また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 35150 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢/中川川水系 鬼石沢(沢登り講習)

日程 2009年04月05日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

大滝橋6:55
7:40一軒屋避難小屋8:05
8:12 F2(F1は雨棚なのでパス)
8:30 F3
9:27胎内潜りの岩
10:54東海自然歩道
11:10鬼石沢・ステタロー沢中間尾根(仮称)
12:13一軒屋避難小屋12:30
13:00大滝橋
コース状況/
危険箇所等
■鬼石沢
  ナメ、白砂と大岩のミックスされたきれいな沢
  遡行グレード 1級上
  滝の登攀グレード
   ・F2−10m 卦蕁
   ・F3−20m 卦

■鬼石沢・ステタロー沢中間尾根(仮称)
  ・東海自然歩道の畦ケ丸南側1160mピークから一軒屋避難小屋裏に
   降りる尾根
  ・1160mピークから笹薮漕ぎだが、少しの間我慢すれば開ける。
  ・所々痩せ尾根ではあるが、地形図を正確に読み取れば
   それ程難しくはない。
  ・最後は一軒屋避難小屋裏側の階段に降りる。

読図、クライミング、沢登り講習は↓
http://mt-farm.info
ファイル 20090405oniishizawa.xls (更新時刻:2009/04/02 22:32)
過去天気図(気象庁) 2009年04月の天気図 [pdf]

写真

道の駅やまきたで仮眠させてもらった
2009年04月05日 06:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅やまきたで仮眠させてもらった
大滝橋を出発
2009年04月05日 06:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝橋を出発
マスキ嵐沢出合
2009年04月05日 07:18撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢出合
東海自然歩道を一軒屋避難小屋目指して登る
2009年04月05日 07:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道を一軒屋避難小屋目指して登る
一軒屋避難小屋着
大滝橋から45分で来られたからよいペースだ
2009年04月05日 07:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋着
大滝橋から45分で来られたからよいペースだ
目指す鬼石沢は一軒屋避難小屋奥の右岸径路をしばらく使う
2009年04月05日 08:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す鬼石沢は一軒屋避難小屋奥の右岸径路をしばらく使う
鬼石沢右岸径路
2009年04月05日 08:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼石沢右岸径路
ここも三椏最盛期
2009年04月05日 08:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも三椏最盛期
鬼石沢F2(10m)
F1は雨棚なのでここがF2となる。
右側から登る。
2009年04月05日 08:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼石沢F2(10m)
F1は雨棚なのでここがF2となる。
右側から登る。
F2右側を登る
2009年04月05日 08:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2右側を登る
F2を落ち口から眺める
2009年04月05日 08:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2を落ち口から眺める
F3−20m
流芯どちら側からでも登れるが
F2よりは難しい。
今回は左側から登ってみた。
2009年04月05日 08:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3−20m
流芯どちら側からでも登れるが
F2よりは難しい。
今回は左側から登ってみた。
F3を左側から登る
2009年04月05日 08:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3を左側から登る
ナメと堰堤
2009年04月05日 08:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメと堰堤
4m滝を登る
2009年04月05日 09:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝を登る
名物、胎内潜りの岩(勝手に名づけただけ)
真ん中と右側の間の洞穴を潜るのがミソ
2009年04月05日 09:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物、胎内潜りの岩(勝手に名づけただけ)
真ん中と右側の間の洞穴を潜るのがミソ
胎内潜り
2009年04月05日 09:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内潜り
デーンと堰堤の上に居座る大岩
2009年04月05日 10:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デーンと堰堤の上に居座る大岩
大岩を上部から眺める
2009年04月05日 10:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を上部から眺める
こんな形の岩も
2009年04月05日 10:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな形の岩も
チョックストーン
とにかくこの沢は大岩が多いわ
2009年04月05日 10:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン
とにかくこの沢は大岩が多いわ
稜線までもう少し
2009年04月05日 10:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までもう少し
東海自然歩道に到達
2009年04月05日 10:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道に到達
この標識のところから中間尾根へ下る
最初は藪漕ぎ
2009年04月05日 11:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識のところから中間尾根へ下る
最初は藪漕ぎ
笹藪漕ぎ
2009年04月05日 11:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪漕ぎ
少しで藪も開ける
2009年04月05日 11:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しで藪も開ける
小ピーク
2009年04月05日 11:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク
一軒屋避難小屋が見えてきた
2009年04月05日 12:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋が見えてきた
避難小屋着
2009年04月05日 12:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋着
帰りの対岸にアナグマ発見!
2009年04月05日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの対岸にアナグマ発見!
西丹沢でアナグマ見たのは2回目
2009年04月05日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢でアナグマ見たのは2回目
大滝橋に帰ってくる
2009年04月05日 12:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝橋に帰ってくる

感想/記録
by kamog

前夜は道の駅やまきたで車中眠。
今ひとつはっきりしない天気の中
大滝橋に向け出発。
昨日いきない車のサイドドアが開かなくなってしまい
(当て逃げ?老朽化?)
後部ドアから出入りするのが大変だった。
今年は車の厄年だ。

大滝橋から入渓点の一軒屋避難小屋までは
I氏のなかなかよいペースにより45分で着。
昔の赤軍がらみの噂もあった小屋を後にし
鬼石沢左岸径路を使いで出しの堰堤を巻く。
沢が左へ直角に曲がると2つの滝が現れる。
F2とF3だ。
大滝沢本流とされる鬼石沢のF1は
避難小屋の下流にある雨棚50m。
登山道からは見ることはできない。
避難小屋手前の登山道を歩いていると
左手の沢床との高度差が100mくらいあるのに
尾根状を越えるといきなり沢床が眼前までになるのは
この雨棚のせいである。

F2は右側からブッシュを支点に難なく越える。
技術的にはF3の方が難しく
流芯左右とも登れるが、今回は過去登ったことがなかった左から越える。
上部のブッシュに支点を取りI氏を引き上げる。
だいぶ登攀も安定感が出てきたから
すぐに沢のリードとかできるであろう。

白砂、ナメ、そして上流部の数々の大岩・・・
鬼石沢は所々荒れた箇所もあるが
そんなオブジェたちが単調さを忘れさせ
人気の所以ではないであろうか。

下降は鬼石沢とステタロー沢の中間尾根を使う。
出だしは少々の藪漕ぎだが、それもすぐに終わり
明瞭な尾根を下降する。
途中三椏の群生が最盛期。
香りもすばらしい。

一軒屋避難小屋からすぐ下流部の対岸で
落ち葉の中に花を突っ込みながら
写真を撮る我々など眼中になしといった感じで行動する
アナグマに出会った。
昨年、湯ノ沢の中で見てから2度目である。
訪問者数:4954人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ