また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

北横岳(きたよこだけ)

最終更新:jj1xgo

手軽に登れる北八ヶ岳の活火山

"北横岳"
"北横岳"

北横岳は、八ヶ岳連峰の北八ヶ岳エリアに聳える双耳峰です。2つのピークは標高2480mの北峰と、標高2472mの南峰です。
国土地理院が公表している山名は「横岳」ですが、南八ヶ岳エリアにも同名の横岳があり、便宜的に北横岳と呼ばれています。

"積雪期:南峰山頂付近より南八ヶ岳を望む"
"積雪期:南峰山頂付近より南八ヶ岳を望む"

中腹までロープウェイが利用でき、登山初心者や家族登山によく選ばれる一座です。ロープウェイは1年中運行しており、積雪期は比較的手軽に雪山登山を楽しむことができます。

気象庁指定の活火山

"七ツ池"
"七ツ池"

八ヶ岳連峰はフォッサマグナの中央に位置する火山群で、北横岳は気象庁が指定する活火山です。山体を構成するのは厚い溶岩流と溶岩ドームで、その表面は針葉樹に覆われています。
周辺には七ツ池亀甲池双子池などいくつもの湖沼があります。これらの池は、火山活動で作られた地形に水が溜まり生まれました。

"北横岳:縞枯れ現象"
"北横岳:縞枯れ現象"

"大河原峠付近:立ち枯れた木々の中を歩く登山者"
"大河原峠付近:立ち枯れた木々の中を歩く登山者"

北横岳を含む北八ヶ岳エリアでは、「縞枯れ現象」がよく発生しています。これは、山肌に立ち枯れた木のまとまりが現れる現象で、遠目に見ると白い縞模様のようです。
縞枯れ現象の要因はいくつか考えられており、一説によれば、林床が溶岩のため土壌が乏しく、樹木が育ちにくいからとされています。
この縞模様は年々、標高を上げながら移動します。枯木の下では幼樹が育ち、新たに成木が枯れることで、樹木の世代交代が繰り返されています。

展望台のような山頂部

"北峰山頂部"
"北峰山頂部"

登山道は主に樹林帯ですが、山頂に近づくと草木は無くなります。
どちらの山頂も広々としており、北峰には修那羅大天武(しゅならだいてんぶ)と刻まれた大岩が据えられています。一方で南峰には、三等三角点が埋設されています。
遮る物が無いため、風が強く吹き付けることがあります。防風と防寒対策をしっかりと備えて登る必要があります。

"北峰より:蓼科山と北アルプスを望む"
"北峰より:蓼科山と北アルプスを望む"

"南峰より:中央アルプスと御嶽山を望む"
"南峰より:中央アルプスと御嶽山を望む"

見晴らしは優れており、ひと際目を引くのは間近に座す蓼科山です。その背後は北アルプスが優美に連なります。
翻って見遣れば、たおやかな北八ヶ岳から峻険な南八ヶ岳へと、切れ目なく続く山並みを眺めることができます。
御嶽山、中央アルプス、南アルプスの眺望も秀逸です。

冬でも利用できる山小屋

"北横岳ヒュッテ"
"北横岳ヒュッテ"

北八ヶ岳エリアには山小屋がいくつもあり、その多くが通年営業をしています。
日帰り登山が十分可能な山域ですが、山小屋に宿泊して北八ヶ岳を巡る行程も人気です。
山頂に最も近い山小屋は北横岳ヒュッテで、夕食で頂ける温かい鍋料理が名物です。

"縞枯山荘"
"縞枯山荘"

ロープウェイ山頂駅からすぐの縞枯山荘は、三角屋根が特徴的です。
冬はテレマークスキーの体験講習会や、バックカントリーツアーを開催しています。

登山初心者の味方・北八ヶ岳ロープウェイ

"北八ヶ岳ロープウェイ"
"北八ヶ岳ロープウェイ"

「北八ヶ岳ロープウェイ」の存在は、北横岳を人気たらしめている要素のひとつです。高さ2237mまで一気に稼ぐため、歩行時間をぐっと縮めることができます。

"坪庭"
"坪庭"

ロープウェイの山頂駅(坪庭駅)を降りると、「坪庭」と呼ばれるすり鉢状の地形が広がっています。八ヶ岳最後の噴火でできたとされており、溶岩台地にハイマツが茂り、高山植物も楚々と咲いています。
森林限界を越えない標高でありながら、高地に芽吹く植物が見られ、植生の高低逆転現象が起こっている特異な場所です。
坪庭には遊歩道が周回して敷かれており、観光客もよく訪れています。

ロープウェイ乗車の最短コース

"モデルコース"
"モデルコース"

1時間52分 3.6km
北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅(45分)→北横岳ヒュッテ(19分)→北横岳南峰(3分)→北横岳北峰(2分)→北横岳南峰(11分)→北横岳ヒュッテ(32分)→北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅

(登山口:北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅
登山口 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅
北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅
大河原峠
竜源橋
麦草峠 駐車場
周辺の山小屋 北横岳ヒュッテ
縞枯山荘
基本情報
標高 2480m
場所 北緯36度05分14秒, 東経138度19分12秒
カシミール3D
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

北横岳(きたよこだけ)または横岳(よこだけ)は、八ヶ岳連峰北部(北八ヶ岳)の山である。本来の正しい名称は横岳であるが、同じ八ヶ岳のわずか10 kmほど南(南八ヶ岳)に同名の横岳があるため、より標高の低い北八ヶ岳の横岳は、区別のため便宜的に北横岳と称されることが多い。
八ヶ岳火山列の北端部に位置し、厚い溶岩流と溶岩円頂丘からなる、東西4 km, 南北2 kmの小規模な火山である。2016年から約900-700年前に噴火しており、2003年、気象庁による活火山見直し作業において活火山に指定された。
山頂は南北に分かれ、標高は南峰が2,471.6 m, 北峰が2,480 mである。ただし三角点が南峰にあるため、低い方の南峰の標高をもって横岳の標高とされる場合が多い。山頂近辺のごくわずかな一角が森林限界を超え、ハイマツ帯となっている他、縞枯山との鞍部の標高2,200 mあまりの一帯(坪庭)にもハイマツが密生している。通常、ハイマツ帯は亜高山帯針葉樹林の上部に位置するが、ここでは坪庭のハイマツ帯の上部に亜高山帯針葉樹林があるという植生の逆転現象が起こっている。これは、おそらく単純に気温の条件によるのではなく、坪庭周辺がきわめて土壌の乏しい溶岩地帯であることと関係があると思われる。
また、南隣に隣接する縞枯山とともに、大規模な縞枯れ現象が見られる。これはモミ属のシラビソ・オオシラビソが一斉に立ち枯れ、その跡に稚樹が一斉に成長して、またある年月で一斉に立ち枯れるというサイクルを繰り返すため、その立ち枯れが標高に沿って帯状に見え、なおかつ、その帯が年々わずかずつ移動していく現象である。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • ☃ 雪山 日帰り 八ヶ岳・蓼科
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    ロープウェイを使ったゆるハイクです。 全体的に難易度は低く、余程の降雪直後でなければトレースも期待できるので、冬山初心者でも装備さえあれば経験がなくても十分に楽しむことができます。 しっかりとお天気と見極めてお出かけ下さい。
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    ロープウェイで一気に2,000mを越える雲上へ。爽やかな週末ハイクにおすすめのコース。

「北横岳」 に関連する記録(最新10件)

八ヶ岳・蓼科
  6    11 
2022年12月03日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  124    7 
2022年12月03日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  26    27 
2022年11月27日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  43     93 
yamapapa784, その他1人
2022年11月26日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  19     24  2 
2022年11月25日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  31    18  1 
2022年11月23日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  47    13  5 
teku-teku0211, その他1人
2022年11月17日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  43    6 
2022年11月12日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  11    3 
mayuringo, その他1人
2022年11月12日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  25     3 
2022年11月12日(日帰り)
ページの先頭へ