また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 359769 全員に公開 沢登り札幌近郊

駅逓沢川から中山峠

日程 2013年10月19日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:50定山渓林道ゲート出発→10:00駅逓沢橋から入渓→11:00 620m休憩、ここから2チームに分かれる→(Aチーム 12:00林道→13:30車止め)(Bチーム 14:30 中山峠着)
過去天気図(気象庁) 2013年10月の天気図 [pdf]

写真

先週の木曜日に降った初雪は、解けていなかった!総勢8名、「沢までのアプローチにスキーが必要だね」とか言いながら、想定外の雪景色の中を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週の木曜日に降った初雪は、解けていなかった!総勢8名、「沢までのアプローチにスキーが必要だね」とか言いながら、想定外の雪景色の中を出発。
1
二股の入渓点は、きれいな滑床でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股の入渓点は、きれいな滑床でした。
朝陽に川面が輝ききれいですが、解けた雪のせいか水流が早く増水しているようです。



拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽に川面が輝ききれいですが、解けた雪のせいか水流が早く増水しているようです。



標高600mくらいから、Bチーム5名で中山峠を目指します。沢靴で雪を歩くとは!!
水の中の方が暖かいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高600mくらいから、Bチーム5名で中山峠を目指します。沢靴で雪を歩くとは!!
水の中の方が暖かいです。
何もないと思われた沢に滝らしき段差。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何もないと思われた沢に滝らしき段差。
藪漕ぎを覚悟しましたが、降雪で割と楽な詰めになりました。
見上げれば中山峠道の駅で待つAチームのメンバーが!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎを覚悟しましたが、降雪で割と楽な詰めになりました。
見上げれば中山峠道の駅で待つAチームのメンバーが!
1
Aチーム3名は、630mから枝沢に入り林道を帰ることにしました。
藪漕ぎ中のMさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aチーム3名は、630mから枝沢に入り林道を帰ることにしました。
藪漕ぎ中のMさん。
林道カーブミラーに映った白樺。
青空に紅葉が映えて、絵葉書みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道カーブミラーに映った白樺。
青空に紅葉が映えて、絵葉書みたいです。
2
沢を詰めたメンバー、中山峠に到着。
無事全員揃って、雪の中の沢歩きが終了しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を詰めたメンバー、中山峠に到着。
無事全員揃って、雪の中の沢歩きが終了しました。
1

感想/記録

「駅逓沢川」という名前にひかれて、計画しました。
調べてみると中山峠に洞爺から定山渓への道中、
駅逓があったらしいということです。時代は明治初期のころ。
道ができるそれ以前は、豊平川からこのあたりの沢を使って、峠を越えたらしいと
文献にありました。
それが駅逓沢だったかどうかは定かでありませんが、いずれにしても
明治以前から、峠を挟んで人々の往来があり、それは途切れることなく続き、
今の230号線になっているのです。

沢を遡れば、何か歴史の名残を発見できるかもしれない!ということで遡行することにしました。

ところが数日前に初雪が降り、黙々と雪の上を沢装束で歩くことになりました。

沢の終点は中山峠道の駅です。
そこから札幌方向へ1Kほど下がったところの林道を歩きます。
1時間ほど歩いて、二股に掛かる橋から入渓です。

入渓点は、滑床が続くきれいな沢です。

しかしながら、沢の中をざぶざぶと進むには、やはり時期が遅く
出来れば濡れたくない。ということで、雪に覆われた笹の上をずんずん進むという
技も取り入れ、平たんな沢を進みます。

歩いて1時間ほど経った頃、非常に足が冷たいというメンバーが出たので、
無理せず、Aチーム3名はすぐに沢から上がって林道を使って
帰ることにしました。
林道は縦横に走っており、すぐに使える林道に至りました。
一番の心配は熊。足跡もあり、鈴と笛を鳴らしっぱなしで、
時々キノコGETして帰ってきました。
日が上がって、雪解けの流水音がまるで春のようでうららかな林道歩きでした。


一方、沢を進んだBチームの報告、感想
「地形図で想像出来る通り、全く平坦な状況が740m(2回目の林道との交差)あたりまで続き、一部湿地帯も現れる。
滝らしい滝は全く無い、1mくらいの高度差の滝が2箇所あった。
740mあたりから傾斜は多少でるが、登っている感じがしない。
この辺りから、ゴミがあちらこちらに出てくる。
源頭先のコル(中山峠)にあれだけ大きな施設があるのだから
仕方がないのだろうか・・・
「駅逓の沢」は、遊びの沢としては少々魅力には欠けるが、先人たちの移動手段としてはうってつけの沢だったに違いない。」



入渓から4時間半ほどで旅の終点「中山峠」にたどり着いたのでした。

訪問者数:20617人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ