪い巻き。バイルが役に立ちました。
その後懸垂で沢に戻ってみましたが、とてもそれ以上遡行できそうもなく、バイルを突き刺しながら左岸尾根に上がり、権現山まで歩きました。
恐るべし、藤嵐沢。

下山はマスキ嵐沢を下降。懸垂3回と巻き、クライムダウンで。清らかな流れに癒されました。懸垂は立ち木を支点に使うので、ロープは30m以上あるといいかと思います。

そして帰宅してヤマレコの藤嵐沢の記録を検索したわけなのですが、一般的に遡行されているのは左俣で、自分が入ったのは右俣だったのですね・・・。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:143人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ