また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4315214 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

景信山 (与瀬神社→ザリクボ沢)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇時々晴。南の海上で停滞前線が東西に延び、そこを低気圧が通過していった直後でした。雨は止んだものの雲が多く、この後また雨が来るかな?と思わせられる天気でした。
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR中央本線相模湖駅から徒歩。帰路は京王バス高01系統を日影から高尾駅北口まで利用。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:14
距離
13.2 km
登り
786 m
下り
746 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
33分
合計
4時間14分
S相模湖駅10:1310:20与瀬神社の鳥居10:2110:25与瀬神社10:2610:38見晴らし台10:3910:57子孫山ノ頭11:03孫山11:08大明神山11:15大平小屋11:25矢ノ音11:2611:41石投げ地蔵嬢ヶ塚11:55底沢峠12:03堂所山南巻き道分岐12:08堂所山東巻き道分岐12:2472番鉄塔12:2512:45景信山13:1013:19小下沢分岐13:2013:23ザリクボ分岐13:2513:52小下沢登山口14:10こげさわの森・二番口14:19木下沢梅林14:27日影バス停14:27日影バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
普通の一般登山道です。
●雨の後なので、滑りやすいどろんこ道があちこちに。気になる方はスパッツを持参されたほうがいいかも。
●小下沢(こげさわ)林道は工事のため8月末まで土日祝日を除き全面通行止だそうです。
その他周辺情報景信山頂上のお茶屋は二軒とも大繁盛。名物なめこうどんや天ぷらはかなり待たされそうでしたので、カップ麺で我慢しました。

写真

JR相模湖駅から出発します。昔は与瀬駅といったそうです。
2022年05月22日 10:13撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR相模湖駅から出発します。昔は与瀬駅といったそうです。
駅から線路端を歩き、線路と高速道路を跨ぐと与瀬神社です。社務所は閉じていました。
2022年05月22日 10:26撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅から線路端を歩き、線路と高速道路を跨ぐと与瀬神社です。社務所は閉じていました。
与瀬神社に参拝したら、社殿前を左折して登山道に入りました。振り返ると相模湖。
2022年05月22日 10:40撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
与瀬神社に参拝したら、社殿前を左折して登山道に入りました。振り返ると相模湖。
子孫山ノ頭に寄ることにしました。巻き道が本道扱いであるらしく、山頂へ向かう道は草に埋もれかけています。
2022年05月22日 10:56撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子孫山ノ頭に寄ることにしました。巻き道が本道扱いであるらしく、山頂へ向かう道は草に埋もれかけています。
1
子孫山ノ頭の頂上部です。ここは左。
2022年05月22日 10:57撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子孫山ノ頭の頂上部です。ここは左。
大平小屋。東屋です。
2022年05月22日 11:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平小屋。東屋です。
大平小屋を過ぎると、左手に矢ノ音、急登という小さな道標が現れました。矢ノ音って何? 寄り道しましょう。
2022年05月22日 11:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平小屋を過ぎると、左手に矢ノ音、急登という小さな道標が現れました。矢ノ音って何? 寄り道しましょう。
山の名前でした。急勾配をガシガシ登った先にありました。このへんが藤野町十五名山なのでありますね。
2022年05月22日 11:26撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の名前でした。急勾配をガシガシ登った先にありました。このへんが藤野町十五名山なのでありますね。
2
矢ノ音からの稜線は、落葉樹の緑したたる気持ちのいい道でした。
2022年05月22日 11:27撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢ノ音からの稜線は、落葉樹の緑したたる気持ちのいい道でした。
1
林道。横切り直進します。
2022年05月22日 11:36撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道。横切り直進します。
明王峠は過去何度も通りましたが、石投げ地蔵尊嬢ヶ塚ですか。ここは初めてです。
2022年05月22日 11:41撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠は過去何度も通りましたが、石投げ地蔵尊嬢ヶ塚ですか。ここは初めてです。
明王峠から景信山へは「幹線道路」。時間優先でピークはほぼ全部巻きました。景信山頂上から望む都心方面は青空が広がっています。
2022年05月22日 12:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠から景信山へは「幹線道路」。時間優先でピークはほぼ全部巻きました。景信山頂上から望む都心方面は青空が広がっています。
しかし丹沢や富士山はどんよりした低層雲の中でした。
2022年05月22日 13:06撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし丹沢や富士山はどんよりした低層雲の中でした。
シジュウカラ?の幼鳥。景信山のお茶屋でカップラーメンをすすっていたとき、ずっと側にいた子です。かわいいねえ(^^) でもまだまともに飛べないのです。君たちあぶないよ。
2022年05月22日 12:55撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シジュウカラ?の幼鳥。景信山のお茶屋でカップラーメンをすすっていたとき、ずっと側にいた子です。かわいいねえ(^^) でもまだまともに飛べないのです。君たちあぶないよ。
3
景信山からは個人的に好きなザリクボ沢ルートで下ります。ケヤキの大木。深山の雰囲気を感じられます。
2022年05月22日 13:36撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山からは個人的に好きなザリクボ沢ルートで下ります。ケヤキの大木。深山の雰囲気を感じられます。
2
ザリクボ沢ルート下部の小下沢(こげさわ)林道。2019年の台風で損傷した車道の復旧工事が進んでいました。8月末まで人が通れるのは土日祝日だけだそうです。さらに下っていくと日影バス停に出ます。
2022年05月22日 14:02撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザリクボ沢ルート下部の小下沢(こげさわ)林道。2019年の台風で損傷した車道の復旧工事が進んでいました。8月末まで人が通れるのは土日祝日だけだそうです。さらに下っていくと日影バス停に出ます。
1

感想/記録
by weber9

梅雨入り前のこの時期、元々テント泊山行を目論んでいましたが、天気が安定しそうにないので、思案した挙句ここを歩きました。コース取りのバラエティが豊富なこともあり、何度歩いても飽きない山ではあります。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:71人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ