また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3338860 全員に公開 沢登り 増毛・樺戸

黄金沢〜群別川

情報量の目安: D
-拍手
日程 2021年07月03日(土) ~ 2021年07月04日(日)
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

1日目:農道Co70付近(5:50)Co190入渓(6:45)Co500(10:30)コル(12:45-
13:00)群別川Co650(15:30)=C1
曇り後晴れ 左岸農道に入り途中で車を止めて歩く。すぐに林道となり歩いてCo190から入渓。もう少し東から車で入れば林道を走れたのか?河原歩いてCo420に10mのF。左岸に平行するルンゼを登り上部にでて直登。Mはプルージック。滝の上にはあろうことかRCCボルト×2…。叩いたら抜けたのでなおさら意味不。Co580(計画Co555)の10mFは右岸直登。あとの小Fは問題なくMが前行ったりした。沢をつめていくと沢型が途切れることなく大したことない藪で・1220と・1346(奥徳富岳)との間のコルに出た。コルには雪渓。時間に余裕があるので下る。下りもすぐに沢型が出てくる。上部雪渓が多少あり、一か所左岸の泥壁を巻いた。Co980の滑滝は左岸木をつかんでcd。Co870二股の3m滑滝は右岸ゴボウでcd。Co740の滝は問題なく左岸巻ける。テンバ探しながら進むも良いところが見当たらず、Co650付近の河原でC1。ゴツゴツだが開放的なテンバ。

2日目:C1(4:40)林道(9:20)
晴れ C1でてすぐに滑り台状の滝、普通に歩いて下りられる。その直後に函滝、右岸巻ける。続いてCo620の15m大滝、左岸ab。ab支点に行くまでに1回Mにロープfix。以後の函や小滝は容易で、Mが問題ないことを良いことにLsは竿を出しながら歩く。Co340から右岸の支沢に入り林道っぽい所に出たと思ったら消滅。もう少し上だったか。仕方ないので少し河原を行きCo300の支沢から林道に上がると、歩いて10秒でデポしたバイク。車回収して終了。

感想/記録

意味不明なボルトに無限捨て縄。群別の大滝にはfixザイル...
そんなに安全に守られたいなら沢登りなんかすんな

感想/記録

人臭さは仕方ないが、無意味なボルトはただの自然破壊でしょう
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:137人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザイル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ