また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 384622 全員に公開 ハイキング 中国

王子が岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2013年12月21日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り、にわか雨 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋川海水浴場の駐車場に停めて道路を挟んだ向かいにある登山口へ。駐車場は海水浴シーズンでなければ無料。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

11:40登山口、12:40にこにこ岩、パークセンター展望台、不動之窟、唐琴荘前、渋川海水浴場駐車場15:00頃
コース状況/
危険箇所等
駐車場にトイレあり。道は木の階段で登りやすい。上にもトイレあり。パークセンターに喫茶店あり。帰りの修験場という道はギザギザに下っているため下りやすく感じた。
過去天気図(気象庁) 2013年12月の天気図 [pdf]

写真

頂上では常に瀬戸内海を臨みます。岩がごろごろしていて視界を遮るような木が少なく、景色がいいです。
2013年12月21日 12:44撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上では常に瀬戸内海を臨みます。岩がごろごろしていて視界を遮るような木が少なく、景色がいいです。
3
にこにこ岩が右手に見えます。これはパークセンターから映したものです。
2013年12月21日 13:32撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にこにこ岩が右手に見えます。これはパークセンターから映したものです。
1
曇ったり急に日がさしたり、海と空がどんどん表情を変えます。
2013年12月21日 14:00撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ったり急に日がさしたり、海と空がどんどん表情を変えます。
1
下ってきた道を振り返ったところです。石柱に、石鎚山という文字がありました。そこにつながっているよっていうことかな?確かにこの石柱の向いた方角に石鎚山があるはずです。
2013年12月21日 14:32撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきた道を振り返ったところです。石柱に、石鎚山という文字がありました。そこにつながっているよっていうことかな?確かにこの石柱の向いた方角に石鎚山があるはずです。
海沿いを歩く。
2013年12月21日 14:43撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海沿いを歩く。
砂浜におりることもできた。
2013年12月21日 14:48撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜におりることもできた。
1
途中砂浜がなくなって道路へ戻る。
2013年12月21日 14:53撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中砂浜がなくなって道路へ戻る。
2
登山口を通り過ぎて駐車場へ。登山口の看板は地面にうち捨てられてぼろぼろですが道はしっかりしていました。
2013年12月21日 15:16撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を通り過ぎて駐車場へ。登山口の看板は地面にうち捨てられてぼろぼろですが道はしっかりしていました。
撮影機材:

感想/記録

 日本海側は大荒れだという天気予報がここ数日続いていて、そういうとき岡山市南部はたいてい晴れ。風の強いからりとした冬らしい一日となる。でも今日は何となくどんよりとしていてすごい勢いで四国方面から雲が流れてくる。それを確認したのが渋川海水浴場駐車場。パラパラと雨まで降り出して、やっぱりやめる?どうする?と話したもののにわか雨だろう、という結論に落ち着いて、登りだす。
 振り返るたびに海がよく見える。視線が高くなるたびに、不思議と海が近づくような。
 一旦木々の中の道へ出て、緩やかに下ったり上がったりを繰り返し、途中「瀬戸内海の生い立ち」という立て札が何回かに分かれて登場する。
 頂上らしいところはよくわからないけど、岩場までくると急に視界が開けて瀬戸内海が一望できる。
 パークセンターという建物からの眺望もすばらしい。どれがどの島、四国のどの辺り、という図もあって、ほう、ほう、と眺めてはどれも案外近いんだなと、今度は海の向こうのあの山からこちら側を見ようじゃないか、と思えてくる。
 帰りは来た道を引き返すよりも「不動之窟」のある道を帰った方が雰囲気が違ってよかった。ただ、道を見つけるのが困難。
 パークセンターから岩場のほうへ戻る時、道の西側の木にピンクのリボンが結んであって、わかりにくいけどちゃんと下っていく道がある。細いし階段などはないけど危険さはない。途中、仏画や、洞窟があって、「石鎚山なんとか…」と書かれていた。よくわからないけど、修行のとき通る道なのかな。
 下の道路に出るとあとは駐車場までてくてく歩く。砂浜を歩くこともできて、海も山も楽しめました。
 低い山だけど、楽しめます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:666人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ