また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 347675 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

称名滝より大日三山縦走(八郎坂下山で日帰り周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年09月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
称名滝Pまで自家用車。
立山室堂から高原バスに乗車し、弘法バス停で下車(1080円)

コースタイム [注]

5:40称名滝P発-5:55大日岳登山口-6:25猿ヶ馬場-6:50牛ノ首-7:30大日平山荘-9:20大日小屋直下の分岐-9:35大日岳山頂-9:50大日小屋着(食事)10:05発-10:15中大日岳-11:35奥大日岳山頂への分岐-12:00カガミ谷乗越-12:05ピーク2511-12:30室堂乗越-12:40新室堂乗越-13:45室堂ターミナル-14:00高原バス乗車-14:30弘法バス停下車-14:45八郎坂下山口-15:50八郎坂登山口-16:10称名滝P着
コース状況/
危険箇所等
この周回コースは今回初めてです。ルート最終の八郎坂は、ゴロゴロ転がっている岩や木が(うわさ通り・予想以上に)よく滑り、下山中は緊張の連続でした。
それ以外は、特に危険と感じた箇所はありません。
ただし、牛ノ首周辺は、今回は登り利用なので、もし下りだったらそれなりに緊張する箇所だろうと思いました。
過去天気図(気象庁) 2013年09月の天気図 [pdf]

写真

称名滝P近くの案内板。今回の周回コースもよく分かります。
2013年09月23日 12:51撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝P近くの案内板。今回の周回コースもよく分かります。
1
牛ノ首。慎重に。
2013年09月22日 06:43撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ首。慎重に。
ハシゴ箇所もあります。
2013年09月23日 12:54撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ箇所もあります。
牛ノ首の危険箇所終了。ほっとする。
2013年09月23日 12:54撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ首の危険箇所終了。ほっとする。
大日平。黒々とした池糖が空を映しています。とてもきれい。
2013年09月22日 19:55撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平。黒々とした池糖が空を映しています。とてもきれい。
大日平山荘。よくわからない外国の文字が。アジア系でしょうか?
2013年09月22日 07:33撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平山荘。よくわからない外国の文字が。アジア系でしょうか?
看板に従って、小屋の裏側に続く道に入ります。
2013年09月23日 12:59撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板に従って、小屋の裏側に続く道に入ります。
草紅葉がひろがる木道を快適に歩きます。
2013年09月23日 13:00撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉がひろがる木道を快適に歩きます。
沢を何度も横切りながら登っていくと、水場近しの看板。少し上がると冷たい水が流れていました。
2013年09月22日 08:07撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を何度も横切りながら登っていくと、水場近しの看板。少し上がると冷たい水が流れていました。
沢水。冷たくて美味しいです。
2013年09月22日 08:12撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢水。冷たくて美味しいです。
見上げるような岩山。落石が心配でした。
2013年09月22日 08:46撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるような岩山。落石が心配でした。
後ろを振り返ると。
2013年09月22日 08:48撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると。
大日小屋が見えました。ここまでの登りがきつかった。
2013年09月22日 09:05撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋が見えました。ここまでの登りがきつかった。
大日岳へと続く鞍部。
2013年09月22日 09:16撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳へと続く鞍部。
大日岳からのぞむ剣岳。絵になります。
2013年09月22日 09:38撮影 by GZ-E225 , JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳からのぞむ剣岳。絵になります。
1
七福園。ほのぼのしています。
2013年09月22日 10:18撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七福園。ほのぼのしています。
縦走路が先へ先へと延びています。とても気持ちのいい稜線です。
2013年09月22日 10:27撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路が先へ先へと延びています。とても気持ちのいい稜線です。
雄山方面を望むと、あそこまで行くんだなあと実感。
2013年09月22日 10:30撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山方面を望むと、あそこまで行くんだなあと実感。
1
奥大日岳へと上る途中のハシゴ。
2013年09月23日 13:06撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳へと上る途中のハシゴ。
奥大日岳山頂下の窪地。
2013年09月23日 13:06撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳山頂下の窪地。
奥大日岳山頂。人がいっぱいいます。この後、山頂直下まで行きましたが、狭い山頂が人でいっぱいだったので私はパスしました。
2013年09月23日 13:07撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳山頂。人がいっぱいいます。この後、山頂直下まで行きましたが、狭い山頂が人でいっぱいだったので私はパスしました。
斜面も変化があって美しい。
2013年09月22日 11:58撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面も変化があって美しい。
だいぶ近づいてきました。地獄谷からガスが勢い良く噴出しています。
2013年09月22日 12:27撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきました。地獄谷からガスが勢い良く噴出しています。
新室堂乗越から。この周辺が今回のコース中で一番紅葉が進んでいるようでした。今年の紅葉は赤色が少ないように感じますが、まだ早いからでしょうか?
2013年09月22日 12:39撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新室堂乗越から。この周辺が今回のコース中で一番紅葉が進んでいるようでした。今年の紅葉は赤色が少ないように感じますが、まだ早いからでしょうか?
1
同じく、新室堂乗越から。
2013年09月22日 20:01撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく、新室堂乗越から。
室堂ターミナル。やはり観光地です、人が多い!
2013年09月22日 13:43撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂ターミナル。やはり観光地です、人が多い!
八郎坂。ガスで称名滝は全く見えません。ひたすら足元に注意して下ります・・・
2013年09月22日 15:21撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八郎坂。ガスで称名滝は全く見えません。ひたすら足元に注意して下ります・・・
八郎坂、ようやく下山しました。
2013年09月22日 15:47撮影 by FE47,X43 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八郎坂、ようやく下山しました。

感想/記録

2年前から計画だけして行けなかった大日三山縦走を今回ようやく実行しました。
通常、この縦走コースは室堂から称名滝へ下山することが多いと思いますが、室堂へ行く高原バスの始発時間が遅く日帰りには不安があったため、今回は逆コースを計画しました。
称名滝Pは9月より朝7時〜夕方17:30と時間が短くなっており、私は前日夕方に現地へ行き、車中泊しました。
想定どおりではありますが、特に牛ノ首までと、大日小屋までは、かなりの急傾斜で、感覚的に非常に長く感じました。
大日平から上は、草紅葉や部分的に紅葉した木々が美しく、とても癒されます。
大日小屋から、目前に大きくそびえる剣岳を見ながら、縦走路が先へ先へと延びていて、山肌が緑・黄・だいだいに染まっていました。
新室堂乗越周辺がコース中で一番紅葉が進んでいたように感じました。とても美しくて大満足しました。
誤算だったのは、野営場から室堂ターミナルへ続く石段の登りが長かったことと、地獄谷からの硫黄ガスで呼吸に刺激があったことです。非常にキツかったです。
八郎坂は予想してはいましたが、とてもよく滑り、緊張の連続でした。
全体を通して、計画を十分に実行でき、大満足でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1668人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 2992
2013/9/23 18:12
 kurudonさん 今晩は。
称名滝駐車場から大日岳の往復。立山主稜から外れたこの山に魅力を感じて計画しておりますが、行動時間が把握できず持ち越しております。

称名道路が6時に開く時期を予定していますが、歩行ペースによりますが10時間の行動時間では難しいでしょうか?
登録日: 2013/2/10
投稿数: 9
2013/9/24 21:31
 onetotaniさん、こんばんは。
ご質問ありがとうございます。
大日岳は、静かな山歩きが楽しめる良いコースでした!日帰り往復の記録も複数あるので、決して無理な計画ではないでしょう。
ただし、行動時間は個人差が大きいです。onetotaniさんの通常の歩行ペースはガイドブックの一般的なコースタイムと比べてどうですか?8割くらいの時間でしょうか?
称名滝〜大日岳往復は、一般的なコースタイムで10時間程度とされています。登りはそれなりにきつく、危険箇所もあるので、急ぐことはお薦めしません。休憩や昼食を含め、onetotaniさんのペースで計画してみて下さい。
うまくいくといいですね!

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ