また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 43983 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

ピラタス蓼科-茶臼山-縞枯山(敗退)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2009年08月08日(土) [日帰り]
メンバー
 KENTKEN(SL)
, その他メンバー1人
天候晴れのち雷雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

11:08ピラタス蓼科山頂駅-11:25森林浴展望台-11:38五辻分岐-12:23出逢いの辻-13:01大石峠-13:54茶臼山山頂-14:50五辻分岐-15:30ピラタス蓼科山頂駅
コース状況/
危険箇所等
道は、はっきりしています。出逢いの辻までは時折木道なので雨の日とかは滑るので要注意。
過去天気図(気象庁) 2009年08月の天気図 [pdf]

写真

苔むした樹林帯
2009年08月09日 20:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした樹林帯
樹林帯の木陰をのんびりと
2009年08月09日 20:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の木陰をのんびりと
お昼までは晴れてたんだけど
2009年08月09日 20:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼までは晴れてたんだけど
縞枯れ現象がくっきりと
2009年08月09日 20:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯れ現象がくっきりと
怪しげな雲が
2009年08月09日 20:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怪しげな雲が
立ち枯れた木
2009年08月09日 20:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れた木
怪しい雨雲です
2009年08月09日 20:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怪しい雨雲です

感想/記録

入会希望者のお試し山行についていきました。
茅野駅に着くと山のほうは、雲に隠れて真っ白。当初、縞枯-茶臼-麦草と縦走する予定だったが天候が悪そうなので、ピストンに変更。ならば、バスに乗るよりレンタカーを借りたほうが安いということでレンタカーを借りることに。4件目でやっと借りることが出来ました;;
いざ、ピラタス蓼科に向け出発。途中、バラクラ(イングリッシュガーデン)やマリーロンサン美術館とハイソな観光地を抜け、ピラタス蓼科に到着。着いて、駐車場で昔の記録が甦る。何年か前に、ドライブがてら何にもない蓼科に来たことがあったのを思い出しました。バラクラも一度だけ行ったことがありました。以上に入場料が高かったのを覚えています。
ピラタス蓼科に着くと、駐車場はかなりの台数が止まっています。ほとんど観光客のようです。この時間から登り始める登山客はほとんどいない模様。山頂駅に着くと下界よりかなり涼しい。半袖だと少し寒いくらいでした。歩いていてちょうどいい感じ。
坪庭は無視して、五辻のほうへ向っていきます。苔むした樹林帯の中を涼しげに歩くことの気持ち良さといったら…途中、樹林帯が途切れて森林浴展望台に出ました。観光客の夫婦がちょうどくつろいでました。さらにダラダラと少しずつ下っていきます。五辻の分岐から出逢いの辻までエアリアの地図だと10分少々。しかし、20分経っても着かないので心配していたんですが、やっとのことで出逢いの辻に着きました。
出逢いの辻から本格的な登りが開始します。といってもまだ、息が切れるほどではありませんでした。出逢いの辻から大石峠の間が一番天気が良かったかも。多いし峠から先は、沢山の人とすれ違いました。みんな、麦草峠方面に下るようです。大石峠-茶臼山の間の登りは、きつかった。ここが一番汗をかきました。
茶臼山の山頂に着き、休憩していると雨がポツリと顔に当たりました。う〜、来ちゃったかぁ…。まだ、雨具を着るほどではないのでちょっとがんばってましたが、五辻に下りる分岐でとうとう本降りに。本降りになり、空はゴロゴロ言い始めたので縞枯山は諦めて、五辻のほうに下りることに。雨具を着て、五辻のほうへ下りていきました。ここから、ロープウェイの山頂駅まではザーザー降りにはならなかったけど、強めに降ったり止んだりの繰り返しでした。
山頂駅では、止んでいたので雨具を脱ぎロープウェイに乗り込みます。ロープウェイに乗り込むと、近くの笹薮から十頭くらいの鹿が見送ってくれました。雲を抜けて下界に到着です。
登る前に食べると決めていたコケモモソフトを頬張りながら、今日の温泉の吟味開始です。そこそこ安くて、露天があって、通り道だったんで「小斎の湯」に決定です。後付の露天風呂のようで、まるで迷路のように入り組んでいました。でも、お湯もとても気持ちよかったので満足です。休憩所のサイン色紙を見ていると故長谷川恒男さんのサインもありました。ちょっと感動です。
温泉を出て、茅野駅に向う途中から雷雨に遭いました。茅野駅に着くと、完全などしゃ降り。電車も30分遅れ…。
まぁ、結果的には山の中で完全な雷雨が来なくて良かったって感じです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1464人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/12/27
投稿数: 512
2009/8/9 21:52
 雨?
camiさん KENTKENさん
お疲れ。
雨だったのですか?
残念でしたね。
登録日: 2008/12/31
投稿数: 414
2009/8/9 22:24
 これで
2連続敗退です

ここの所、全く天候に恵まれてません
登録日: 2009/3/11
投稿数: 1127
2009/8/11 19:36
 お疲れ様です。
今年は天気良くないですね。おまけに冷夏。
みんな苦い思いをする山行が続いてますね。
雨具を着るか着ないかの判断も微妙ですよね。中途半端すぎの雨が多すぎです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ